« 阿寒湖DEEPの釣り | Main | 再び阿寒湖DEEP »

July 26, 2020

道東サーフから日高の渓へ

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

阿寒湖DEEPの釣りを終え、仲間と別れて釧路に向かった。翌日から3日間、南十勝と日高をドライブがてら廻ってきたのである。「盛夏の道東サーフ 海アメの釣り」は過去にBLOGでもHPでも何度もエントリーしているが、5年ほど前からアメマスの数が激減し、足が向かなくなっていた。最盛期には毎週のようにアタックしていたこのフィールドを訪れたのは久しぶりであった。

Saf2

Umiame2

Sarf1

Umiame1

サクラマスの旬の時期が終わっていたせいか、私がこのフィールドに着いた時には誰もいなかった。沖を見ると悠々とイルカが遊泳している。「こりゃあ駄目だな・・。」とは思ったが、せっかく来たのでキャストを開始する。結果は2本2バラシ。全く釣れないというわけではないといった状況か・・。ヒットはバラシも含めて波打ち際であった。おそらくイルカに追われたアメマスが、波打ち際で定位していたのだろう。

その後南十勝を周遊。歴舟か豊似の河口でロッドを振ってみようと思っていたが、北海道の温泉の南限である晩成温泉に入ってしまったので、釣りは諦めた。

Tokachi1

Tokati2

長節湖や湧洞沼で、ウェーダーを履いた家族連れなどが水の中に入り込んでいた。何をしているのだろう?と思って様子を見ていると、シジミ採りであった。ここでシジミが採れるのは知らなかった・・。

Warabi

沼への道端に強烈なワラビ畑が延々と続いていた。誰も採らないのかなあ?来年来てみようとも思ったが、ちょっと遠すぎるよね(笑)

Iwa1_20200730114001

Fu1_20200730114001 Iwa2_20200730114001

Fu2_20200730114001

翌日、日高の渓に潜り込む。ここには雪代の時期にしか来たことが無かったせいか、著しく水量が少なく感じる。イワナはチャラ瀬からも元気に飛び出してきたが、ミノーを引く距離が短くしかも浅いのである。何度も岩と岩の間にミノーが引っ掛かり、ポイントをダメにしてしまった。小さいけれどアメマスも釣れた。

Iwa3_20200730114001

Fu3_20200730114001 Iwa4_20200730114001

超渇水の川でありイワナも超神経質であったが、相変わらず魚影は濃かった。水量の多い時期にまた来てみたいね。

Tamogi

ニレの倒木などに生えるタモギタケ。北海道では今時期、渓を歩いているとよく見かける夏のキノコである。レモンイエローの色鮮やかな奇麗なキノコなのだけど、味については好みは分かれると思うなあ・・。

 

 

|

« 阿寒湖DEEPの釣り | Main | 再び阿寒湖DEEP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 阿寒湖DEEPの釣り | Main | 再び阿寒湖DEEP »