« 今年最後のキャンプ・・ | Main | 中秋の阿寒湖釣行 »

October 08, 2020

konchan号でオフショアの釣り

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

ご近所のKONCHANからオフショアの釣りのお誘いをいただいた。ターゲットはサバ・フクラギ等であるそうだ。私にとっては久しぶりのオフショアの釣りとなる。電動リールを使用した釣りではなく、キャスティングによる釣りとなるということで、40gから70gくらいの海アメ用のジグをタックルボックスに詰め込み、早朝マリーナに車を走らせた。

Fu1_20201018101301

Fu2_20201018101301

マリーナに着くと柔和な笑顔のKONCHANが、すでに出向の準備を終えて待っていてくれた。タックル等を積み込み出港。この日は凪良く絶好のオフショア日和であった。サバが釣れるエリアはそんなに沖ではなく、比較的港から近い所を群游しているようだ。サバのキャスティングによる釣りは、通常鳥山を見つけてそこを狙う釣りがセオリーであると思っていたが、今年のサバは少し深い所を遊泳しているらしい。KONCHANが魚探を見ながら停船し、ジグをキャストする方法、リトリーブスピードなど的確に指示を出してくれた。

Saba1

Saba2

ジグは重めのものを使い、リトリーブスピードはどんなに早くても良いそうだ。一投目からアタリがあった。型は様々だが40cm以上の大型も数本混じる。ただ、サバの口は柔らかいので、かんぬきに掛からないとバラシが多い。ランドできた数と同じくらいの数をばらしてしまったと思う。KONCHANの話によるとサバ釣りでバラシは当たり前、とにかく群れに当たったら手返し良く釣ることが良い釣果に結び付くとのことだ。

Saba3

KONCHANはアシストフックを付けているので、サバ・サバ、サバ・フクラギの2連掛けを連発。お見事でした。

Saba4

サバはクーラー釣り。KONCHANはフクラギをゲット。ブリ級も掛けたが残念ながらラインブレーク。私もイナダ級を掛けたが残念ながら寄せの途中でバラシ。噴火湾ではブリ、ワラサ、イナダ、フクラギ全て釣れる可能性があるそうだ。

Fu3_20201018101301

羊蹄山が見える。

Fu4_20201018101301

噴火湾を挟んで道南の駒ケ岳もくっり見えました。久しぶりのKONCHAN号でのオフショアの釣り・・、堪能させていただきました。

 

|

« 今年最後のキャンプ・・ | Main | 中秋の阿寒湖釣行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年最後のキャンプ・・ | Main | 中秋の阿寒湖釣行 »