« 洞爺湖界隈でウドを採る | Main | 道南山岳渓流の釣り »

May 14, 2020

新緑の阿寒湖釣行

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

例年解禁明けのゴールデンウィークに訪れている阿寒湖であるけれど、札幌の友人たちが釣り自体を自粛していることもあり、今年は見送った。何度か単独で5月に釣りに出かけたことはあったが、基本的に車中泊、コンビニの利用はしたが、それはどこにいても買い物と一緒であり、マスク等はもちろん装着、なるべく短時間で用を済ませるようにしていた。またこのBLOGも含めて、釣果やレポートのエントリーは控えていた。私はコロナウィルスの感染者はほぼいない地方都市に住んでいる。濃厚接触者のいない山岳渓流などの釣りや山菜採りは全く問題が無いと思っていた。現在、緊急事態宣言は解除されたが、早く大手を振って釣りに出かけられる環境になってほしいものだね。

Dsc_0957_13

Dsc_0968_13

Dsc_0940_13

釣り人が少なく、ボートで北岸に渡ったのであるが「尻駒」から「砂浜」まで独占できた。私は「恩根内の崎」から「ヤイタイ崎」の間を行ったり来たりしながらの釣りとなった。午前中は濃い霧がかかっていて、ヤイタイ崎から見るヤイタイ島は霞んでいたが、午後からはすっきりと晴れて雌阿寒岳が絶景であった。
Dsc_0947

Dsc_0935

Dsc_0970_13

Dsc_0944

Dsc_0930_13

トータル型を問わず30本以上釣れたが、崎(地形上馬の背になっていて、沖まで立ち込むことができる)の方が型は小さかった。湖岸に生えている葦のの沖合で釣れた方が型が良かった。50upは4本・・60には届かず。

Dsc_0946  

Dsc_0972_13

そろそろ、阿寒湖はモンカゲの季節が到来なのかな?

|

« 洞爺湖界隈でウドを採る | Main | 道南山岳渓流の釣り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 洞爺湖界隈でウドを採る | Main | 道南山岳渓流の釣り »