« July 2012 | Main | September 2012 »

August 26, 2012

壮絶…

壮絶…
壮絶…

朝2時半に起床。今月一杯で河口規制が敷かれる登別川河口に行ってみた。まだ真っ暗な中、浮きに電ケミを付けてキャストをしている人・・、河口両岸で蠢いている人、ざっと見40人くらいであろうか・・。この光景を見た時点で、釣りは諦めた。以前であれば人の数にひるむことなく、さりげなく列に加わったものであるが、なぜかそんな気が起きなかった・・。

暗闇の中、ヘッドランプを付けてキャストを繰り返している釣り人を眺めていた。時折、バチーンという音が聞こえる。ラインが切れる音だ。暗いからロッドの先端にラインが絡んでも、見えない。ラインの先についているのは40g以上のスプーンである。こいつを付けて、ラインがロッドの先端に絡んだままフルキャストするものだから、ひとたまりもない・・。そうこうしているうちにも続々と釣り人がやってきた。明るくなってざっと数えてみたが、軽く70人は突破していただろう。

釣果の方は、5時過ぎくらいまで見ていたけれど、川の流れ込みの方向となる左岸側で5本かな・・。その後、白老海岸を偵察。あらゆる場所で、聞きしに勝るぶっこみ用ロッドの林立・・。大きなため息が出た・・。今の私にはこの状況をもろともせず、果敢にアタック・・・は無理です。心身ともにアキアジ戦線から脱落です・・。

伊達界隈の河口アキアジが本格化したら、レンタルボートで沖から狙います(笑)。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

August 25, 2012

Konchan号でイカ領域へ…

Konchan号でイカ領域へ…
Konchan号でイカ領域へ…
Konchan号でイカ領域へ…
Konchan号でイカ領域へ…
Konchan号でイカ領域へ…

KONCHANから、イカ釣りのお誘いを受けた。メールが入ったのが昨日の9時過ぎである。私は既に本宅に戻っていた。オフショア用の仕掛け等は全て、セカンドハウスに置いてあり、本宅にあるものといえばロッドと電動リールくらいのものである。とりあえず、ロッドとリールがあるから釣りはできるだろう。ということで、参加表明のレスを返した。

海況はまずまずの凪で、KONCHAN号は目的の海域目指して快走していった。現地は曇天で暑くも無く寒くも無く、気持ちの良い釣り日和であった。ただ、イカの定位している場所がほぼべた底の130mライン・・。巻き上げに時間がかかって手返しが悪く、底で喰いついたイカが抜き上げ中で外れてしまう。それでも、50杯は釣れたであろうか。KONCHANは、軽く100杯は超えていただろう。やっぱり、腕と手返しの巧さの差だね。船上で釣り上げたばかりイカを捌いて刺身にしてもらった。透き通ったイカの身の味は格別であったことは言うまでも無い。

KONCHAN、大変お世話になりました。ありがとうごさいました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 22, 2012

ウエダのロッド ラインナップ…

ウエダのロッド ラインナップ…

ウエダが今月いっぱいで廃業となるそうだ。困ったなぁ・・。
私は道具のことをエントリーの話題にすることはめったにないのだけど、今回の件はちょっとショックが大きいね・・。

私は自称ウエダフリークで、夏冬の海アメ狙いで使用しているシマノのカーディフモンスターリミテッドとダイワのブランジーの以外は、全てウエダのロッドを常用している。数あるロッドの中の1本がウエダであるというわけではないのだ。

イワナとヤマメしかいない山岳渓流では、河川規模によってSTS(サーフェイストウィッチャー)とSSS(スーパースティンガー)を使い分けている。山岳渓流でもアメマスやニジマスが釣れる可能性がある場合、また平野河川、西別川の釣り、そして然別湖などのボートフィッシングなどではTSS(トラウトスティンガー)を使用している。TSSはもう1本9.2fをSLTやSSTの予備竿として所持している。阿寒湖や朱鞠内湖、別寒辺牛川などの極東河口域はSST(スティンガーディープ)、カラフトマスや十勝川はSLT(スティンガーラックス)、別寒辺牛川上流域のように抜き上げが必要な川では、バッドが強靭なGS(ブラッキングスピン)といった按配である。

今回ウエダ廃業の情報を得て、高価ではあるが、年間を通じて1番使用頻度の高いTSSだけでもストックしておこうかと考え、あちこちの通販サイトを見たけれど全てSOLD OUTであった。

折れたら終わりかい!・・。まあ、だからといってケチって使うわけにもいかないよなぁ・・。釣り道具は床の間に飾っておくものでは無く、使って何ぼ!の世界であると思っているので、これからもガンガン使うことにいたしましょう!。もし・・損傷したら、その時にどうするか考えるしかないよなあ・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

旬をいただく…

旬をいただく…
今朝のお話…。
今回の知床釣行では、メスは2本しか釣れなかったので、ストックできるだけの量は確保できなかったけれど…。

私の中では、昨日のチャンチャン焼きもそうだが、食材を通して季節の移ろいを感じることができる代物…。

満足です!(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2012

さっそく…

さっそく…
さっそく…
1日遅れだけど…。
カラフトマスのチャンチャン焼き…。

しみじみと美味しいです。今年も食べられて良かったね…(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2012

知床に乾杯!

知床に乾杯!
知床に乾杯!
知床に乾杯!
知床に乾杯!
知床に乾杯!
結局…、11本ヒット、7本ランド…。

来て良かったね…(笑)。本日撤収、帰ります…。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

滝の下…

滝の下…
滝の下…
滝の下…
滝の下…
今朝がた滝の下に入ったのは4人。後から2人やって来たが、比較的空いていたと思う…。

6時の時点で、7本ヒット、4本ランド。スプーンがことごとく波打ち際でバラシ…。ちょっと強引過ぎたかな(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一人、宴会…

一人、宴会…
本当は、一週間前の予定であったのだけどね…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

カモイウンベ…

カモイウンベ…
携帯握りしめたまま、寝ていました(笑)。

現着15時30分。餌氏3人、浮きルアー氏2人、ルアー単体私も含めて2人。私が入ってからは誰もヒットせず…。

朝からやっていたという餌氏に状況をお聞きするも、朝の時間帯にしか反応は無かったとか…。

誰も居なくなって、核心部でタスマニアンを引っ張るも、相変わらず反応はない。撤収間際に小さい群れが入ったのが確認できたが、ルアーには全くカラフトから反応は無かった…。

明日に期待です!。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 18, 2012

無人…

無人…
無人…
……。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ちょいと、知床へ…

ちょいと、知床へ…
ちょいと、知床へ…
散歩がてらに…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2012

暑いね…

暑いね…

昨日からの雨の影響か、強烈に蒸し暑い。湿度が高いのだろうね。
とある事情でお盆休みを返上し、毎日職場に出ている。お昼は毎日店を変えながら蕎麦を食べているような気がする。今日で6日目・・。こんな生活ももう少しで終わりだね。しかし、店によって蕎麦も蕎麦汁の味も微妙に違って千差万別だ・・。

好みの味の蕎麦を見つけるのは難しいね・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2012

積丹沖産ブリ…

積丹沖産ブリ…
積丹沖産ブリ…

意外とブリって安いんだなと思いました・・。まあ、物の値段を良く知らないという所以かもしれませんが・・。70cmクラスでも1k円台。こいつと、ヤナギノマイ、写真にはありませんがアユに食指が動きました。良い海鮮物があれば購入しようとクーラーに氷まで入れて持参したのですが、結局購入せず・・。明日は結婚式に出席、明後日からは家にいないので、食べる機会がない・・。アユは滋賀産でした。北海道産なら本日食べるために、間違いなく購入したでしょうね。クーラーには留寿都村の豆腐屋で買った厚揚げと道の駅で買った野菜類を入れて帰路につきました(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行列のできる店…

行列のできる店…
行列のできる店…
基本的に並んでまで食べるのは好みではないが、赤ウニ丼(馬糞ウニ、ガンゼ)が安く食べられるというので、並んでみた。

確かに、これで2.7k円は安いかも…。去年の寿司屋は4.5k円だったからね(笑)。ご飯も普通か酢飯かを選択できるし。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

夕張へ…

夕張へ…
夕張へ…
毎年恒例の妻方の墓参り…。以前、義理の母が働いていたというメロン農家に顔を出すのも恒例となっている。

車の中が、メロンの甘い臭いで充満している。メロンもお盆で終了であるそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2012

苫小牧にて…

苫小牧にて…
苫小牧にて…
朝食を採った時間を省くと釧路から4時間半掛かった計算になる。今朝は、白糠から本別に抜け、そこから高速に乗った。

後はずっと高速で、苫小牧西インターまで…。料金もETCの恩恵で、2800円にて…。

道東は本当に近くなりましたね…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 04, 2012

釧路の夜ファイナル…

釧路の夜ファイナル…
釧路の夜ファイナル…
釧路の夜ファイナル…
釧路の夜ファイナル…
釧路の夜ファイナル…

事前に妻と「あぶり屋」のHPを見てメニューをチェックしての来店であった。妻とは、普段なかなか食べられない物を注文しようということで話していた。ホヤの塩辛、イカの味噌ゴロ焼、蝦夷ハモの焼き物、鳥の白レバー、釧路漁港サラダどれも逸品であったけれど、子持ち昆布の串揚げが絶品でありました。酒はもちろん地酒の北の勝、〆はかどやのつぶやきにて・・・言うことありません。

釧路の夜ファイナル・・満喫いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花咲カニをゲット…

花咲カニをゲット…

本当の旬にはちょっと早いが、せっかく道東に来たのだから、花咲ガニを購入した。道東方面での花咲ガニの購入は、先のエントリーのように霧多布岬の売店なんていう例外もあるが、個人的には大手市場や観光客を対象とした店では買わない方が良いと思っている。今回ゲットできたのは、釧路のジャスコ。

道南・道央辺りのイオン系スーパーは毛ガニはよく見かけるが、花咲ガニはほとんど姿を見ることは無い。地元の人が買い物をする大手スーパーで買い物をした方が、値段も安いし品物も良い。秋サケのシーズンでは、生筋子も同様だね。今回は、小振りではあるが、身入りの良いものを選んで1杯390円でありました・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

琵琶瀬展望台から…

琵琶瀬展望台から…
琵琶瀬展望台から…
琵琶瀬展望台から…
琵琶瀬展望台から…
琵琶瀬展望台から…
霧多布岬へ…。
昼食に食べた牡蠣約20個が胃から下に落ちていかない(笑)。

今から30年くらい前、親父やお袋が元気だった頃、霧多布岬の売店で、威勢の良いおじさんから1杯300円の花咲カニを10杯買って、根室の民宿でパリポリと家族で食べた思い出がある。霧多布岬へ訪れるのもそれ以来本当に久しぶりだ。近くには年に何度も来ているのに(笑)。

「今もあの売店あるのかなあ…」そんな話を妻と車の中で話していたのだが、岬に着くと古びた売店があった。売店にはかなり高齢の話好きのおじいちゃんが一人で切り盛りしていた。

この売店だったかなあ?。なにせ30年も前の話だから記憶も曖昧である。北海シマエビはあったが、花咲カニを売っている様子がないので、聞いてみると…。

「わしゃあ、昔から花咲カニを300円で売っているが、今は昆布漁が始まってしばらく手に入らない。」思わず妻と顔を見合わせた。

あの威勢の良かったおじさんが、今目の前にいるおじいちゃんなんだ…。まぁただそれだけの話なのだけと、時の流れを感じ感動しましたね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浜中観光十景…

浜中観光十景…
浜中観光十景…
浜中観光十景…
浜中観光十景…
良い天気ですなあ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牡蠣尽くし…

牡蠣尽くし…
牡蠣尽くし…
牡蠣尽くし…
厚岸にて…。
本日のメインイベント終了(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気分は惨敗…

気分は惨敗…
気分は惨敗…

全く釣れなかったわけではないが、バラシも多かったし自分の思うような釣りができなかった。TOM氏ご夫妻にお会いした。HIROSHI氏は大分先に進んでいて、TELで状況はお聞きできたが、結局会えなかった。TOM氏は76cm、67cmを筆頭に型物を連発していました。お見事ですね・・。

私はとりあえず、道東海アメファイナルです・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2012

釧路港祭り…

釧路港祭り…
釧路港祭り…
釧路港祭り…

釧路の港祭りを最後に見たのは小学校の時だから、40数年ぶりだね。
寒いっス・・。この時期に寒いなんてほざいていたら本州の人に怒られそうだけど寒いものは寒いのである。15度くらいしかないのではないだろうか。Tシャツの上に半袖のャケット羽織って街に繰り出した。私は我慢ができたけれど、妻が寒さで悲鳴を上げる。即刻撤収いたしました・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

釧路の夜…

釧路の夜…
釧路の夜…
釧路の夜…
釧路の夜…
…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

達古武木道から…

達古武木道から…
達古武木道から…
達古武木道から…
細岡展望台へ…。
昼飯、食べられませんでした(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釧路川を釣る…

釧路川を釣る…
枝しか釣れません…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

コッタロ湿原…

コッタロ湿原…
コッタロ湿原…
コッタロ湿原…
おじさん的には、この階段は辛かった…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝から元気に…

朝から元気に…
一仕事終えた後なので、朝食がうまいです!。でも…やっぱり…、食べ過ぎたよなあ…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

濁ったり、澄んだり…

濁ったり、澄んだり…
濁ったり、澄んだり…
濁ったり、澄んだり…
濁ったり、澄んだり…
1級ポイントの旗前は、数頭のイルカに占拠されていた。しかもミノーの射程範囲を悠々と遊泳している。こんなに波打ち際近くにたむろしているイルカを見たのは初めてのことかもしれない。

きっと、アメマスが溜まっていたのだと思う。ミノーを流してみたが反応は無かった。それよりも万が一、イルカがミノーに食らいついたら…と思うと恐くて、キャストを続ける気が起きなかった…。

仕方無く近くの切り株前へ。こっちにも居ました。結局3本6バラシ…。波打ち際でドスンッ!ときた奴間違いなくランカークラス。残念ながら10秒でバレ…。

本日、タイムアップ…。明日は、もう少し波が落ちると思うので、間違いなく釣りにはなります。某方様(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2012

釧路の夜…

釧路の夜…
釧路の夜…
釧路の夜…
釧路の夜…
生牡蠣にキンキ、酒は根室と釧路の地酒、北の勝、福司が最高でした…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

厳しいね…

厳しいね…
厳しいね…
厳しいね…
今のところ…。

波は思っていたほどではないが、濁りが強烈だ。下の写真がいつものサーフで、上が煙突裏。いつものサーフは、写真ではわかりづらいがダークブラウンの波の華が海岸一帯を被っている。

煙突裏は、ゴミはないが濁りがきつい。明日予報では、沿岸一帯波は落ちるが、台風のうねりがちょっと沖合いまで押し寄せてきて、微妙である。

さてと、どうしたものかな…。

ところで、現在の釧路の気温・・車の外気温計で17℃・・・。道南でもここ数日は連日30℃前後まで気温が上がっていた。体調管理が大変だね・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

避暑…

避暑…
数日前まで、連続真夏日であった十勝なのに現在の気温20℃…。

涼しいを通り越して、肌寒さを感じる…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

札内スマイルパーク…

札内スマイルパーク…
札内スマイルパーク…
札内スマイルパーク…
釣りが目的では、また単独ならまず立ち寄ることはないだろうなあ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道東行脚…

道東行脚…
道東行脚…
妻と共に…。
メインイベントは墓参りにて…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »