« 晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り&キノコ | Main | 淡水ファイナル 十勝川からホームの渓 »

December 02, 2020

晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

◯釣行日 2020.11.12~13

◯YOU TUBE 動画リンク https://youtu.be/psVtPV9sBQ4

            https://youtu.be/NUX1CR3C4e8

このフィールドでヒグマの痕跡を見ることは珍しいことでは無いのだけど、昨日歩いた時に無かった足跡が、雪原に点々とついているのを発見すると心中穏やかではいられない。まして、今回は昨日の私の足跡の上にヒグマの足跡が被さっていたのだ。夜半から今朝にかけて、川を渡り対岸の山林に潜り込んだようである。しかし、釣りを中断するつもりはない。爆竹を2連発・・辺りの様子をうかがう。爆竹に反応した物音は一切聞こえなかったので、近くには居ないのだろう・・。でも、釣りをしていても対岸の藪が気になる。こちらからは見えないが、藪の奥から私の姿を凝視しているのではないかと。

Fu1_20201202131001

右岸側から河原を歩き、川を渡って左岸側の山林に向かったようだ。

Ame10

Ame3_20201202131001

Ame9

Ame8_20201202131001

Ame1_20201202130901

アメマスからの反応は悪くはなかった。しかし、アメマスとのやり取りをしていても落ち着いて釣りに集中できない。対岸の藪が気になって仕方ないのである。

Fu2_20201202131001

私が歩いた流域にはこれ以上ヒグマの痕跡はなかったが、仲間がずっと下流域で巨大な足跡を目撃している。このフィールドには数頭のヒグマが徘徊しているようだ。

Fu4_20201202131001

Ame5_20201202131001

Ame2_20201202130901

Ame6_20201202131001

Ame7_20201202131001

Ame4_20201202131001

Fu5_20201202131101

相変わらずここのアメマスは気まぐれで、すべてのポイントに定位していたわけではないが、60UPも数本混じり楽しい釣りとなった。

Kinoko

フォトはエノキタケだけど、さすがにキノコは終焉だね。

 

 

|

« 晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り&キノコ | Main | 淡水ファイナル 十勝川からホームの渓 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り&キノコ | Main | 淡水ファイナル 十勝川からホームの渓 »