« March 2013 | Main | May 2013 »

April 29, 2013

熊避けスブレー…

熊避けスブレー…
熊避けスブレー…

前回購入したのは、2007年だから6年前か・・。ストッパーが外れていて、川へ下りる途中に暴発・・。それでその時に新しいのを購入したんだっけ・・。飛沫が掛かってえらい目にあったっけ。とっくに使用期限は過ぎているはず・・。腰に鉈と共にぶら下げていたそれは、阿寒湖や山岳渓流の渕に立ち込んでの釣りの時には、水没していることが多く、使用期限の表記が掻き消えていて、いつまでだったのか定かではない。スプレー缶の中身も3分の2位に重さが減っているような気がする。

この6年間、フィールドでこいつを使わずに済んだ。実際にヒグマに出くわした時に、冷静にこいつを使えるかどうかわからないし、うまく使えても本当にヒグマを撃退できるのかどうか一抹の不安もある。でも、何も持っていないよりは、こいつと鉈は常備していた方が安心だよね・・。それで、新規に購入することにした。今日の秀岳荘・・全く知らなかったのだが、全品10%OFF&限定品特売とかで、滅茶混みでありましたね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕食は登別に戻ってから、全品一皿100円の回転寿司屋へ・・。ヤリイカの姿盛りや生ズワイの寿司(1貫)がこの値段で食べられるのはお得感が大きい。個人的には漬けマグロの寿司が最高でした。私の分だけ計算すれば、寿司が1200円。お酒がビール2杯と冷酒1本で1500円。お酒がちょっと高いかなぁ・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

札幌へ…

札幌へ…
札幌へ…
親父と妹の見舞いに…。

札幌も穏やかな良い天気だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2013

さっそく…

さっそく…
さっそく…
さっそく…

山葵はおひたしに、行者ニンニクはジンギスカンに投入。妻にあらかじめ今日の夕食はジンギスカンにしておくれと頼んでおいた・・。

「行者ニンニクの食べ方は、私的にこれしかない!・・。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妻に印刷を頼まれ、プリンターが稼働している間に、毎年繰り返している上のフレーズ・・。いったいいつからUPを繰り返しているのかBLOGの過去のエントリ-を調べてみた。2012年間から順繰り探っていくと、「あった!あった!!」と妻と大笑い。なんと!2005年から続いていたのである。もちろん、ほぼ同時期にである。8年間だ・・。

「変わりばえしない男だね・・。」と捨て台詞を残しつつ、妻は部屋から去って行った・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山の幸…

山の幸…
山の幸…
アズキナはまだ雪の下ですね。ギョウジャニンニクと山葵を少々…。

BOBさん、ガイドありがとうございました。帰ります…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

BOB氏と合流…

BOB氏と合流…
BOB氏と合流…
BOB氏と合流…
BOB氏と合流…
BOB氏、サクッと尺イワナ…。

しかし…、BOB氏と渓を遡行すると山岳渓流の釣りもスポーツであることを実感しますなあ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尺上連発…

尺上連発…
尺上連発…
尺上連発…
尺上連発…
ちょっと黒いけどコンディションは良い…。
1本目の渓を上がって林道を歩いている時、ハンターの方にお会いする。ハンターであるから、当然熊鈴などは持っておらず、突然現れて驚いてしまった。
ちょっと立ち話…。「良く一人でこんなところに入るなあ。ここはヒグマの通り道だ。」とハンター氏。「十分にわかっております。」と私…(笑)。

なんでも八雲町では春熊駆除を始めたそうだ。ついこの間も採石場で1頭仕留めたとか…。随分人里近くに出没しているようだね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山岳渓流開幕…

山岳渓流開幕…
山岳渓流開幕…
山岳渓流開幕…
山岳渓流開幕…
山岳渓流開幕…
どこも雪白で大増水だ…。川と流域を選ばないと釣りにならないね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2013

釣りに行けない週末は…

釣りに行けない週末は…
釣りに行けない週末は…
美味いものでも食いましょう…なんだけど、今のところ…。

今日は仕事では無かったのだけど、妻から頼みごとの野暮用消化日でありました。

明日は波が高いようだね…。極東へ赴いている友人たちの好釣をご祈念申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2013

マイライブラリー…

マイライブラリー…
マイライブラリー…
マイライブラリー…
マイライブラリー…
マイライブラリー…
先刻、無事帰着…。下のエントリー、上の2枚は同じアメマスの写真だね。どうして間違えたのだろう…。

ブラックバックのタイドで釣れたアメマスのフォトを外してしまったようだ。自分のためのメモリーフォトをUPさせていただきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ラウンド3完全復活…

ラウンド3完全復活…
ラウンド3完全復活…
ラウンド3完全復活…
ラウンド3完全復活…
ラウンド3完全復活…
数年前の大量死から、数は釣れても、型が小さい状況が続いていたが、ここにきて完全復活を宣言しても良いだろう。

72cm、65cm、61cm、63cm…。実は65cmの後に控えめに見ても軽く60cmを越えているアメマスをもう1本、ラインブレークでバラシている。ミノー付きのアメマスを産み出してしまって、アメマスには申し訳ないことをしたが、持っていかれたミノーは昨日から調子の良かったグリーンバックであった。

仕方なく、ブラックバックやオレンジバックを使ったが、同種同サイズであれば、フォトの通り、アメマスのバイトには関係ないようだ。連続で5本の60upは爽快であった。濁りが強烈であったので、警戒心が薄れたのかも知れない…。

一番トルクがあって重かったのは、、ガツンッ!とミノーの動きを止めた10kgの米の空き袋であった…。

帰ります…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

強烈な風と濁りの中で…

強烈な風と濁りの中で…
強烈な風と濁りの中で…
強烈な風と濁りの中で…
強烈な風と濁りの中で…
強烈な風と濁りの中で…
最初の30分はアタリさえ無かった…。牛川に移動しようかと思い始めた矢先、スプーンで待望の1本…。

それからも、スプーンを中心にポツポツ釣れ始めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2013

根室の夜…

根室の夜…
根室の夜…

現在、ストーブのぬくもりに包まれた部屋の中にいても、ゴォーとかビューンといった強烈な風音が部屋の中まで轟いている。窓から外を見るとまた雪から雨に変わったようだ。雨は地面と平行に降り、電線が大きく風に煽られ上下している。部屋に備え付けの受話器を手に取り、フロントにコール・・。先刻夕食の時に明日も朝食の代わりに弁当を頼んだのをキャンセル・・。明日は朝食を宿で食べることを告げた・・。

今日も花咲ガニは食膳を供せず・・。カニは残念であったが、キンキ鍋と和牛の陶板焼きは最高でした・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

冬だ…

冬だ…
冬だ…
冬だ…
冬だ…
冬だ…

午後から雨が降り出し、みぞれに変わり、そして本格的な雪となった。辺り1面は真っ白だ・・。道東地方の今時期の雪は珍しくは無いけれど、宿に戻った今も強烈な風と共に降り続けている。壮絶な春のブリザードといった感じである。明日の朝まで結構積りそうだね・・。寒かったけれど、12cmのミノ―に50upのアメマスががんがんバイトしてきた・・。久しぶりに道東のポテンシャルを感じた1日であった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっと…

やっと…
やっと…
やっと…

メジャーを引張り出す気にさせてくれた63cmのアメマス・・。ヒットルアーは12cmのロングミノ―だ。ここでの私のレコードは72cm。その時も確か12cmのミノ―であったようなような気がする。比較的活性が高い時には、ミノ―のサイズはある程度大きくても関係ないようだ。30cmのアメマスでも12cmのミノ―に食らいつく・・。今日はスプーンや小型ミノ―では、バイトはあったけれど、大型は釣れなかったね。50upは全て12cmのミノ―であった・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラウンド3…

ラウンド3…
ラウンド3…
ラウンド3…
ラウンド3…
ラウンド3…

先客は一人。馬の背に乗っかって釣りをしているようだ。私ともう一人のルアーマン1名、フライマンが4名がほぼ同時に入る。核心部を中心に結構反応がある。しかし、型は小さい・・。

スプーンやサバなどの小型のミノ―に連続してチェイスしてくる。時折ヒットを繰り返した。フライマンもルアーマンもコンスタントに上げている。しかし、この時点では大型は釣れていなかったように思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラウンド2…

ラウンド2…
ラウンド2…
ラウンド2…


激スレ・・。
核心部にもじりは、あちこちで見られるのだけど何を流しても反応が無い・・。結局、両端で2本で終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラウンド1…

ラウンド1…
ラウンド1…

いつものラウンド1でした・・。
5本目のアメマスをランドしている最中に、車が2台滑り込んできた。うんっ!?、仲間内か?・・と思いきや見ず知らずの人であった。ラゲッジルームからウェーダーを引っ張り出していたから、釣りが目的であるのは間違いがないだろう・・。なんか、あずましくないので即刻撤収した。ここでは、仲間内以外に出会ったことは無いのだけどね・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2013

根室民宿いわさき…

根室民宿いわさき…

泊り客で夕食を頼んでいたのは私だけであるかもしれない・・(笑)。部屋は結構塞がっていた。仕事関係で連泊していて、土曜日であるので、本宅に帰っているのかもしれない・・。

ナマコの酢の物、ホタテの紐の中華和え、イイダコのぬたは絶品でした・・。日本酒党には最高ですね!。カニは花咲を期待していたのだけど、時期的には品薄なのかな?、タラ鍋は、個人的にあまり好きではないのだけど、雑炊にすると最高にうまいです!。

今日も・・相変わらず、食べすぎです!(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

別寒辺牛川河口PART2…

別寒辺牛川河口PART2…
別寒辺牛川河口PART2…
別寒辺牛川河口PART2…
別寒辺牛川河口PART2…
別寒辺牛川河口PART2…

これは!?・・と思うアタリが2度ほどあったが数秒でバレ・・。まあ、逃がした魚は・・の世界であるし、私の上流側で釣っていたルアーマンのロッドがパットから曲がっている状態を見る。かなりの時間を弄してランドしたアメマスはスレであったから、私のこの2本も怪しいものである(笑)。

追いは頻繁にあり、ショートバイトも多かったがトータル30本近くは釣れたと思うが、型は最高でも50に届いていないね。まあ、明日からに期待である・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

別寒辺牛川河口PART1…

別寒辺牛川河口PART1…
別寒辺牛川河口PART1…
別寒辺牛川河口PART1…
別寒辺牛川河口PART1…

現着11時30分・・。別寒辺牛川河口域は、強烈な風が吹き荒れていた。しかし、風向きはフォローである。これならば問題は無いであろう。例によって鉄道軌道の脇を通って河口に向かう。途中すれ違ったフライマンに状況をお聞きすると、朝から釣って50本くらいランドされたそうだ。型物は朝のうち数本・・、後は小振りなアメマスが多かったとか・・。飽きたのでもう帰るとか(笑)。

河口手前100m位の所から、川に立ち込み少しずつ下流側に移動する。アメマスからのバイト頻繁あったがバレが多い。釣れてくるアメマスも私の別寒辺牛川河口のイメージにはほど遠かった・・。タイドの12cmのミノ―に35cmのアメマスが食らいつく・・。

河口域ドン尻にはたくさんのフライマンがロッドを振っていた。朝方はわからないけれど、この時間は連発という状況ではないようだ・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2013

ビジホの朝食三景…

ビジホの朝食三景…
ビジホの朝食三景…
ビジホの朝食三景…

先週末、金・土・日と怒涛の三連荘の宴会と日中は休日返上のお仕事をこなし、やっと多忙期の峠を越えた。当然釣りに行ける時間は確保できなかった。しばらくBLOGの更新もしていなかったので、以前からUPしようと思っていた三月の下旬に道東方面に遠征した時に利用したビジネスホテルの朝食を紹介でもしようか(笑)。

一番下はスマイルホテル。出発前夜が苫小牧の繁華街で宴会があったため、錦町の宿を取った。以前にどこかで記したとは思うが、セカンドハウスへの帰路にタクシーを利用するよりもホテルに泊まったほうが安いのである。この日のホテル代は朝食込みで4K円。駐車代金は無料である。朝食も品数は少ないが一応バイキングである。苫小牧名物のホッキ飯がすこぶるうまい。個人的にはこいつと味噌汁と漬物だけでも十分である、この値段設定であれば全く文句は無い・。

真ん中は、帯広のふくいホテルの朝食。ここはビジネスホテルではあるが温泉付き。泉質はモール温泉(植物性の有機物を多く含んだ温泉)。十勝川温泉と同じ泉質だね。朝食は4種類から選べる。和定食、洋定食、中華粥定食、フルーツ中心のコンチネンタルである。洋定食を頼んでパンの替わりにご飯なんていうバリエーションも可能だ。サラダやドリンクなどは一部バイキング形式となっている。朝食代は1K円。2Fのレストラン「バイブレーン」は夜の部でも有名であり、味が悪いわけがない。

一番上は釧路パコの朝食。とにかく品数が多い。バイキングであるから当然食指の動くもののみチョイスするわけだが、私が皿に盛った料理の品数は、並べられた料理の10分の一くらいだろう。料金は1.05K円。もちろん、何を食べてもおいしいと思う。ここのビジネスホテルも温泉で、寝湯の頭に充てる冷えた金属の枕が心地良い。釧路の繁華街がある末広町界隈のホテルは、ここやラピスタなど一昔前に比べると高価になったね。観光客の釧路人気が影響していると思うが・・。本州方面からの旅行プラン定番宿であるプリンスや全日空には温泉施設が無いので、知っている人はこちら側に宿を求める。オフシーズンでも直前では宿の確保が難しくなったね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 06, 2013

やっと…

やっと…
やっと…
やっと…
サクラの呪縛から解放されました…。午前中はお仕事にて、往復移動時間が4時間、実釣時間が3時間ではありました…。我ながら根性です(笑)。

帰ります…。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »