« October 2020 | Main | December 2020 »

November 17, 2020

妻と温泉巡りの旅

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

◯2020.11.15~17

◯YOU TUBE動画リンク  https://youtu.be/aIW0BxAP7hI

妻の引き籠り防止のために月に最低1回は外に連れ出そうと考えている。妻は出かけることにはあまり積極的ではないが、いったん旅に出てしまえばそれなりに楽しんでいるようであるから良しとしよう。今回はGO TOを利用して、阿寒湖温泉と層雲峡温泉に宿を確保した。11月であるから、紅葉も終わり観光名所はあらかたオフシーズンとなる。まあ、ゆっくり温泉に入って美味しいものでも食べてというのが基本であるが、「日本一さむいまち」の陸別町や置戸湖は訪れたことが無いので行程に組み入れた。温根湯の山の水族館も2回目であるが、イトウの雄姿を見に行こう。後は「道の駅」巡りの旅となるだろう。

Nisshou

時間はたっぷりあるので、高速は利用せず一般道で移動する。日勝峠は年に10回以上通過するが、峠の展望台に立ち寄ったのは数十年振りである。やっぱり十勝平野は広大であると感じた。

Shikaoi

鹿追の道の駅。然別湖への釣りの時には、特に目的は無いが必ず立ち寄る。

Urimaku Soba1 Soba2

道の駅うりまく。鹿追の道の駅でもそうだったのだけど、私は大のそば好きであるので蕎麦が気になる。乾麺なんだけどね。美味しいのだろうか?

Shihoro

Poteto

士幌の道の駅。ここのポテトチップが美味しい。毎回ここに立ち寄る時には買って帰るが、今回は箱買いした。ダンボール一箱に12袋入っている。

Akan1_20201129172601

Wakasagi

Nabekyuu

今年5回目の阿寒湖。ワカサギの佃煮をお土産に買った。今回は寄らなかったが奈辺久のワカサギ天丼とかしわ蕎麦が美味しい。最近釣りの帰りにお昼ごろ寄ろうと思っても、激込みで諦めることが多い。

Akan8

Akan3_20201129172601

Akan2_20201129172601

阿寒の宿はこちら。部屋の窓から阿寒湖、雄阿寒岳が一望できる。

Akan4

Akan5

Akan9

Akan6

夕食バイキングは品数も多く美味しい。あきらかに食べ過ぎである。

Akan7

朝食バイキング

Riku1

Riku2

2日目は予定どおり陸別町へ。本日の気温は9度であったが、過去にマイナス38度を記録したことがあるそうだ。

Oketo1

Oketo2

Oketo3

ダートな道をひたすら走り湖を一周してみた。車は泥だらけ・・。山間の林道はヒグマの気配が濃厚なところだね。夏場はアメマスやニジマス。冬場はワカサギが釣れるらしい。夏場の釣りは10月31日まで。今時期、鹿内のハンターが入林しているらしい。

Yama1_20201129172901

Yama2_20201129172901

Yama3_20201129172901

温根湯の山の水族館に寄ってみた。メーター級のイトウに妻が驚きの声をあげていた。しかし・・、こんなのが釣れちゃうんだよね。

So1

So2

So3

層雲峡に夕刻到着。何度も訪れたことはあるが、冬の景観も壮観である。私たちが到着した頃から吹雪模様になってきた。

Taisethu6

Taisethu2

Taisethu3

Taisethu4

2日目の宿はこちら。妻も私も好き嫌いが多いので、ビュッフェスタイルが一番。ここのバイキングも洗練されていました。阿寒の宿もそうでしたが、もちろん感染症対策は万全です。

Taisethu5

So4

宿の朝食。出発時、路面は真っ白でした。前回と違いスタッドレスタイヤに履き替えているので安心である。

Touma

当麻の道の駅

Fukagawa

Takikawa

Mikasa1

Mikasa2

Oiwake

帰路は、予定通り道の駅巡り。三笠の道の駅にてバスで販売している焼き鳥が最高に美味しかった。列ができていたから地元では人気なのだろうね。しかし、層雲峡から高速を使わずに自宅まで帰ったのは初めてであったけど、随分と時間が掛かるものだね。事故もトラブルもなく安全ら帰ることができて良かったです・・。

 

 

| | Comments (0)

November 06, 2020

極東に行ってみたけれど・・

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

11月3日から6日まで、遡上アメマスを狙って極東を徘徊してきた。結果から言うと今回の遠征は外してしまったというのが実際のところだろう。メインのフィールドであるラウンド3は、河口が開いていなくて、河口域には居付きのアメマスしかいなかった。秋の釣りは難しいね。ラウンド1は数はそれなりであったけれど、型がいまいち・・。ラウンド2ではチビとカレイのみ。なんか釣り旅というよりもグルメ旅となってしまった感がある。

【ラウンド1】

Ame6_20201123132501

Ame5_20201123132501

型がいまいちだよね。

【ラウンド2】

Fu2_20201123132601

Ame2_20201123132501

Karei

あまりにもルアーの反応が悪いので、ルースニングに切り替えると釣れたのは、ヌマガレイであった。

【ラウンド3】

Fu1_20201123132501

Ame3_20201123132501

Ame1_20201123132501

パッとしません。

Ame4_20201123132501

このアメマスだけは、友人の情報で掛けることができた貴重な1本となった。

Uma

放牧された馬たちは元気そうであったね。

【厚岸五味の牡蠣料理】

今回ここに2泊させていただいた。
Gomi

生牡蠣

Gomi3

焼き牡蠣

Gomi1

バフンウニとサンマの刺身

Gomi4

アサリの酒蒸し

Gomi2

サンマの塩焼き

Gomi5

牡蠣のベーコン巻きと牡蠣フライ

Gomi6

温玉入り牡蠣飯

Gomi7

花咲ガニの鉄砲汁

駅前の老舗旅館だけあって、牡蠣料理は洗練されていて美味しかった。

【ファームデザインズ】

Farm1

R40 浜中町にあるレストラン

Farm2

ガーリックチキンが旨かった。

【釧路泉屋】

Izumi1

客が少ないなあ・・。感染症予防には良いけど。

Izumi2_20201123132701

ハーフが好み。

Izum3

Izumi4

釧路に来たらミートは外せない。

【ホテルPACO】

Izumi5

レストランから釧路川が見える。

Izumi6

コロナの感染対策は徹底している。朝食のバイキングも品数が多く、大変美味しい。

【平取 蕎麦藤】

Fuji1

Fuji2

山ざる蕎麦大盛。太めの田舎蕎麦が好み。

 

しかし・・、何しに極東まで行ったんだか・・(笑)

 

| | Comments (0)

« October 2020 | Main | December 2020 »