« 妻と温泉巡りの旅 | Main | 晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り »

December 01, 2020

晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り&キノコ

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

◯釣行日 2020.10.30

◯YOU TUBE動画リンク https://youtu.be/yXaHLJUiAFI

9月・10月はアキアジな日々と銘打って、アキアジを求めてあれだけ東奔西走していたのに、川に遡上してきたアキアジは、アメマスを狙う時には邪魔でしかない。産卵前の元気なアキアジは、流すエッグに喰いついてくることがあるから厄介だ。アメマス狙いのフライタックルで、アキアジと対峙できるわけがない。もっとも、アキアジの採捕は、北海道の河川では厳禁なのである。

Fu1_20201201114001

10月も下旬になると紅葉は終盤だ。

Ame1_20201201113901

Ame2_20201201113901

Ame5_20201201113901

アキアジが遡上し始めるとアメマスもアキアジの後を追って遡上してくるようだ。アメマスはアキアジの産卵床に付いている。産卵で流れるイクラを捕食しているようだ。だからこの時期、エッグフライを使った釣りは、まさしくマッチザベイトの釣りなのである。

Ame6_20201201113901

Ame4_20201201113901

Ame3_20201201113901

なんとか60cmクラスもランドできたが、相変わらずアメマスは気まぐれなトラウトである。

Fu7_20201201114001

Fu5_20201201114001

同じようなポイントなのにアメマスが定位している所とそうでないところがはっきりしている。まず、アメマスがどこにいるのか探す必要があるのだ。そのポイントさえ見つけることができれば、大小はあるけれど必ず群れで定位しているので、楽しい釣りができるのである。

Eno1

Eno2

Eno3

Eno4

この時期、キノコ採りも楽しみの一つ。晩秋の時期、北海道で旬のキノコは、エノキタケ・ナメコ・ムキタケである。上のフォトのキノコは全てエノキタケだ。この天然のエノキタケ、スーパーで売られている白くて細長い栽培物とは容姿が全く異なるので、それを知った時に驚く人が多い。天然物と栽培物を並べた時にとても同じキノコとは思えないからだ。栽培物のエノキタケは柄を食べ、天然物は傘を食べるという感じである。

Nameko1

ナメコも極上ものを見つけると嬉しい・・。

 

|

« 妻と温泉巡りの旅 | Main | 晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 妻と温泉巡りの旅 | Main | 晩秋の北海道 マッチザベイトの釣り »