« August 2005 | Main | October 2005 »

September 29, 2005

毛ガニと風邪薬

相変わらず訳のわからないタイトルだ(笑)
今週初めから、ずっと夜の会合やら会議が入っていて、連日帰宅は夜の9時を回っていた。「9時ぐらいでガタガタ言うじゃねぇ!」なんて声が聞こえてきそうだけど(笑)・・・・先週までの3連休ダブルの煽りか・・今週は、とても長く感じる。今日は朝からとあるセミナーに参加。この手の研修会は必ず定時には終了となるので、今週に入って初めて定時に帰宅できたよ。実は、釣行記やBLOGにはUPしていなかったのだけど、先週末のイワナさん達との釣行で、土曜日の朝一、一発目の尺上のイワナを掛けた時に浮石を踏んでしまい足を思いっきり捻ってしまった。激痛が全身に走ったのだけど、しばし休んでいると歩けそうなので釣りを続行した。

その日の行程は、通常より長く帰路の林道歩きは結構堪えたが、心配してくれる仲間の声掛けに「大丈夫!大丈夫!」応えながら後をついていった。この日なんとか歩けたので、最終日の釣りもよたよたと同行させていただいた。しかし・・我ながらアホだよな(笑)足首のくるぶしから踵に掛けて象の足のように腫れているのに釣りを続行だよ。日曜日から湿布を張り続けているのだけどなかなか腫れが引けないんだよね。やはり、病院にいかないと駄目かな?歩けるので骨折は無いと思うんのだけど、剥離という場合もあるし・・でも、おそらく病院には行かないだろうね。へたに病院に行ってギブスでも嵌められたらえらいこっちゃだ。週末に釣りに行けなくなってしまうではないか!なんて・・・考えている私は、やはりまっとうな人とは1本思考回路が狂っているよね。それは、十分に自覚しているのだけど(笑)

おまけに風邪もひいてしまったようだ。今朝からのどの痛みを感じて薬を飲んでいる。今週末は休養だね。日曜日は仕事だし・・

なんか、愚痴っぽくなって恐縮です。やっと、本題(笑)今日、妻が葬式の手伝いがあるとのことで、夕食の買い物を頼まれた。帰宅途中に近くのスーパーに寄った時に見つけたのが、写真の毛ガニだ。「前浜産浜茹でカニ、3杯で999円」と値札に書いてある。ちょっと小振りだが1パイ333円ということか。999円というのがなんとも訳がわからない値段だ。前浜というのがどこかわからないけどおそらく白老の虎杖浜かな?浜茹でということは、冷凍はしていないということなのだろう。何度も書いているけど私は、カニの中では毛がにはあまり好きではないのだけど、風邪で熱っぽい状態であったので食品売り場を回って歩いて、食指が動いたのはこいつだけ。発泡スチロールに並んでいるカニをいくつか持ち上げると結構ずっしりした重みが・・甲羅の割れもないし、足もげも無い。結局3杯購入したよ。

味は、そこそこ。味噌も溶けているわけではない。函館や釧路に並んでいる毛がにの味と遜色ないと思うけどね。まあ、市場に並んでいる一杯○千円のカニは購入したことが無いから何ともいえないのだけど。

以前、北海道OLMで本州の仲間と一杯やりながら、このカニの値段が話題になったことがある。その時に「安くて良いカニがあったら、送料着払いでもよいから送ってくれ!」と言う。「三杯1000円のカニに、送料2500円払うんすか?」と聞きなおすと神妙な顔をしていたっけ。(笑)

ああっ!そっか!!カニなどの生鮮食品は送料が従量制だよね。ある程度まで一定の値段。ということは・・・今回の場合・・カニを15杯買って5000円弱。これを送れば良いわけか?・・・う~ん・・・アホなことを考えているとまた、熱が上がってきたようだ・・・(笑)85ksh0108.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 25, 2005

撤収!

レポートのUPは、明日にでも・・2r5sh0107.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ルアーにも・・

rymsh0104.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドライへの反応が良くなってきた

2r4sh0106.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝方ちょっと活性が低い

2radvc00033_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続いて・・

2r9dvc00034_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目 さっそく尺UP!

2r8dvc00035_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2005

今日の釣り

いろいろ思考錯誤はあったのだけど、日本海側河川の最上流へ・・鳴かず飛ばずという感じであったけど尺上数本出たので良しだね。さて、明日は・・ryfsh0098.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

撤収!

歩いた!歩いた!
みなさん、ご苦労様でした。ryhsh0099.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイタケ!

トンビマイタケかなあ?rydsh0096.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月夜タケの群落

rybsh0094.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

型が良くなってきたよ!

rycsh0095.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一気に遡る!

ry9sh0093.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2日目

いきなり33cm!ry8sh0092.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2005

今日の釣り

いやいや、入川予定の川が1本は道路陥没で先に進めず。1本は工事で立ち入り禁止だ。一時はどうなることかと思ったけど、新規開拓河川でなんとか型が見られてよかったよ。ゲストの方もとりあえず満足でよかった。ls8sh0090.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼちぼち帰りましょう!

ls9sh0091.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナさん奮闘中

ls7sh0089.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと、狭いッス!

ls1sh0084.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

YASUDAさん奮闘中

ls5sh0087.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

YASUKEさん奮闘中

ls3sh0085.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深山幽谷

ls4sh0086.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2005

毒キノコ!!・・・注意!!

10年以上前になるが、朱太川の支流に上下分かれて職場の仲間とヤマメ釣りに入った折、その仲間がスーパーの袋に笠が茶色がかった扇状のキノコをどっさり採ってきた。合流するや否や仲間が「このキノコなんていう名だかわかるか?なんかおいしそうだべ・・」と言う・・・。私は、この時はまだまったくキノコには興味が無い時代で、もちろんこのキノコの名前を知るべくも無い。同僚は、嬉しそうに持って帰って食べるというのだ。

翌週・・同僚にあのキノコはうまかったか?と尋ねたところ、「いゃぁ~、家内に見せたところ・・怪しいというので・・保健所に持っていったんだよね・・そしたら・・月夜タケという毒キノコであると教えてくれたさ・・。食べなくて良かったよ・・」

いやいや、本当に食べなくて良かったとつくづく思うよ。この月夜タケ・・キノコに興味を持つようになってからわかったのだけど、日本ではもっとも中毒例が多いらしい。ドクツルタケやシロタマゴテングタケのようにアルカロイド系のアマニトキシンという毒素だったっけ??・・・1本で致死量なんていう猛毒ではないらしいのだけど、食べ過ぎると命に関わることもあるそうだ。なんでもムキタケやシイタケと間違うことが多いようだ。ムキタケは、以前にもHPやBLOGに妻が好物なので、好んで採取していると記したけど・・キノコにまったく素人の頃は月夜タケと間違わないよう神経を使ったものだ。

このキノコ、見分け方が容易なので、記しておきたい。柄の部分を割ってみると良いのだ。黒い染みがあれば間違いなく月夜タケだよ。ムキタケはそうではない。まあ、慣れるといちいち割らなくても笠の色だけで判別できるけどね。

下記の写真に、天然の状態で生えていた月夜タケと割ってみた時の写真を添付しておく。
tukiyo1
tukiyo2

秋の味覚として、渓流釣りの付録となる楽しいキノコ狩りではあるけれど、キノコは出始めから老成に至るまでその姿と形や色を変えるので、私のような素人は図鑑での同定は難しいよ。絶対に確信の持てるきのこ以外は口に入れないというのが鉄則だね。私は、これだ!と品種が同定できたキノコだとしても、またそれが大量に取れたとしても、ボリボリやラクヨウのように100%間違いの無いキノコ以外は安易に人にやったりはしない。いただいた場合も私が同定できないものは口にしない。

キノコ狩りは、秋の楽しいイベントではあるけれど・・・山中遭難やらヒグマとの遭遇とか、危険な要素もいっぱいある。なにより、キノコを採るなら毒キノコに対する知識はしっかり持って臨むべきだと思うね。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 19, 2005

ヌメリスギタケ

撤収!e2ish0082.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラクヨウ発見!

数が少ない・・e2hsh0081.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒松内の林

e2gsh0080.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尺上連発!

手持ちの全てのミノーで釣ってやるぜ!(笑)e2dsh0077.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おっ!釣りになるじゃん!

e2esh0078.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナも元気だ!

e28sh0073.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キノコも元気だ!

ボリボリ(ナラタケ)です。狙い通りに(笑)e29sh0074.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨で、カタツムリが元気だ!

e2csh0076.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調査釣行・・

昨日の雨で本流はちょっと無理か・・沢ならなんとか・・e2bsh0075.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2005

前浜・・

今朝、釣り人100人に6本上がったそうだ・・数が決定的に少ないとか・・

相変わらず、今年は一振りもしていない(笑)なんか、釣れる気がしないんだよね。cipsh0072.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

ああ・・ステラ・・

リールはシマノのバイオマスターを愛用している。フレッシュでは2000番から2500番、ソルトに手を出すようになってからは3000番から4000番も追加。私の釣りの頻度からするとだいたい耐用年数は1年持たない。もちろん、それぞれのシーズンに区切りがあるし、私になりのメンテナンスもしているつもりだ。それでも毎年1年に4台のリールは新規に購入しなければならない状態だ。

ただ、順当にトラブル無く使って1年持つという話で、アクシデントがあるとその限りではない。ご存知のようにスピニングリールは、フライ用のリールとは違って機構が複雑だ。水に浸けるのはご法度なのだ。フレッシュならまだ、きちんと乾燥させれば影響が少ない場合が多いが、ソルトではやはりなにかしらの不具合が残ってしまう。サーフで落としたら最悪だね。砂がギヤに入り込んでしまって即刻昇天だ。春先にやはり海水に浸かってしまった新品に近いリールを家で、パーツリストを片手に私の持ちうる全ての技術を駆使して(笑)復旧に挑んだのだけどやはりだめであった。リールを分解したことがある人ならわかると思うけど、リールはおびただしい数のパーツで出来上がっている。2500番で143個だ。ボルトにギヤにナットに etc・・

手に負えなければ、ショップに持ち込むという方法もあるのだけど・・オーバーホールは結構費用が掛かることは過去に経験済みだ。まして、バイオマスタークラスの価格から考えると修理費の割合は大きく、それならば新規購入の方を選んだほうが得策といえる。

またまた、前置きが随分と長くなってしまった(笑)表記のステラだが、これも皆さんご存知のようにシマノのスピニングの中では最高峰・・値段も高価だよね。私と同じルアーマンの仲間内ではこのリールを所持していないのは私だけでは無いだろうか。私は、基本的にリールは消耗品と考えているところがあって、前述したようなトラブルがあったりして、お釈迦になったらショックが大きいしと躊躇していたんだよね。私の場合使用頻度も通常の人よりはあきらかに多いし、手入れも丁寧とは言えないからね。

突然今回、このリールを手に入れてみようと思い立った。仲間たちから、このリールの素晴らしさは何度も聞いていたし、何より丈夫であるということに食指が動いた理由だ。ヤフオクで手ごろなものを探していた。ひとつ前のモデルだけどこれだ!と思えるものをウォッチリストに追加して、終了2時間前に入札。10分前に入札額が更新される。即刻さらに10k上乗せして再入札。これもまたすぐに高値に更新される・・・これ以上の深追いは止めた。

なんか・・腹の虫が治まらず、そのまま希望落札価格でツインパワーを2個落札してしまったよ・・(笑)
後悔は、全くしていないのだけど・・・同じ番手で、バイオで12K円、ツインで24K円、ステラで48K円あたりが、店によって上下はあるけれど通常の販売価格だろうか・・ステラ1台でバイオ4台分・・この価格差を気にしないで購入できる日が来るのは大分先の話になりそうだよ(笑)
ciosh0071.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 12, 2005

カニの値段

カニが嫌いな人には、何を言っているのやらという話題なのだけど・・・昔からカニやエビの類は大好きで、お袋の話では、子どもの頃からどこへ行っても食膳に供されるとむさぼるように食べていたと聞く。極めつけは、弟子屈に在住時小学校5年くらいの時だと思うのだが、根室管内の古多糠という部落に母方の親戚が住んでいた。そこで出された北海島エビを二袋(2Kg)を酒も飲まずにぺろりと平らげたらしい。これは、親戚の中では伝説になっていて、「将来、こいつは絶対飲んべぇになるぞ!」と親戚中から注目を集めていたようだ。私自身うろ覚えであるが、大人になっても親戚が集まるとその話を繰り返し聞かされたので、まんざら、うそ・・というわけではないのだろう。果たして、私は親戚中の期待通り「飲んべぇ」になったのであろうか?(笑)

今回のタイトル・・「カニの値段」また訳のわからないタイトルで恐縮だが、私なりにちょっと感じたことを書かせてもらいたい。北海道はカニのメッカだよね。毛がにやタラバを筆頭にズワイ(越前カニ)わたりガニに今回のフォトの花咲ガニ(磯ガニ)と種類は豊富で地元では割と安価で手に入るんだよね。まあ、花咲ガニは道南では地域柄かスーパーの食品売り場に並ぶことは稀なのだけど・・・・・私は、以前どこかでも書いたけど花咲ガニが1番と思っているので、他のカニにはあまり食指は動かない。釣りであちらこちらのホテルや旅館に泊まるとたいていの場合特別料理になっているこれらのカニを観光客はおいしそうに食べている。値段表見るとホテルによってまちまちだけど、決して安くは無い値段だ。最高で、私が見たメニュー表で「毛がにの姿盛り 1杯 12000円」なんていうところもあった。花咲ガニも3000円から4000円が相場であろうか。

釧路の大手市場や根室の海産物屋でも比較的有名なところは、私に言わせれば、人を馬鹿にしたような値札が付いている。でも、本州から来ている観光客はうれしそうに買っているんだよね。これは仕方が無いところだろうか・・

今回UPした花咲がに・・実は妻が私が好物なのを知っていて近場のスーパーで買ってきてくれたものなのだけど、いくらだと思います??・・1杯 380円ですよ。・・・・

2週間前に食べた毛がには680円・・・もっとも、私の妻は歳暮や中元などの贈答以外で、いわゆる一杯のおかずにカニで1000円を超えるものは買ってきたことがありません。(笑)まあ、北海道でも比較的カニが安く手に入る土地柄ではあるのですが、安いからといってよくありがちな、花咲で言えば実がスカスカとか、毛がにで言えば脱皮カニの類とかクリガニと言ったものではなく、ぎっしりと身が詰まった外子・内子付きの花咲であり、立派な毛がになんですよ。まあ、私は花咲の外子・内子には興味がありませんが・・

写真の花咲ガニ・・もちろん外子・内子付き、身もぎっしりでした。道東では市場や海産物屋で4000円値が付いていてもおかしくない代物だと思うんです。

だから・・・・カニの値段が、所によって同じ物が380円から4000円の開きがあることが不可思議なんですよ?高く売っている店にそのことを尋ねたら、「うちのカニは他とは違う・・・・第一・・・・・・」と延々と講釈を聞くことになりそうですがね(笑)

話し変わって・・・・明日から1泊函館出張です。私の職種の場合出張という言葉があてはまるのかどうかわかりませんが(笑)4t6sh0070.jpg

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 11, 2005

噴火湾オフショアの釣り

昨日(土曜日)、早朝合流後、HIROSHI氏と前浜のアキアジ釣りの様子を眺めていた。無風、ベタ凪状態。しばらく様子を見ていたが誰一人として水面を炸裂させた人はいなかった。ちょうど、知人が竿を振っていたの状況を聞くと、薄暗い時に1本上がったのを見たそうだがそれっきりだとか・・・・先週はポツポツ上がっていたというから、今回の台風で全て遡上してしまったということだろう。結局アキアジ用ロッドをボートに積み込むも一振りもすることは無かった
この日は、HIROSHI氏と船に乗ってオフショアからのアキアジ釣りを予定していたが、ショアからの釣り人に全く反応が無いようなので、アキアジをあきらめカレイを狙いに沖へ出る。しかし・・こちらも渋かったね。海水温が高く、マガレイは沖に飛散してしまっているようだ。ボート屋の親父の話では、例年定位しているはずのソウハチの群れも無い状況とか・・午後からのラクヨウにも振られて、なんか、意気消沈ムードであったけれど、夕刻伊達の宿でKonchan氏に合流。おいしいお酒と楽しい釣り談義で憂さを晴らした。
今日(日曜日)の釣り・・Konchan号に乗船させてもらう。凪予報であったのに帰りは結構吹かれた。でも、今年の1月のようにサクラマスのライセンス海域まで出撃しているわけではないので、帰りはあっというまと言う感じであった。昨日からHIROSHI氏と噴火湾エリアをオフショアから狙っているのだけど・・・やはり、こちらの海域でもしばらく気温の高い日が続いたことや先週の台風の影響は多からず少なからずあるようで、カレイ狙いも良い時に比べると渋いといわざるを得ない状況だ。マガレイ狙いは通常深くても15mライン。今回は35mラインでようやく反応があるといった状況であった。私の釣果はちょうど1ダース。まあ、家族で夕食のおかずには困らないだけの匹数を確保できたので良しとしよう。Konchan号のキャビンは波高くても飛沫を被らず、快適でしたよ。

HIROSHIさんご苦労様でした。Konchanさん、お忙しい中おつきあいまたスーパープレジャーボートへ乗船させていただきありがとうございました。

今回は、写真を…あまり取らなかったことに加えて、逆光で露出補正を怠り失敗作が多かったです。私の釣行記は写真がメインですので(笑)今回の釣行記へのUPは、ご容赦下さい。

また機会がありましたらよろしくお願いしますね。
Konchango

HIROSHISAN
Konchan

| | Comments (2) | TrackBack (0)

快釣!快釣!

4t5sh0069.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気持ち良いッス!

4t4sh0068.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地球岬沖へ爆走中

4t3sh0067.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

ラクヨウ早すぎ・・

引き揚げ・・4t2sh0066.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

撤収!

初日、二人でマガレイ3枚、アブラコ5本。4t1sh0065.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々のアタリ!

4t0sh0064.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

良い型のマガレイ

4szsh0063.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひろしさん 奮闘中!

4sxsh0062.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

前浜の朝

う〜ん・・4swsh0061.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2005

明日からオフショア

いよいよ、アキアジの陣のスタートだ。ここ数年であれば、前浜にアキアジの到着の報が入ると、なんとなく落ちつかず、居ても立ってもいられない状況であったのだが、今年は妙に落ち着いている。というよりは、なぜかアキアジ釣りに対してさほど食指が動かないのだ。理由は自分でもよくわからない・・・先週もアキアジ回帰の報は入っていたのだが、道南の本流アメマスの方に興味が傾いていた。8月の知床カラフトツアーで激込みの釣り場に嫌気が差した後遺症だろうか・・・・

とは言っても、北海道ならではの季節限定の風物詩的釣り・・・私が竿を出さないわけが無い(笑)明日から2日間オフショアでの釣りを予定している。同行者は札幌のHIROSHI氏と旧来の仲間Konchan氏だ。明日は、レンタルボートで、明後日にはKonchan号に乗船させていただく手はずになっている。Konchan号に乗船するのは今年1月のサクラマス狙い以来だ。

札幌のHIROSHI氏は、室蘭に飲みに来る予定(笑)一応釣りはするけれどもオプションといった感じだ。アキアジ釣りも初日レンタルボートでオフショアからやる予定ではいるけれど、メインはカレイになりそうだよ(笑)アブラビレフリークの私は今年は一度もカレイ釣りに参戦していない。小型船舶1級免許証もただの紙切れとならないよう有効に使いたいものだね。それよりも日曜日の、遊猟船ばりのGPS、魚探、レーダー、キャビンとフル装備のKonchan号への乗船も楽しみだ。

また、土曜日は伊達のホテルで一杯やる予定。飲みすぎて、日曜日に釣りならないという状況だけは避ける必要があるようだ。

天気良し・・・海況良し・・・ のんびりと潮風に吹かれて来ようか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2005

撤収!

いや〜歩いた、歩いた!今日1日で15Kmくらい歩きましたよ!
ほとほと疲れました。HIROSHIさんご苦労様でした!t8nsh0060.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

延々と歩き続ける。

疲れたなあ!t8msh0059.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かわゆいなあ・・

t8lsh0058.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さすが、HIROSHI氏!

アメマスゲット!t8jsh0056.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナちゃんですか・・

水量少な過ぎ・・遡上アメマスはいないかな?t8ish0055.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

別水系

t8hsh0054.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメマス溜

HIROSHIさんの下に10本くらい溜まっているよ!t8fsh0052.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HIROSHIさん、2連チャン!

t8gsh0053.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最初の1本

t8dsh0050.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清涼な流れ

t8esh0051.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水量多く笹濁り

t8csh0049.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

道東域・・これからが旬!!

スチールヘッドさん(毎回呼び方が違う 笑)や同じ室蘭在住の普段お世話になっている方々の道東遠征の報に、気分的に落ち着かない心持ちである。これからの季節道東域が旬だね。場所によって、狙うターゲットは様々ではあるけれど、アメマスフリークの私としては当然狙いは、遡上砲弾のアメマスだ。ファーストランはご存知のように産卵群・・こいつらは、定位せずにがんがん上流を目指すので、流域の選定を間違えると下手をするとボーズだ。落ち着いてじっくり狙うのなら、越冬遡上群のセカンドランだね。すでに、10月、11月の釣行予定は確定しているのだけど・・(笑)

今月は、明日はお仕事でお休み・・明後日は仲間と道南本流域のスラロームの予定・・来週は、当然アキアジだよね。キノコも取れると良いなぁ。3週は、一応、道東出撃の予定で、宿もキープしたのだけど、16日に義理を欠くことができない飲み会が入ってしまい、予定が微妙だ。4週は道南域で本州からゲストを迎える予定・・

私の本格的道東インは、10月に入ってからになりそうだよ。今年もどんなドラマが待っているのか今から楽しみだね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 01, 2005

結婚記念日

今年も覚えていて良かったよ。
過去には、いろいろ顛末が・・

遠征から帰ってきたら、表札が変わっていたなんてことになったら、何かと厄介だし・・(笑)


t89sh0047.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »