« 2020年 アキアジ戦線 | Main | 極東に行ってみたけれど・・ »

October 25, 2020

道南の源流キノコロードを彷徨う

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

毎年、この時期のデフォルトのイベントになりつつあるが、キノコのエキスパートガイドBOB氏に案内をいただき、KEN氏、HIROSHI氏、私の総勢4人で紅葉真っ盛りの源流を彷徨ってきた。

Ke1

Ke2

Ke3

Taki

一応ロッドを持ったが、今日はキノコ採りがメインである。釣りをしていても後ろに倒木があれば、気になって釣りに集中できない。HIROSHI氏は、キノコに集中するべくロッドを持たずに徘徊していた(笑)。紅葉が見ごろで壮観であった。しばし、立ち止まり見入ってしまう・・。

Nakaya

Ame

エキスパートガイドBOB氏とBOB氏が釣り上げたアメマス。
Hiroshi

HIROSHI氏

Ken

KEN氏

ボリボリ(ナラタケ)はちょっと遅かったが、ナメコとムキタケは予定通り採取できた。エノキタケには早かったようだ。いつもであればこの時期、朽ち果てているツキヨタケ(毒)が成っていて驚かされた。

Name1

Name2

ナメコ

Muki1

Muki2

ムキタケ

Bori1

ボリボリ

Enoki1

エノキタケ

Kuri

クリタケ

Tukiyo

ツキヨタケ

Niji_20201110095201

根性で釣りあげたニジマス

前日の前夜祭も含めて有意義な時間を共有できました。みなさん、お付き合いありがとうございました。

 

 

 

|

« 2020年 アキアジ戦線 | Main | 極東に行ってみたけれど・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2020年 アキアジ戦線 | Main | 極東に行ってみたけれど・・ »