« April 2020 | Main | June 2020 »

May 31, 2020

北海道の山菜行脚

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

3月から始まった北海道の山菜行脚、行者ニンニクに始まり、4月は山ワサビ、アズキ菜(ユキザサ)、5月はコシアブラ、ウド、ワラビ、フキ、6月はタケノコ(ネマガリダケ)。もちろん、地域差や標高、日当たりなどによって採れる時期に違いはあるけれど、標高の高い所のタケノコ以外は終盤を迎えたようだ。1年のうちで最も好きな季節「新緑」の時期が過ぎ去ろうとしていることで、一抹の寂しさを感じる。
Koshi2 Koshi1 Koshi3

画像はコシアブラだけど、この山菜は本州の方では「山菜の女王」と呼ばれているほど、人気な山菜であるらしい。けれども北海道ではあまりポピュラーではなく知らない人も多いようだ。タラの芽よりも苦みがあり、ワイルドな味ではあるけれど、食べ慣れると春の到来を感じさせてくれる美味しい山菜である。ただ、このコシアブラ・・北海道ではどこにでも見かけることができる山菜ではないと思う。ニセコの山で単体で生えているのを見たが、群生しているのは私が知る限り1か所のみである。

K0shi4 KoshiudoaratenKoshi5

コシアブラは定番の天婦羅のほか、お浸しやコシアブラご飯にしても大変美味しい。

Tara1

Tara2 Tara3

北海道では大変人気のある山菜、タランボの愛称で呼ばれることが多いタラの芽である。道端にも見かけるのだけど採られている場合が多い。1本の木に出る芽は2番芽以上は残してほしいなあ・・。そうしないと木自体が死んじゃうから。

Udo1 Udowarabi Udo2

ウドもポピュラーだね。天婦羅、酢味噌和え、私が一番好きなキンピラ。オールマイティーだね。

Take1 Take2 Take3

毎年遭難騒ぎの原因となるネマガリタケ。確かに美味しいけれど、節度は必要だね。こいつを採る時には下ばっかり見ながら移動するので、一尾根超えてしまうと背丈が高い笹薮に周囲を覆われて、自分がどこにいるのかわからなくなっちゃうね。GPSを持ち歩くのが一番安全だけど、マーキングや音が出るものを入り口に置いておくなど対策は必要だ。ヒグマの活動エリアと被っている場合も多いし・・。

Warabi1 Warabi2 Warabi3 Warabi4

ワラビはウド同様比較的ロングランで採取できる山菜だ。タタキ(三杯酢)や煮物、みそ汁が美味しいね。重曹を使ったアク抜きは面倒だけど。

Fuki1 Fuki2 Fuki3

山岳渓流を釣り歩いていると、最高級の蕗の群落を目にすることはよくあるよね。採って帰りたいけど、重いので車までの距離を考えると躊躇してしまう。川岸に生えている、鉈でスパッと切るとジャッと水が噴き出す蕗は最高だね。

 

余談であるけれど、今年はマダニが多いようだ。どこで噛まれたのかはわからないけれど、私もやられました。毎日お風呂に入っていたし、防虫剤もディート入りの強力なのを付けていたのに・・。ライム病なんて言う恐ろしい感染症を引き起こすこともあるようだから、みなさんも気をつけましょう。 

| | Comments (0)

May 23, 2020

道南山岳渓流の釣り

◯画像クリックすると少しだけ大きくなります。

まだ雪渓が残る4月以来、久しぶりに道南の山岳渓流を訪れてみた。初夏の陽光をたっぷりと浴びた河川敷の植物は勢い良く育っていたようだ。林道を歩いていても、高く生い茂ったイタドリの類が邪魔をして川の様子を垣間見ることさえできなかった。

 

99275969_188430

ここはとある理由があってアメマスは遡上できない。だから、釣れたトラウトは紛れもなくイワナなのである。

101187205_18843 100891338_188 100551714_18843 99421176_188430
雪渓が残っていた頃に比べると、イワナたちは淵から瀬に広がって活発に動いていたようだ。深みではライズがたくさん見られた。ルアータックルではなくフライタックルのドライの釣りの方が面白かったのかもしれない。

99299563_18843 99275969_188430 99246328_18843099157761_188430

週休日で先行者がいるだろうと思っていたけれど、釣り人は入っていないようだ。尺上も数本姿を見ることができ、楽しい釣りとなった。

99136411_188430 99010983_18843 98274383_188430 98063371_188430
次回はドライ仕様のフライタックルで臨んでみよう。

| | Comments (0)

May 14, 2020

新緑の阿寒湖釣行

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

例年解禁明けのゴールデンウィークに訪れている阿寒湖であるけれど、札幌の友人たちが釣り自体を自粛していることもあり、今年は見送った。何度か単独で5月に釣りに出かけたことはあったが、基本的に車中泊、コンビニの利用はしたが、それはどこにいても買い物と一緒であり、マスク等はもちろん装着、なるべく短時間で用を済ませるようにしていた。またこのBLOGも含めて、釣果やレポートのエントリーは控えていた。私はコロナウィルスの感染者はほぼいない地方都市に住んでいる。濃厚接触者のいない山岳渓流などの釣りや山菜採りは全く問題が無いと思っていた。現在、緊急事態宣言は解除されたが、早く大手を振って釣りに出かけられる環境になってほしいものだね。

Dsc_0957_13

Dsc_0968_13

Dsc_0940_13

釣り人が少なく、ボートで北岸に渡ったのであるが「尻駒」から「砂浜」まで独占できた。私は「恩根内の崎」から「ヤイタイ崎」の間を行ったり来たりしながらの釣りとなった。午前中は濃い霧がかかっていて、ヤイタイ崎から見るヤイタイ島は霞んでいたが、午後からはすっきりと晴れて雌阿寒岳が絶景であった。
Dsc_0947

Dsc_0935

Dsc_0970_13

Dsc_0944

Dsc_0930_13

トータル型を問わず30本以上釣れたが、崎(地形上馬の背になっていて、沖まで立ち込むことができる)の方が型は小さかった。湖岸に生えている葦のの沖合で釣れた方が型が良かった。50upは4本・・60には届かず。

Dsc_0946  

Dsc_0972_13

そろそろ、阿寒湖はモンカゲの季節が到来なのかな?

| | Comments (0)

May 04, 2020

洞爺湖界隈でウドを採る

◯リアルと過去のエントリーが混在していますが、後日正常のタイムラインに戻します。

◯画像をクリックすると少しだけ大きくなります。

サクラの開花宣言が発表されたので、近場の山にウドを採りに行った。今年は行者ニンニクがいつもの時期よりも早く採れたが、アズキ菜やワサビは例年通りで、ウドはいつもの年よりも遅れているようだ。ここは、そんなにたくさん採れる場所ではないが、近いので毎年1回は訪れているかな?まあ、ウドはこれからが本番であるから、楽しみだね。

95436589_18633 95817242_186332

まだ赤い芽のものが多く、時期は早かったようだ。

95511384_186332

95095380_186332

こごみも採れ頃であったが、個人的にあまり好きな山菜ではないので私はパス・・。

95615110_186352

95817242_186352

定番の天ぷらも酢味噌和えも美味しくいただきました。

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »