« 今年初めてのキャンプに行ってきました。 | Main | 道東サーフから日高の渓へ »

July 24, 2020

阿寒湖DEEPの釣り

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

気心が知れた旧知の仲間が阿寒湖に集った。楽しかった宿での前夜祭、宴会の余韻を引きずって朝5時にフィッシングランドに向かう。この釣りを始めてからちょうど10年になる。阿寒湖の釣りと言えば、渡船を利用した場合、尻駒別川のインレット、北岸のヤイタイ崎からイシカラ、恩根内崎、砂浜といったところをランガンかけて歩くか、大島、小島、ヤイタイ島に渡っての釣りであり、渡船しない場合は硫黄山川のインレットやポッケ、原野などの湖岸からの釣りがメインである。しかし、この阿寒湖DEEPの釣りは、ボートに乗ったまま湖のど真ん中での釣り・・、解禁明けからミッジやモンカゲロウなどの虫の釣りが終了し、水温が上昇した盛夏が旬の釣りとなるのである。

Ame6_20200730100301

Ame5_20200730100301 Ame4_20200730100201

阿寒湖のアメマスのベイトはハッチする虫にしか反応しない時期もあるが、基本的にはワカサギであると考えている。阿寒湖には2か所ほど底が隆起しているところがあり、その深さが約10m前後と浅くなっている。夏の一定期間、この場所にワカサギが溜まる。必然的にこのワカサギを追っかけてアメマスも集結するという図式が出来上がるようだ。そのアメマスをボート上から狙うのがDEEP阿寒湖の釣りなのである。

Ame3_20200730100201

Ame2_20200730100201

Ame1_20200730100201

まあ、ボート上からの釣り故、釣趣的に十分に満たされるものではないが、1年に1回の仲間内のお祭りであり、大人の遠足なのである。今回はルアーマン4人、フライマン2人の混成チームである。ルアーの釣り、フライの釣りなどセクトなどは存在しない。気心の知れた仲間であるからこそ成立する釣りであろう。

Machiguchi

私の釣りの師匠でもある札幌のM氏。

Takahashi

中標津のT氏。

Naruse

帯広のN氏。
Hami

旭川のU氏。

Mura

岩見沢のM氏。・・・と私の6人である。

 

住んでいる所も職種もバラバラ・・。今回は船中150本といったところだろうか。まあ、1年に1回くらいこんな釣りも楽しいものです(笑)

 

|

« 今年初めてのキャンプに行ってきました。 | Main | 道東サーフから日高の渓へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年初めてのキャンプに行ってきました。 | Main | 道東サーフから日高の渓へ »