« 2020 ヤマメ解禁 | Main | 釣り・山菜旅グルメ »

June 10, 2020

2020 道東のスプリングクリークを彷徨う

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

5月の下旬と6月の初めに阿寒湖を素通りして、道東のスプリングクリークを彷徨ってきた。BLOGやHPで何度もエントリーをしているが、この川は弟子屈在住時の小学生の頃より憧れの川であった。その当時は現在の中標津に抜けるパイロット国道なんていうものは存在せず、アップダウンの多い砂利道であったと記憶している。中流域でもバイガモが流れに漂って、透明度が高く奇麗な川であった。今では観山橋界隈でさえ濁りがきつくて深さがわからず、迂闊に流れに立ち込むことは出来ない・・。周辺の牧草地から流れ込む土砂の影響であると言われているが、なんとかならないものだろうかね・・。

Fu1_20200626115901

Fu2_20200626115901 Ame1 Ame2 Ame3

上流域だけがまだ昔の環境が保全されていると感じる。上流域であっても丁寧にポイントを探れば思わぬ大物に出くわすこともあるのがこの川の魅力である。年々、数は少なくなってきていると感じるが・・。

Kogomi1

この時期、コゴミの群生が見事だ。

Osyo1 Osyo2

最近では珍しいオショロコマも姿を見せる。ここのオショロコマは大雪湖周辺オショロコマ同様、知床界隈で釣れるオショロコマと違って朱点の色合いが淡いのが特徴だ。

Niji1 Ame7 Iwana1_20200626115901 Fu3_20200626115901

ニジマスやイワナ・・魚種も豊富だ。

Ame4 Fu4_20200626115901 Ame5 Fu5 Ame6

相変わらず流域によってムラはあるけれど、数本ではあるがここらしいアメマスに出会えて満足できた。
Taka1

中標津のT氏・・。年々魚影が薄くなってきているとの共通の認識・・。ここの復活も切に望みたいね・・。

 

 

 

 

|

« 2020 ヤマメ解禁 | Main | 釣り・山菜旅グルメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2020 ヤマメ解禁 | Main | 釣り・山菜旅グルメ »