« 2020 道東のスプリングクリークを彷徨う | Main | ドライフライの釣りの復活・・ »

June 14, 2020

釣り・山菜旅グルメ

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

私は山岳渓流で釣った魚は持ち帰ることはない。でも山菜は手間は掛かるけど、家に持ち帰って妻にいろいろな料理にしてもらい、食べるのを楽しみにしている。また、釣りや山菜採りに出かけた時にしか食べることができないものを現地で食べることも楽しみだね。緊急事態宣言が解除されるまでは、コロナのせいで夕食を現地の居酒屋で・・という気分にはなれなかったが、解除後は不安な気持ちはありながらも、暖簾をくぐるようになった。

私は麺類なら何でも好きなのだが、特に蕎麦には目が無いのである。昼食に食べることが多いが、現地でも車で移動中でもタイミングが合えば立ち寄ることが多い。

Sobajun1 Sobajun2

伊達の「そば順」。伊達は人口の割に蕎麦屋が多いと思う。それだけ需要があるのだろう。「たこ天蕎麦」が有名だがセイロも美味しい。洞爺湖界隈に山菜採りに行った帰りに寄ることが多い。

Sobafuji1 Sobafuji2

平取の「そば藤」この日は「平取黒豚の肉蕎麦」を選んだ。35年前、襟裳在住時から帰省ついでに必ず立ち寄っていた。今では道東への移動中、また帰路の途中に寄ることが多い。

Kanehachi1 Kanehachi2

弟子屈の「かねはち」ここも私が小学生の頃からあるから老舗だ。現在は二代目か三代目の若い方が蕎麦を打っている。フォトはかしわ蕎麦。親鳥を使っているので噛み応えがある(笑)。個人的にかしわ蕎麦は雛鳥よりも親鳥の方が好みである。

Izum1 Izumi2

門富の「いずみ食堂」「かも蕎麦」。超田舎蕎麦で乱切りで太い。好みは分かれると思うが、蕎麦の風味をしっかり味わうことができる田舎蕎麦の方が、私は好みである。

Tubu1 Tubu2 Tubu3

釧路の「つぶ焼き かどや」先代の時から釧路に宿を取る時には必ず立ち寄っていた。先日、久しぶりに訪ねて親父に「客は戻ったかい?」と尋ねたら以前ほどではないが「まだまだ・・」であるそうだ。早く活況が戻ると良いなあ。

Spa1 Spa2

私は釧路生まれ。子どもの頃から「泉屋のミート」を食べていた。釧路に泊まることがあったらここは絶対に外せない!(笑)

Kaki1 Kaki2 Kaki3 Kaki4

最後です。瀬棚にある漁師の直販店「浜の母ちゃん食堂」。道南方面への釣りの帰りに寄ることが多い。持ち帰りだが、牡蠣が大きくて美味しい。安くて新鮮・・。土日には、いつも観光客で込み合っている。ここの「サクラマスの飯寿司」が絶品なのだが、人気なのかいつも売り切れで残念である・・。

 

さて、次はどこへ行こうか・・。

 

 

 

|

« 2020 道東のスプリングクリークを彷徨う | Main | ドライフライの釣りの復活・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2020 道東のスプリングクリークを彷徨う | Main | ドライフライの釣りの復活・・ »