« April 2012 | Main | June 2012 »

May 27, 2012

苫小牧の朝…

苫小牧の朝…
苫小牧の朝…
しかし…、飲み会の度にホテル泊まりというのも切ないね…。

良い天気です。さあ、張り切って仕事をしましょう(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 26, 2012

釣りに行けない週末は…

釣りに行けない週末は…
釣りに行けない週末は…
うまいものでも食いましょう・・なんだけど。
今日は、午前午後に分かれて、それぞれ別の団体のイベント、会合に参加。夜はお決まりの懇親会に出席…。夜の懇親会は、携帯取り出して料理の写真を撮れるような雰囲気ではなかった(笑)。

お偉方ばかりで緊張したけれど、色々な話ができて良かったッス。
今、ホテルの部屋に戻って一息(笑)。明日もお仕事にて…。天気も良さそうなのに、残念だね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2012

旬だね…

旬だね…

昨日、朱鞠内湖の帰り道、夜の一杯の肴を求めて旭川の某スーパーに立ち寄った。あまり期待していなかったのだけど、思わぬものを発見・・。そういえばそろそろ旬だよね。殻付きのものは今の季節しか食することができない。去年は友人より、BOB氏ゆかりの宿にて、おすそ分けを頂きました。

シャコはいろいろ曰くがあって好みは分かれるところであるけれど、私の中ではブドウエビよりは下位であるけれど、ボタンエビよりは上位にランクしております。両端にはさみを入れるのが面倒であるのだけど、スパッとうまく身を剥がせた時には快感であります(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2012

士別の朝…

士別の朝…
士別の朝…

朱鞠内湖の湖畔に立つ「レイクハウス朱鞠内」の宿を確保できなかった時点で、日曜日の釣りは諦めた。まあ、朱鞠内湖のベストシーズンである週末に、木曜日に予約の電話を入れても取れるわけがない。それで、宿は士別市の郊外にあるビジネスホテルを確保した。

だから、土曜日は目一杯釣りをしようと朝の4時に渡船。帰りは・・・、午後6時のマックスにてお願いした。漁組の方が、6時を過ぎるかもしれないとおっしゃっていたが・・。結局、桟橋に着いた時刻は、7時半を過ぎ辺りは真っ暗であった。その最終便に朱鞠内湖のあちらこちらで釣りをしていた人が10人くらい乗っていたのも驚いてしまった。タフな人たちばかりだね(笑)。私なんかは、太陽が山陰に入った夕方6時を過ぎると、ひょっとして忘れられているのかも・・と非常に不安な気持ちになり、6時半を過ぎた時点でTELを入れる始末・・。すると漁組の方が「今の時間帯が、最高潮です!。チャンスですよ!。もうちょっと頑張ってください!。」とこの私が激を飛ばされる始末(笑)。

ある意味、とことんまで釣りをしたいという輩のニーズには合っているのかもしれない。夕マヅメ日没ぎりぎりまで釣りをさせてもらえるのだから、感謝しなければならないのかもしれないね。まあ、初めてであったから様子が分からず戸惑った面もあったが、また来れる機会があったら、釣り場所の選定も自分の意思で狙って釣りをしてみたい。

しかし、リールはあずましくなかったなぁ・・。10gのバッハでさえ、キャストごとにパッキングのナイロンラインまで出てしまう・・。次回は装備も万全で臨みたいと思いましたね・・。

さてと・・、帰りますか。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 19, 2012

有終の美…

有終の美…
有終の美…
有終の美…
2本目のイトウがお別れの挨拶に来てくれました。

本日撤収…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱鞠内湖のアメマス…

朱鞠内湖のアメマス…
朱鞠内湖のアメマス…
朱鞠内湖のアメマス…
念願叶いました…。
朱鞠内湖のアメマスは、サクラと見間違えるようなシルバーメタリックのコンディションの良いアメマスでした。
朱鞠内湖の3目達成!って…、1本ずつだけど(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱鞠内湖の…

朱鞠内湖の…
朱鞠内湖の…
朱鞠内湖の…
サクラマスはシルバーメタリックできれいですな。

アメマスが釣りたい…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱鞠内湖へ…

朱鞠内湖へ…
朱鞠内湖へ…
朱鞠内湖へ…
初めてのフィールドであったので、行き先は船頭におまかせ…。

浮き島という所らしいが、一昨日に朱鞠内湖アタックを決めたので、時前調査はしておらず薄暗い中を船が走り出したので、この島が朱鞠内湖のどこにあるのかさえわからない。大きさは阿寒湖で言えばヤイタイ島くらいか…。

リールに山岳渓流用のシャロースプールを、間違って装着・・、重量スプーンやジクはラインが足りなくてキャスト出来ない…。

で・・・、5gのスプーンで75cmのイトウ…。

アメマスが釣りたい…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 13, 2012

昨日の続き…

昨日の続き…

今日は道南方面にアズキ菜・タケノコを求めて走る予定であったが、連日4時起きはやはり無理であった。仲間内で待ち合わせ等、約束でもあれば、相手に迷惑を掛けられないという危機管理からなんとかアクティブに行動を起こせるのだが、単独ではやはり甘えが入ってしまう・・。まあ、無理は禁物である。イメージだけは若い頃と同じような計画を立てるのだけど、実際に行動を起こす段で最近挫折することが多い。これはある一定の年齢になれば、誰もが経験することであろう。しかし若い連中には、私もその時分には全く共感できなかったが、次期にそうなるとは語っても実感は沸かないだろう。歳相応の釣り・・今後も考えなくてはいけないね・・。

はしりのワラビは格別でありました。なんと!、義理の母が友人に、昨日私が採取したウドとタラの芽を進呈したら、代わりにアズキ菜をいただいたとかでお裾分けいただきました。果報は寝て待て・・ですね(笑)。私がBOB氏から教えていただいたアズキ菜畑は、本宅から3時間掛かります。アズキ菜だけの目的で、アタックするのはリスクが大きいですね。

母の友人・・どこでアズキ菜を採取したのでしょうね?。登別・室蘭界隈も車で15分も走れば、渓流・山懐に入り込むことができます。渓魚の存在はともかく、どこかにアズキ菜の群生地があるのでしょうね・・。探索してみたいです。なかなか、そういう時間が無いのですが(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2012

さっそく…

さっそく…
さっそく…
さっそく…

ウドは天麩羅と酢の物にて、タラの芽はやはり天麩羅でいただきました。好き嫌いは好みが分かれるところですが、私はウドの強烈なエグ味も好きですし、タラの芽のマイルドな甘みもある食感も好みであります。いただきもののシイタケも添えて、春を満喫させていただきました。

ところで、仲間内が今週末阿寒湖へ繰り出しているのだが、当地はとんでもない気象状況になっているようだ。積雪5cm・・?、北海道とはいえ、5月中旬だよ!。フィッシングランドの渡船サービスは本日は営業休止であったとか・・・。先週私が赴いた時は、土砂降りの豪雨という状況であってもしっかりと渡してくれたので、今日は先週以上に凄まじい天候模様となっているのだろう。先週とは違って、風も北寄りの風で、南岸は吹雪模様の強烈なアゲインストとなっていたらしい。

明日は、天候も回復傾向であることから、良い釣りができることを期待申し上げたい。「嵐を呼ぶ男・・ムラ氏」も2日続けての天候模様を支配するカリスマ性は無いでしょう(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニジマスと戯れる…

ニジマスと戯れる…
ニジマスと戯れる…
ニジマスと戯れる…
水温低いね…。
山菜の処理があるので、本日撤収…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ワラビを少々…

ワラビを少々…
ワラビを少々…
基本的にこいつはまだ早いわ(笑)。

さてと…、釣りに行くかな?。強烈に寒いです。朝方の気温…、ここら辺りで7℃でした…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高級食材…

高級食材…
高級食材…
高級食材…
これもパクリだね(笑)。タラの芽は、地域によって出方が違うね。苫小牧界隈で、群落を見つけたけど、まだ葉芽は出ていなかった。
今、桜の花が満開の地域は出ていると思うよ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウド畑を散策…

ウド畑を散策…
ウド畑を散策…
ウド畑を散策…
黒松内までは行かず、安楽に近場の洞爺湖の山林で採取…。

やっぱり、ちょっと細いね…(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お山へGO!

お山へGO!
お山へGO!
タイトル…、パクリもいいとこだね(笑)。

フキとコゴミを少々…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2012

50upが釣れたところで…

50upが釣れたところで…
50upが釣れたところで…
50upが釣れたところで…
50upが釣れたところで…
50upが釣れたところで…
イシカラ界隈を彷徨う。北岸は砂浜に限らずどこもコンスタントに釣れているようだね。
本日撤収…。
帰ります…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

最終日…

最終日…
最終日…
最終日…
最終日…
最終日…
砂浜は濁りが入ってダメです…。イシカラに移動しました。

こっちに来て初めて太陽の光を浴びました。30秒位でしたけど…。まだ断続的に雨が降っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2012

今日の釣り…

今日の釣り…
今日の釣り…
今日の釣り…

朝方はウダウダと旅館に居座っていたのに、HIGE氏の呪縛によって、11時には砂浜に立ち込んでいた。昨夜来から雨は降りっぱなしでカルデラの阿寒湖も水量が確実に多くなっていたようだ。昨日は水面に見えていた葦の類が全て水没していたから・・。

時折バケツをひっくり返したような豪雨と断続的な強風の中、湖水に佇んだ。風が吹くと横殴りの強い雨の中、風上に向かってキャストしなければならないのが辛かった。北岸の立ち位置からは左め斜め前方からの風・・。安直に正面や右側にキャストしてもラインが大きくたわんでリトリーブ時にラインが湾曲しでテンションが取れず釣りにならない。冬の日本海と違うのは、風が収まるタイミングがあったことである、その間隙を縫ってルアーを遠くに飛ばす。ピックアップ直前に喰ってきたアメマスもいたが、バイトのほとんどは沖であった。

概算、昨日は3時間で30本、今日は5時間で30本であったから、幾分活性が下がったのかもしれない。エリアが狭い分スレも早いとは思うが、この天気状況からまずまずの満足できる釣行となった。さて、明日はどうしようか。帰還日であるので昼上がりである。一発狙いの大物大島か、とりあえず型を見るのに魚影濃い北岸か・・・・。さて、どうしたもんかね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

もう限界…

もう限界…
もう限界…
もう限界…
もう限界…
身体に悪すぎ…。
時々行き交う観光遊覧船から嘲笑の声が聞こえてくる…ような気がする(笑)。

本日撤収…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

土砂降りの雨の中…

土砂降りの雨の中…
土砂降りの雨の中…
土砂降りの雨の中…
土砂降りの雨の中…
昨日よりは型がは良い…。でも、辛いッス。
一緒に乗ってきたフライマンとルアーマンのコンビ…、森から出てこない。何をやっているのだろうか?…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

結局…

結局…
結局…
結局…
結局…
結局…
Hige氏にそそのかされて、渡っちゃいました…。強烈な雨と風ですね。
現在8本…。修行僧にでもなった気分ですわ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一人戯言…

一人戯言…
一人戯言…
一人戯言…
一人戯言…


画像は、昨日の釣りのものです。

弟子屈は現在予報通り、結構強い雨脚で降り続いている。今日の天気予報やらアメダスの降雨・風速状況等、朝からPCと睨めっこしているのだが、良い情報は一つもない・・。阿寒湖の状況はどうなんだろうね。峠を登るが、車でここから40分ほどの距離なので、そんなに大きく状況、変わるものではないと思っているけれど・・。

昨日、帰り際に桶屋氏に「明日の朝、電話します。」と言って、フィッシングランドを後にしたが、まだ連絡を入れていない。部屋にいても聞こえる強い雨音にすでに釣欲は萎え、朝寝、朝風呂、さすがに朝酒はしないが、すでにまったりモードである(笑)。

元気な釣り人はもちろん、宿を予約している釣り人は、直前にはキャンセルできないと思うので、こんな天気模様でも湖畔に立っている人もいるのだろう。雨は、釣り自体が水ものなので暖かい時期であれば気にならないけれど、この時期は強烈に体力を奪われる。何よりあずましくないし、お年寄りには強烈に堪えるものだ(笑)。風がどうかな。北岸に向かって強い風が吹いていれば、風裏になる大島やボッケ、原野辺りしか釣りにならないだろう。大島は私とは相性が悪い。新調したばかりのウェーダー穴をあけたり、全く釣れなかったわけではないが、あまり良い思いをしたことがなかったりで・・(笑)。

極東も考えたけど、今根室界隈の海岸線は風速10m以上の風が吹き荒れているようだ。さてと・・どうしたもんかね?。雨の日の道東観光かい?・・一人で・・(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2012

雄阿寒岳 勇姿が見られず…

雄阿寒岳 勇姿が見られず…
雄阿寒岳 勇姿が見られず…
雄阿寒岳 勇姿が見られず…
雄阿寒岳 勇姿が見られず…
バッテリーが怪しかったので、UPを控えておりました(笑)。

正確に数えていないけど、午前中だけで50本はいったかな?。型は午後からの方が良かったですね。

1日中風はそうでも無いのに波がある。頭から何度も被りましたが、アメマスは砂浜前に溜まっていたようです。イシカラまで歩こうと思ったけど、終日反応が途切れず、ずっと砂浜に居ました。

明日は、釣りになるかな?。本日撤収…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

浮いているね…

浮いているね…
浮いているね…
浮いているね…
浮いているね…
浮いているね…
活性を推し量るバロメーター、ワンダーにも反応が良い。牛川で調子が良かったジグミノーは、一時入れ食い状態であった…。

粘るか…移動するか…、判断が難しいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

霧の阿寒湖…

霧の阿寒湖…
霧の阿寒湖…
霧の阿寒湖…
霧の阿寒湖…
霧の阿寒湖…
現着6時にて、現時点で30本は軽く超えているだろう。しかし、型が伸びない。アベレージ35cm位か…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »