« April 2013 | Main | June 2013 »

May 26, 2013

朱鞠内湖の釣り…PART3

朱鞠内湖の釣り…PART3
朱鞠内湖の釣り…PART3
朱鞠内湖の釣り…PART3
朱鞠内湖の釣り…PART3
朱鞠内湖の釣り…PART3
藤原島だとか…。どん深でアメマスやサクラの通り道であったのは確かだけど、イトウの気配は無かったなあ…。

帰ります…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 25, 2013

レイクハウス朱鞠内…

レイクハウス朱鞠内…
レイクハウス朱鞠内…
レイクハウス朱鞠内…

ダッチオープン料理が売りの宿・・。夕食を食べ始めたのが8時半過ぎ・・。先刻帰路の船上でご一緒した人たちも、レストランにて一同に会している。岩塩を好みでふりかけて食すチキンもオニオンもキャロットもポテトも豪快ではあったが、心底美味しかった・・。ここでも、女性スタッフの心遣いに癒される。初めての宿泊であることを告げると、丁寧に管内の説明をしてくれた。また、明日の渡船時間が変更になったことも、わざわざ部屋まで来て教えてくれる。

まあ今時期は、釣り人あっての商売というところなのであろうが、中野さんも含め接客サービスについては、スタッフ一同洗練された雰囲気を感じる。これならリピーターが多いのも頷ける。お見事でありました・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

朱鞠内湖の釣り…PART2

朱鞠内湖の釣り…PART2
朱鞠内湖の釣り…PART2
朱鞠内湖の釣り…PART2

迎えの船が北大島の反対側の護岸に到着するまでの間の私の釣果は、結局アメマス7本、サクラマス1本であった。イトウは私もそこにいたアングラーも釣れなかったね。帰りの船は、それぞれの好みのポイントに入っていた釣り人を拾って10人くらい・・。桟橋に着いてから、中野さんはもう1往復しなければならないと言っていたから、今日はMAXで釣っていたアングラーが多かったのだろう。

船の上では、今日の釣果を釣り人同士で情報交換をしていた。常連さんが多いようで、別々のポイントに入っていたはずなのにみんな顔見知りなのかな・・。聞くともなく聞いていたが。、スガワラというポイントに入った人がイトウを60upを最高に7本とか・・、私が朱鞠内湖のポイントを良くわかっていないため、釣り人が乗船した場所がどこかわからないのだけど、あるところでは、夕マヅメに90cmのイトウが釣れたそうだ。でもやっぱりイトウは朝方の釣果が多いようだね。

みなさんイトウの話ばかりで、アメマスの話題が皆無で寂しい・・(笑)。しかし・・MAXっていう言葉が船中で飛び交っている。魚のサイズや日没間際までの釣り時間等・・MAX、朱鞠内湖の特有の言葉なのだろうね。

車でタックルの後始末をしていると、先刻の女性スタッフが声を掛けてくれる。社交辞令が含まれているとしてもその心遣いは嬉しく、温かかったね・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱鞠内湖の釣り…PART1

朱鞠内湖の釣り…PART1
朱鞠内湖の釣り…PART1
朱鞠内湖の釣り…PART1

今日は、午前中お仕事にて、昼間にセカンドハウスを出発・・。現着午後3時前。時間が時間だけに渡船は考えてはいなかったが、漁協事務所で情報でも聞こうと思い、遊漁券の自販がある小屋の前でうろうろしていた。中には誰もいなかったが、外でちょっと関西訛りのある女性スタッフが、おそらく本州方面から朱鞠内湖に釣りに来ている客と話をしている。

この女性スタッフに、この辺りで渡船をせずに釣れる有望なポイントはどこか尋ねてみた。朱鞠内湖の釣りは昨年に続いて2回目である。昨年は、急遽朱鞠内湖の釣りを思い立っての出撃であったので、訳もわからず、船頭の中野さんご推奨の浮島に入って、イトウ、アメマス、サクラマスの3種を釣りあげることができた。今回は下調べを十分にして・・なんて考えていたけれど、なんだかんだで忙しく、結局朱鞠内湖に来ているアングラーのHPを少し巡回しただけで、当日になってしまった。この女性スタッフはとても親切で凄く感じが良かった。前浜の有望ポイントを懇切丁寧に教えてくれただけでなく、今からでも帰路の客を迎えに行くタイミングと合えば、渡船できると教えてくれた。さらに中野さんにアポを取ってくれる。ただ、「今日はレイクハウス朱鞠内に予約を入れているのでMAXの帰還では、宿に迷惑を掛けるのでは?。」と問うと、「レイクハウスに宿泊のお客さんはMAXの方が多いです・・。」と教えてくれる。

このMAXの意味は、午後7時日没ぎりぎりまで釣りをすることを意味する。そこまでしていただいて、渡船を拒否する理由は私には無かった。目的地は中野さんお任せで、北大島の裏側にあたる湖岸であるそうだ。そこには、フライマンが2名、ルアーマンが1名いて、フライマンの1名が撤収するそうだ。キャストを開始して間もなく、サイズの小さいアメマスとサクラマスが迎えてくれた・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2013

早速2…

早速2…
洞爺界隈の定番ルートではウドが細いね…。量はそれなりに確保できるのたけど…。土曜日、定番ルートを外してあちこちさまよってみた。人がここは歩かないだろうという所では比較的良いウドを採取できたからまずは良しなのだけれど、まだまだ探索の余地はあるようだ。時間がある時に彷徨ってみたいね。

ここは、とある目印を外さなければ、尾根上から次の尾根を乗り越えても、尾根から沢に迷い込んでも遭難することは無い…。

次はタケノコと蕗だね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2013

早速…

早速…
本日は、アズキ菜のお浸しのみ…。1年振りのお味です(笑)。元々癖の無い山菜なのだけど、ちょっとアスパラの香りがするような…。

マヨネーズ醤油にて。マヨネーズの量は少量にて。掛けすぎるとマヨネーズの味しかしません。シャキシャキした食感も良いです。この山菜だけは娘も食べます…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

山荒らし…

山荒らし…
山荒らし…
山荒らし…
BOB氏の畑を荒らしてきた…。ニリン草(フクベラ)が邪魔…。これも食べられるのだけどね。まだカタクリが咲いていた…。しかし…、あれだけあった雪が全て姿を消していたのは驚いたね。

本当は止水荒らしもする予定であったのだけど、タイムリミットでありました。あそこは日没間際に単独では入れません(笑)。

今日は大人しく帰ります…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山菜日和…

山菜日和…
山菜日和…
山菜日和…
山菜日和…
洞爺界隈はそうでもなかったけれど、道南は凄い虫が出ているね。つい先日まで凍えながら、釣りをしていたから、ギャップが大きいね。

20℃を切るくらいであったのだけど、ちょっとした登山並みに歩いたので、汗だくになってしまった…。

ウドは旬、タラの芽は5分咲き、ワラビはハシリだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2013

再び kONCHAN号に…

再び kONCHAN号に…
再び kONCHAN号に…
再び kONCHAN号に…

先週末に引き続き、今週もKON-CHAN号に乗船させていただいた。土曜日は午後から土砂降りの雨が降り出し、夜半過ぎまで降り続いた。風も強かったことから、日曜日は船を出せるような海況であるはずもなく、KON-CHAN氏から翌朝出港のメールが入っているなんてつゆ知らず・・。そのメールを見たのは、今朝7時頃であった。KON-CHAN氏のメールには出港が午前7時と記してあったので、これでは間に合わない・・。詫びのメールを送るとすぐに折り返しKON-CHAN氏からTEL・・。「今、船を降ろして走り出したばかりであるから、乗船する気があるのなら早く来い!・・」とのこと・・。大変申し訳ない。先週、車から降ろしたままになっていたタックルを慌てて車に積み込み、高速、白鳥大橋コースでエンルムマリーナに向かう・・。


マリーナに着くと、柔和な笑みで迎えてくれた・・。本当に申し訳ございません・・。


ソウハチ海域は、先週とほぼ同じ場所。うねりは残っていたが風も無く、船は上下に大きく揺れてはいたが、釣りをするのに問題は無かった。タックルの準備を終え、電動リールをフリーにして仕掛けを落とす。棚も先週とほぼ同じ20mラインとのこと。一投目からはすぐに反応がある。途中外れた感触はあったが4枚、2投目は3枚。幸先が良いと思ったが、ここでパタリとアタリが無くなってしまう・・。私しが遅刻したせいで、良い時間を逃してしまったか・・。この辺りに十艘くらいの遊漁船が集まっていたが、KON-CHAN氏が無線でやり取りをした船も突然アタリが無くなったとか・・。水温が高くなって活性が上がり、ソウハチは一か所に定位しないで、動き回っているようだ。

船を移動しながら、仕掛けを降ろす。反応があっても3回以上は続かない。そういう状況でも私の袋には既に30枚以上のソウハチが入っていた。今度はKON-CHAN氏にソイ根に連れてってもらう。アタリがあったが、私の腕では乗せきれなかった。それより、ソイ釣りは難しく仕掛けを落とし過ぎて、根掛かりを連発してしまう。最後に引っかからない根に案内してもらった。なんとここでは、ソウハチが大爆釣!。私は、ソイの仕掛けに切り替えていたので、なかなかソウハチは掛からない。再びソウハチ仕掛けに戻して、残り時間30分・・有終の美を飾らせてもらった。ここは、港から出てすぐのエリア・・。

浮ソウハチの釣りといえば、日高で乗船した時もそうであったが、港を出発して1時間とか、遠いというイメージがあったが、ここなら凪が良ければ10分掛からないだろう。大黒島が目と鼻の先に見える・・。釣果は、私が50枚弱、KON-CHAN氏は私の倍以上釣っていただろう。これは、腕と手返しの差・・至仕方ありません。KON-CHAN氏の釣果もいただきました。何から何まで・・本当に申し訳ない・・。意は尽くせませんが本当にありがとうございました。

次回は、札幌の某氏とともにマガレイの良い時期にでも・・。KON-CHAN氏、「7時出航なら、彼も前泊しなくても朝来れるでしょう・・。」とおっしゃっていただきました。次回を楽しみに・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 11, 2013

アズキナ…?

アズキナ…?
アズキナ…?
アズキナ…?
アズキナ…?
もし、違うとしたら本当にそっくりだと思う…。葉芽が開いていないのもあって、写真に収めたけれど、なんか違うような気がする。BOB氏に鑑定してもらえば、一発で同定できるのだけどね…。

久しぶりに伊達に来たので、蕎麦を食べて帰ります…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そぼ降る雨の中…

そぼ降る雨の中…
そぼ降る雨の中…
そぼ降る雨の中…
まだ、1週間から10日くらい早いね…。ここでこの状態なら、本命の黒松内なら雪渓の下だろう。

タラの芽もまだ、葉芽が開いていない。採り頃は来週末くらいがちょうど良さそうだ。

朱鞠内湖もまだ、結氷しているようだし、来週末も山菜採りかな(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2013

風速11.6m…

風速11.6m…
風速11.6m…
現着30分で撤収…(笑)。 しかし…、タイミングが悪いなあ。

Hiroshiさん お疲れさまでした。KONCHANありがとうございました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 05, 2013

ボッケちゃん…

ボッケちゃん…
ボッケちゃん…
ボッケちゃん…
朝食を食べてからゆっくりと…(笑)。

結果、30cmクラス3本…。フォト、撮りませんでした。でもここはあずましくないわ。目の前を観光モーターボートや遊覧船がガンガン通るし…。

帰ります…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 04, 2013

今日の釣り…

今日の釣り…

フィッシングランドに着いたのは、6時半ごろであった。ここは5時から渡船開始なので第1陣がそれぞれのポイントへ移動し、落ち着いた頃であろうか。ハウスに入り状況を聞く。「大島は結構人が入っていますか?」と尋ねるとスタッフが「結構混んでいますねぇ~。」とのこと。渡し名簿を覘くと、10組中6組は大島を希望していたようだ。後は、ヤイタイ島。ヤイタイ崎、砂浜であるようだ。主だった所は埋まっているよね。あっ!温根内の崎が空いてるじゃない。じぉそこへ!・・。とタックルの準備をして船に乗り込む。もう少しで温根内という所で、左右からそこに接近している釣り人を発見・・。おそらく、朝一発目にヤイタイ崎や砂浜に入った釣り師なのであろうか、そこがダメで左右から移動してきた模様だ。これは・・と思い、スタッフに砂浜に変更する旨を伝えた・・。

砂浜ワンドを1往復・・1回チェイスを確認したのみ。状況は昨日と変わらない。馬の背に乗っかってキャストを続ける。いつもの左側では全く反応がない。チェイスを確認できたので1時間くらい粘ってようやく右側でヒット!・・。不連続2本追加。型は大きいので45cmくらいであろうか・・。ここに見切りを付け、右側に移動し始めたころには10時を回っていた。ここから、温根内方向に向かってランガンを掛ける。水中から突き出た葦の類が邪魔ではあるが、立ち込めるだけ立ち込み、ルアーのリトリーブコースを確保できる所を探して、キャストを続ける。何本かバラシて何本か釣りあげる。もう少しで温根内という所で、相変わらず葦をかわしながらキャストする。温根内の先端ではご夫妻?(カップル)のフライマンが最近では珍しいオーバーヘッドでキャストをしていた。露骨な接近は避け、少し離れた所で葦の間にルアーを通していた。

自称阿寒湖スペシャルのアワビ張りピンクスプーンが、先端部の葦を通過した直後に追随していたアメマスが喰らいついた。ばっちり合わせも決まったが、ピックアップ直前で、出ているラインがロッドの長さよりも短い状態であった。バレないことを祈りながら、慌ててベールを起こしてラインを出す。なんとかランディングネットに収まったのは、今回お初の50upのアメマスであった。写真を撮り素早くリリース・・。その後も不連続に掛けたりバラシたり・・。日中気温が上がって、少しは活性が上がったのか、朝方よりはアメマスからのコンタクトが多くなったような気がする。午後を大きく回って気温が下がってきた。隣のフライマンのカップルが、船を呼んだので、便乗させていただき帰路につく。

操船していたのが桶屋氏であったので、今日の大島の状況をお聞きすると「馬の背だけ・・。」であったそうだ。やはりHIGE氏の特定の場所のみ爆・・の情報は正しかったようだ。砂浜から移動する際、大島に渡ろうかどうか迷ったけれど、こちらに居て正解であったね。まあ、型が見られたというレベルではあったけれど・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渋いなりに…

渋いなりに…
渋いなりに…
渋いなりに…
渋いなりに…
渋いなりに…
タイトルは、上がり際に桶屋氏に釣果を聞かれ、「10本くらい…。」と答えた後の彼の言葉だ。まあタイトル通りの1日でありました。

帰りに一緒になったフライマンの方たちも、釣果は数本というレベルであったそうだから、活性はやはり良くなかったのだろう。

本日、撤収にて…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと…

やっと…
やっと…
やっと…
50Up…。
連発は無い。去年、あれだけ反応が良かったジグミノーに全く反応がない…。

浮いていないということなんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

状況変わらず…

状況変わらず…
状況変わらず…
状況変わらず…
大島は昨日良かった情報が流れたのか、大混雑であるらしい。HIGE氏曰く、釣れる場所が限られているから、全員が釣れる訳ではないそうだ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2013

今日の釣り…

今日の釣り…
今日の釣り…


いやはや・・、北岸は渋かったね。昨年のイメージを引っさげて阿寒湖に臨んでいただけに落胆は大きかった。今朝、フィッシングランドに赴いて、桶屋氏に「今年は寒いですねぇ~。」と声を掛けると「今年は異常だよ!・・。」と返ってきた。事実、弟子屈に宿を取っている関係で阿寒湖からの峠を降りたが、残雪が異常に多く、景色は冬そのものであった。双湖台から見えるペンケパンケ湖は結氷していた。気温は0度で凍っていなかったと思うが、早朝に通過するときは気を付けないといけないね・・。

往路の船上で、桶屋氏に解禁明けの大島は状況をお聞きすると、壊滅であるとか・・。特に昨日は最悪であったそうだ。でも、今日は良かったようだね。午前中から入った人で30本。午後を大きく回った時間に移動したHIGE氏も50UPも入れて11本であったそうだ。昨日は北東の風で、北岸側からホテル側に向かって強烈な風が吹いていたそうだ。トラウトは風下に集まるの定石通りで、それで今日は大島やボッケ界隈が良かったのであろうか。今日の北岸、砂浜界隈は壊滅であったね。湖面に向かって右の葦と左の葦の間を3往復。丁寧に釣れば1往復軽く30分以上は掛かる。そんな中フルキャストで探ったが一アタリも無かった。馬の背正面右側で3本出たが、後が続かない。HIGE氏との合流後、ヤイタイ崎方面に向かって歩き始めてからイシカラ辺りでしつこく粘って小物を数本追加・・。もちろん全く満足のできる釣果では無かった。

さてと・・明日はどうしようかな?。今日の状況からすれば大島であるのだろうけど・・、大島は相性が悪いんだよね。まあ、明日の風向きを見てから判断しようか・・。


今日の気温は、1番高い頃合いでも2~3度であろう。フリースを着用したのだけど強烈に寒かった。宿の温泉が心底気持ちよかったね・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イシカラも不発…

イシカラも不発…
イシカラも不発…
イシカラも不発…
帰りに一緒になったヤイタイ島に入っていた人も、小型ばかりで10本越えていないそうだ。やっぱり今日はHIGE氏が転戦した大島が良かったようだね…。

本日、撤収にて…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

激渋の阿寒湖…

激渋の阿寒湖…
激渋の阿寒湖…
激渋の阿寒湖…
激渋の阿寒湖…
現着8時…。
砂浜3往復ノーバイト。現在3本。HIGE氏に合流。彼でさえ、パッとしないと言っていたから、こりゃ駄目だわ(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »