« July 2005 | Main | September 2005 »

August 31, 2005

噴火湾の海アメ

仕事で水族館へ。館の人の説明で、地球岬沖で漁師の網に巨大な海アメが掛かるらしい。胆振管内には目立った遡上河川はないので、気まぐれ回遊か・・日本海側というならわかるが、太平洋側でこのサイズとは正直驚いてしまった。道東方面から襟裳岬を回ってとも考えにくいし、もちろん日本海の海アメが渡島半島をぐるっと回って回遊してくるなんてもっとありえないよな。いったい、どこの川に遡上するのだろう??アメマスは、やはり謎だよ・・追伸だけど・・地球岬沖で、漁師の網にオオカミ魚がかかることもあるそうだ。t88sh0046.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 28, 2005

道東周遊終了!

先刻無事、室蘭に帰着した。今回の道東周遊・・・数はまあ、爆とは言えないけれど狙った場所で狙ったとおりに鱒が反応してくれたので、充実した釣りができたという感がある。HIROSHIさんご苦労様でした。また、ありがとうございました。

ムラさん、鋼頭鱒さんどうもです。
河口から、牛川まで林道入れても2時間くらいですよ。アメマスの遡上始まっていますね。牛川はまあファーストランでしょうが・・・これから、ますます期待できそうですよ。お互いの情報を共有しつつ情報戦でまず、勝利を勝ち取ることが良い釣果につながるような気がします。
olnsh0042.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

撤収!

素晴らしい天気。ちょっと暑すぎ。olqsh0045.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まずまず

olosh0043.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイクロスプーンの威力

先行者4〜5人の後だぜ。HIROSHI氏の40UP!olpsh0044.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の初ヒット!

45cmあるかな?
車の真ん前だぜ。olksh0040.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

反省会

気心の知れた仲間と飲むのはやはり楽しいよ。こんな時間まで話し込んでしまった(笑)さてと・・明日は・・g4bsh0039.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

撤収!

g49sh0037.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遡上砲弾!

g46sh0034.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牛川

g47sh0035.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

アメマスも釣れたけど・・

型が小さすぎ・・HIROSHIさん40UPg45sh0033.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナも釣れたし・・

g44sh0032.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本流の様子は?

g43sh0031.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

成瀬さん、お久しぶり!

彼のみアメマスの釣果!g41sh0030.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道東河口撃沈・・

HIROSHI氏の勇姿g40sh0029.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

現在石勝樹海

室蘭から土砂降りの雨が続く・・大丈夫か?aprsh0028.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2005

ちょっと、東に逸れたかな?

鋼頭鱒さん まいどです。
道南域の出撃は、宿に予約を入れているため、今日中には結論を出さなければなりません。 鋼頭鱒さんは今週末道東ですか?サーフも捨てがたいし、先週の雨でまちがいなく遡上しているでしょうね。

う~~ん・・・しかし、0511
台風の進路は道東ですね・・・

なんか・・私信モードになってしまいました(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

今週末の推移・・

読みが難しい・・・道東か?道南か?taifu-

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 21, 2005

撤収!

みなさん、お疲れ様でした。apqsh0027.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まずまずの数とサイズ

HIROSHI氏、トーシロー氏、ムラ氏との釣りappsh0026.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道南山岳渓流

aposh0025.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

雨降りの予定の休日

昨日の夜の時点で、今日・明日は雨模様の天気予報。当然、釣りの予定は見合わせ釣具のメンテと甲子園の決勝をテレビ観戦しようと思っていた。予定通りことは進んでいるのだけど・・(駒大苫小牧優勝おめでとう!)

天気が、すこぶる良いのだ。明日ももちろん予報では雨。でも、仲間から悪い誘いが・・(笑)

話は変わるけど、先日の知床カラフト釣行で使ったルアーを、塩分を水で洗い流し今日までずっと乾燥していた。ルアーは種類は少ないのだけど、数はあってランダムに使ったものだから岩場に擦れて大分針先が鈍くなっていたようだ。ヤスリで磨いて、防錆をかける。後は、来年までルアーボックスの片隅に1年間の眠りに着く予定だ。8ebsh0021.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 17, 2005

知床の余韻に浸って・・

タイトルと画像がミスマッチであることはしっかりと認識している。
今朝方知床入りしていたHIROSHI氏とハミ氏、予定通り船渡しで知床先端部へ出撃。これまた予定通り楽しい思いをされたようだ。釣果はもちろんだけど、回りの景観が実に綺麗だ。海と山とのコントラストそして色彩、そんな場所に数時間でも滞在できたら心底、安らぐよなぁ・・・・世界遺産に指定された知床半島にいつまで船渡しで先端に行ける状態が続くのかわからないけれど、来年は是非行ってみたいとしみじみ思ったよ。

HIROSHI氏の写真HIGE氏のつい先日の道東紀行の写真もそうだが「自然に抱かれて釣りをする」という、口ではうまく言えないけど・・妙に落ち着いた居心地の良さ・・安らぎのようなものがひしひしと伝わってくる感じだ。

私はといえば・・・先週の楽しかった釣りを反芻しつつ・・イクラ丼をパクつく。私のほうは、つくづく風情が無いよなぁ・・・
8e9sh0020.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2005

カラフトマスのチャンチャン焼き

相変わらずくだらないUPだとは思うが、釣ってキープした以上魚はおいしくいただく・・・それが何よりの魚への供養だとほざいた手前、その実証版だ。妻方の祖父母を呼んで恒例の樺太のチャンチャン焼きだ。最近メディアでも紹介されていることが多いので、ご存知の方も多いと思うが本州の方もおられるだろうから一応説明しておく。

チャンチャン焼きというのは、もともとは漁師の現地料理であるらしい。通常はアキアジ(チャムサーモン)が使われる場合が多いようだ。実に簡単で、豪快でまた大変おいしいと思う。紹介されているレシピではいろいろなやり方があるようだけど我が家では、1本のマス(サケ)を3枚に卸して半身をそのまま、ホットプレートで焼く。両面焦げ目ができるまでしっかり焼いた後好みの野菜を投入する。野菜は白菜・もやしなどの野菜類シメジなどのキノコ類・等好みに応じて適当だ。そして、味噌だれを絡ませる。この味噌は、酒とみりんと砂糖を適量混ぜたものだ。田楽風の味噌といったほうがわかりやすいか・・・火が通ったところで完成。後は箸でつつくだけだ。

このチャンチャン焼きを数年前北海道OLMの時に西別川氏が持ち込んだ「とき知らず」でやったことがある。「とき知らず」の価値を知っている輩からは「もったいねぇ~~」と歓声が上がっていた。(笑)もちろん、味は言わずもがなであったことを付け加えておく。

注意点がひとつ・・骨には十分気をつけて欲しい。下ごしらえをするときにハラスの骨もできるだけ削ぎとるようにしているが、完全取り去ることはできない。身と野菜がごちゃ混ぜになっている時に安易に口に放り込むと骨の存在を気づかずに飲み込んでしまうことがある。この骨喉に引っ掛かると非常に厄介だ。どうしても取れなくて病院に飛び込んだという話も聞いている。

フレッシュな魚は絶対にうまいよ!「うまい!うまい!」を連発して食べていると、妻曰く、明日の夕食の小鉢に今日の残りのチャンチャン焼き・・メインディッシュはマスのフライだそうだ。そして・・これから当分は朝ごはんのおかずはカラフトの塩焼きにするから楽しみにしてて・・うふふっ・・だそうだ。

う~~む・・・・・・8e8sh0019.jpg

| | TrackBack (0)

August 14, 2005

戦利品

帰宅してから、クーラーの洗浄やら魚の後始末を終え、メールをチェックしていると強烈な睡魔に襲われた。夕食も食べずに10時過ぎまで完全に気を失っていたよ。この4日間で11日と13日は完全な徹夜、文字通り岩場の岩と化して夜明けをひたすら待ち続けたのだ。さすがに・・この歳では睡眠不足は堪える。若い頃は・・・・この話を始めると長くなるのでやめる(笑)
今回の総水揚げ高は、24本。うち持ち帰りは娘の1本も入れて19本だ。内訳は、オス8本、メス11本。アブラビレフリークの私であるが、日常淡水域や海アメでは魚を持ち帰ることは無い。カラフトとアキアジとサクラマスとワカサギだけは家庭円満のためにも勘弁して欲しい(笑)ボールに入っているのは、今回の知床釣行カラフトマスの11本分のメスが抱えていたイクラだ。カラフトのイクラはアキアジに比べて小粒で腹腔も小さい。しかし、味が凝縮されているといった感じで実にそこはかとなくうまいのだ。身も脂が乗っていて、絶品だ。まあ、親子3人の我が家では食べられる量も限界がある。今回釣ってきた鱒は、祖母の手によって普段お世話になっている方たちの家にすべて配られたようだ。毎年、アキアジも含めて喜んでいただいている。魚にとっての何よりの供養だろう。
話は変わるけれど、仲間の第2陣知床釣行が今日からスタートだ。羅臼側の船渡しの釣行も計画されているようで、後で釣果報告を聞くのが楽しみだよ。
今回の知床遠征の釣行記・・明日にはUPしたいと思う。夕張への墓参りから帰った後で・・・zwzsh0018.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

帰蘭途中〜お昼ご飯〜上川

今朝、7時過ぎには斜里に戻り、妻子を拾って帰路についた。今朝の私の釣果14本。バラシも入れたら軽く20本を越えていただろう。6本を越えたあたりから雄のカラフトは、隣のおじさんに引き取ってもらった。リリースしても良いのだけど、カラフトの場合生き残り川を遡上することは難しく確率は低いだろう。ならば、かっこつけずに釣ったものはキープだよ。食べてやることが、なによりの魚の供養だよね。もちろん雄、雌差別するつもりは無いのだけど、クーラーが定量だ。雄は体高も一回り大きいしね。
オシンコシンのこれだけの爆は、私が初めてカラフト狙いで知床に来て以来だから、5年ぶりだね。
さてと・・途中、妻に車の運転を代わってもらって、充電もできたし、昼食食べたら速攻で室蘭に帰ろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

隣の人の釣果。

私のではありません(笑)岩場全体で200本越えましたね。zwysh0017.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

証拠写真(笑)

もういいっス!後はリリースだね。zwxsh0016.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オシンコシン爆!

1時間で8本!岩場全体ではもう100本以上上がっているだろう。zwwsh0015.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知床釣行3日目

深夜の12時に岩場に渡る。すでに先端部は埋まっていた。満天の星が相変わらず綺麗だ。夜明けまで後1時間・・今日は、どんな展開になるのか今から楽しみだ。(写真は昨日の夕刻のオシンコシン)zwvsh0014.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2005

知床2日目夕マヅメの部終了

魚はごちゃごちゃいるようだけど・・なかなか口を使ってくれない。zwush0013.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お昼ご飯!

強烈に冷房が効いていて実に、気持ち良いのだ。レストラン「流氷」ここのカニ飯が実にうまい!使われているかにの量がハンパでないのだ。zwssh0011.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

午前の部終了!

結局5本。2時間くらいで・・効率の良い釣だ!zwrsh0010.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2日目、初釣果

zwosh0008.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知床2日目

今日も朝から快晴だ。またまた、強烈に暑くなりそうだ。今日は、午前中軽く竿を振って、午後からは、知床峠を越えて、土産屋でものぞいてこよう。qnosh0007.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2005

知床初日終了!

今日の午後からの釣り。娘1本。妻バラシ2内1本は、強烈な走りとともにニジマスのジャンプと違わないダッシュで、ラインブレーク・・十分な引きを味わう。親父アタリすらなく完全ボーズ・・撤収!qnnsh0006.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

娘にヒット!!

おいおい、冗談だろう・・qnmsh0005.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼下がり

暑いです!浮ルアーに挑戦!qnlsh0004.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戦意喪失!

車に戻って、サンドイッチの朝食。知床はすでに軽く30度は越えている。再度アタック・・とも思ってはいるが、茹だるような暑さで戦意喪失。今上がって来た人は11本のカラフト抱えていた。現在、岩場には3人。qnksh0003.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結局、4本!

朝の部、終了。潮位が低いものだから、岸際を群れが入って来て、バイトするまで丸見え、完全なサイトフィッシングだ。結局、4本ゲット、早合わせで4本バラシ。釣り上げた1本は、70を越えていただろう。休憩・・qnjsh0002.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現在、2本!

qnhsh0000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

群れが入ったか?

qngsh0299.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず1本

qndsh0297.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情報入手

10日から来ているという人としばし情報交換。網揚は10日、昨日の朝、4人で14本、岩場全体で25本。沖より近場でのバイトが多い。現在ド干潮。ベタ凪。夜明けまで、あと1時間半・・天の川が綺麗だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すでに、岩場の人(笑)

qncsh0296.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

やっと、着いたぜ!

苦節8時間・・(笑)oc3sh0295.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北見通過・・

とりあえず、夕食です。ちょっと驚いたのが我が家から、北見のVSのレストランまで、ジャスト400Km。別に驚く必要は無いけど・・oc1sh0294.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2005

ウエダ手持ちロッドラインナップ

スミスのGTRXもカーディフモンスターリミテッドのティップも2度ずつ折った。GTRXは西別川と真狩川で、モンスターは一度目は完全な私の不注意で車のリアドアに挟んでしまった。2度目は、今年3月にSTで禁断のトラウトを掛けた時だ。一応、保証書や保険の適応で安くはすんだのだが、まともにに払えばティップだけでモンスターは30K円以上。特に銘柄にこだわらなければ、この額だけで1本新調できてしまう価格だ。

ただ、このロッドでかいトラウトを掛けすぎたせいか(笑 ウソウソ)グリップのところがぐらついてきている。そろそろ替え時と以前から思っていた。カラフト・海アメ・海サクラ・十勝川のような本流アメマスをターゲットにするミディアムロッドか欲しい

そんな時に、ひょんなことからオークションでウエダの「スティンガーラックス」を落札してしまった。定価が約80K円。それを私としては破格値で・・あえて、値段は書かないけどね。

で・・昨日、出品者から届いたメールを見て2度びっくり、出品者は伊達の釣具屋さんであったよ。今日、さっそくブツを取りに行く。しばし、釣り談義・・身近な取っておきの良いポイントも教えていただいたが、一人ではちょっとという場所である。私のHPも見ていてくれたようで、いろいろ情報交換。本当にありがとうございました。

さて、このロッド・・魂入れをどこにしようか?知床???うーむ・・・・道東河口かな?oc0sh0293.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 05, 2005

尻別川釣行終了・・@札幌

ゲストの渋谷さん、nobuさん、エゾ兄さんご苦労様でした。また、今回の釣行にお誘いいただきまして、本当にありがとうございました。約束があったものですから、挨拶もせずに帰路についてしまい、nobuさん渋谷さんには大変失礼の段、お許しください。警報発令中の初日、夜半の雨で大増水の2日目と・・本当に一時はどうなることかと思いましたが、最終日になんとか釣りになって良かったですね。
渋谷さんも本当は、狙っていたブツとは違うのでしょうが、きれいなヤマメとすばらしいキャストテクを見せていただきました。私もとりあえずは、満足です。
取り急ぎ、お礼まで・・
釣行記のUPは、明日、帰蘭した後で・・
jpcdvc00010_i.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

やっと、まともな釣りができそう・・

f2wsh0289.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 03, 2005

宿からの景色

明日は・・どうなる?f2ssh0285.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨は、降り続く・・

予定の宿に到着。バケツをひっくり返したような雨が、降り続く。nobuさんや兄さんたちとの釣り談義は露天風呂で1時間以上に及ぶ。渋谷さんを大分待たしてしまった。療養中のイワナさんには失礼だが、みんなイワナさんの怨念だとか地図に水をかけているんじゃないかとか噂していましたよ。気を悪くしないでくださいね。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出撃場所の決定!

f2rsh0284.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一同集合!

さて、どこに出撃しようか?f2psh0283.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

喜茂別川上流

唖然!話しにならん!!f2osh0282.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尻別川本流!

うーむ・・dj5sh0281.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

貫気別川〜豊浦〜

現在、西胆振に大雨洪水警報発令中。開発の車が水位を調査に来ている。

釣り!?・・ふぁっはははっ・・ふぅ〜〜dj4sh0280.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

下船・・苫小牧フェリー埠頭

苫小牧から室蘭までの海岸線は著しい濃霧に包まれていた。外気温19度・・ひやっとした夜気に北海道に帰ってきたということを実感したよ。8wmsh0279.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »