« April 2005 | Main | June 2005 »

May 28, 2005

愉悦と不安と・・

「愉悦と不安と」このタイトルは「瀬音の森」の仲間、安谷さんのレポート題のパクリである。昨年9月、同会のイベントで来道された折、北海道のイワナを釣ってみたいとのことで道南の渓を紹介した。私は仕事の関係ででご一緒できなかったのだが、そこそこ良い思いをされたようだ。

タイトルの「愉悦」の部分はお分かりいただけたと思うが、では「不安」とは何か?もう、薄々感づいている方もおられると思うが、これは、北海道の渓の釣りでは、避けては通れないヒグマとの遭遇への「不安」なのである。北海道は、「在来種」であるイワナやヤマメ、オショロコマ、アメマス等まだまだパラダイス的な所が散在している。もちろん、すべての河川に当てはまるわけではない。私が言いたいのは、北海道のトラウトは、ヒグマが守護神的な存在になっていると言うことだ。

今日の札幌のイワナ氏との釣り・・・イワナにターゲットを絞っての釣りだがほぼ「爆」といっても過言ではないだろう。午前中だけで、数的には私で30。イワナ氏は覚えていないと言うがおそらく50近い数を抜き上げているだろう。型も尺上が、2人で10本を越えた。(8割がたはイワナ氏の釣果である)

しかし・・ヒグマとの遭遇と隣り合わせの危険を伴っていたのは間違いない事実である。最初の川では、林道を歩いている時に、湯気こそ立っていなかったが、道のど真ん中にまだ生々しい巨大なヒグマの糞が堆積していた。また、川沿いに帰還途中、行きの時にはなかった熊の足跡が、砂地にくっきりと残っていた。痕跡から判断すると・・2頭・・子熊のものであると思うが、今時期・・子熊のそばには巨大な母熊が絶対鎮座しているはずだ・・
イワナ氏が写真を撮ったはずだ。後で、彼のレポートに掲載されるだろう。

思わず、腰にぶら下げた鉈を握る手に力が入ったね。爆竹を鳴らしながらの帰還・・背中にはもちろん、私もイワナ氏も熊鈴をぶらさげている。イワナ氏は、熊よけのスプレーも持参している。でも、ヒグマのテリトリーに入り込んでいるのは我々の方だ。仮に遭遇しても、ヒグマには責任は無い。接近遭遇を避けるための全ての手段は講じる必要があるだろう。

これから、新緑の季節が本番・・6月からはヤマメ解禁・・タケノコやワラビなどの山菜も旬を迎える。たくさんの人が渓に入り込む時期だよね。各個人が責任を持ってヒグマとの事故に会わないよう注意を払うべきだろう。確実にヒグマは、我々の動向を笹薮の奥からじっと凝視しているだろうから・・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

遅い昼食・・

いつもの「寿司のマス屋」。さてと・・帰ります!yl3sh0081.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やった!!37cm!

撤収します。n0ush0080.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナさん、変わらず好調!

n0tsh0079.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2ラウンド!

まずは、ご挨拶!n0ssh0078.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尺上だけで7〜8本!

第1ラウンド。イワナさんの釣果!n0rsh0077.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

精悍な顔つき

n0qsh0076.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

綺麗なイワナです!

n0lsh0072.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナさん、尺上連発!

n0msh0073.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっそく1本!

n0ish0069.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現地着・・

n0gsh0067.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

さっそく、食卓へ・・

タランボとウドの葉は天麩羅に、ウドの茎は甘酢で食します。
蕗は、筋を取り、水に漬けてあく抜き中。蕗は油炒め(キンピラ)が絶品です!n0fsh0066.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

う〜ん・・いまいち・

林道に結局な足跡。先行者か?帰ります!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と言いつつ帰って来ました。
釣りの方は置いておいて、山菜はやはり例年より2週間から3週間遅れているようですね。日本海側の山側にはたくさくの車が入っていました。みんな山菜採りでしょう。今時期、ウドやタランボやゼンマイが遅れ、タケノコスタートと言った感じで山は、大賑わいのようです。

朱太川の秘密の沢にも、山菜採りの連中が入ったようで、比較的採りやすい崖下のほうは、ざっくり刃物が入れられた痕跡が至る所に残っていました。今回は、崖の上の方や笹の陰になっている部分で見逃したものを拾い集めて来たと言った感じです。苦労の割には、回収率が悪かったですね。
faxsh0065.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウド・・

ウドもあるようだけど数が少ない。これはイワナさんに残しておこう(笑)これから、黒松内へ・・faush0063.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

釣りは、終了!

ライズが無いので、ニンフのルースニングで。2時間半で26匹。型は8寸~9寸。farsh0060.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

偵察・・

綺麗な渓です!fatsh0062.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サクラ好調!

サクラマスは、相変わらず、釣れているようだ。見ているだけで3本。浜から釣っている人も多い。今回はサクラタックル持参していない。残念!faqsh0059.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

帰りの林道にて

崖下の笹薮に結構生えているようだけど・・近くに寄ってみると意外に背が高くて届かないんだよね。今日はお魚のフォトは無しね。「釣れなかったんだろうって?」・・ピンポーン!(笑)fapsh0058.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

魚止めの滝

これからの季節、渓流に入ると携帯圏外なのでタイムラグが大きくなるね。faosh0057.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

う〜ん・・流されそう!

雪白真っ最中!水量が多すぎるぜ!fansh0056.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さてと・・今日は・・

今日の室蘭すばらしい天気だね。気温も久しぶりにぐんぐん上がりそうだよ。

昨日、職場の有志の飲み会があった。日付が変わる前に帰着できたので、今回は比較的早く帰れたというところだろうか。本当は、この飲み会、先週末にセッティングされていたようだ。アナウンスがあった時、当然私は阿寒湖釣行に標準を合わせて、タイムスケジュールを組んでいたので、辞退させていただいた・・・

ところが、幹事が私が出席できないということで、わざわざ今週末に会を延期してくれたんだよね。これでは、断る理由を見つけることはできない・・・

私の釣りはずっと以前から、単独行が中心であることは釣行記その他に記してきた。金曜夜の飲み会は土曜日早朝出撃の妨げになるので好ましくない・・とも宣言してきた。だから、飲み会は釣りが目的で、釣りの仲間意外とでは、私にとって面倒であるといった存在であったんだよね。

でも、付き合いも大事だよね。そんなことは、重々承知している。

いつもは、時計を気にして、帰る段取りを模索している自分がそこにいるのだけど、もともと酒は嫌いではないし、参加してしまえば・・楽しい会であったよ。釣りの話はもちろん皆無であったけどね。要は気持ちの持ちようで、もちろん場も変わってくるというところか・・

「仲間内とワイワイ」・・・釣りでも他でも・・そんな時間を大切にしたいですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 17, 2005

タランボとコゴミ

タランボは天麩羅で抹茶塩を付けて・・コゴミは味を濃くした酢味噌和えで・・
う〜ん、春の味ですな!
来週は、ウドの葉の天麩羅と茎の酢の物。蕗のきんぴらの予定。
果たして、手に入れることができるだろうか?eivsh0055.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 15, 2005

阿寒湖の釣り

今朝の阿寒湖、早朝はどんよりとした雲に覆われて静かな湖面であったのだが、我々が1階のレストランで朝食をとっている時に、雪が舞い始めた。外の気温は2度(湖上は-3度であったらしい)。しかし・・・もう、5月中旬だぜ・・・いくら地理的に標高が高い山上湖だとは言っても、ちょっと気温が低すぎる。ムラさんの話では、阿寒湖畔にあるコンビニの親父が「今年の阿寒湖は、異常だ!寒くて・・寒くて・・」レジに来る客全員にこぼしていたという・・・

今日の釣りは、昨日の時点で止めようという話しになっていたので、特別問題は無かったのだけど・・日勝峠は雪がちらついて、外気温はマイナス2度・・途中、HIGEさんからいただいたメールでは、今朝方「尻駒」に向かった釣り氏が8時には帰還。強烈に水温が下がって、著しく魚の活性が落ちたという話を聞いたとか・・

やはり、我々が釣りをした昨日がタイムリーであったようだね。気温は決して高いとは言えなかったけれど、天気は良く申し分なかった。「渡し」で2箇所回った。午後から風や波がは少し強くなったが、釣りにならない状況ではなかった。4人全員がツ抜け達成。4人で50本以上のアメマスが釣れた。

私にとっては、釣りを目的としては初めての阿寒湖釣行であったけれど、50upも3本。巷では有名な金色のアメマスにも出会うことができたし、昨日の気の合う仲間とのホテルの宴会も楽しかった。今回の釣行の幹事兼ガイド役のHIGEさん・・・本当にありがとうございました。お世話になりました。

また、次の機会に・・・

| | Comments (1) | TrackBack (3)

阿寒湖畔の朝

ホテルの窓から阿寒湖が一望できる。相変わらず、気温は低いようだが、湖面は実に静かだ。さてと、これから仲間と朝食を食べ、速攻で帰ることにしよう。
昨日の楽しかった釣りを反芻しながら・・4i1sh0051.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (1)

May 14, 2005

阿寒湖畔温泉ホテルエメラルド

2次会突入!みなさんご苦労様でした。HIGEさん、ガイドありがとうございました。明日は、釣りをしないで全員帰ります。DVC00091

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そろそろ、上がりましょうか・・

4i3sh0053.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再び50UP

54cm4i2sh0052.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

余裕のHIGE氏

全員ツ抜け達成!4i0sh0050.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HIGEさんも連続ゲット!

4hxsh0048.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フッフッフッ!51cm!

4hwsh0047.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムラさんニッコリ!

ひろしさんも58cm!私もここでとりあえず三本!4hush0045.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤイタイ崎の40UP

4htsh0044.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

移動決定!

4hrsh0042.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すでにマッタリモード!

HIGEさん、喫茶は大繁盛(笑)ws9sh0041.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ヤイタイ喫茶

HIGEさん、ご馳走さま!ws8sh0040.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グットコンディション!

ひろしさんグットサイズ!ws6sh0039.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金色してますねえ〜

テールのみフックを付けたミノーで・・ws5sh0038.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず1本!

ws3sh0036.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渡船!

ws1sh0034.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仲間内と合流!

ws0sh0033.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

どこに、停めりゃあいいのよ!

とりあえず、着いたよ!室蘭から5時間・・oaqsh0031.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

絶景かな〜〜

電信浜と向こうに地球岬を望む。今日は仕事で、往復10kmほど観光道路を歩きました。天気は良かったのですが、風は冷たく気温も低い状態でした。でも、ウォーキングにはちょうど良かったと思います。これから、新緑の季節を迎える室蘭・・観光道路の名所、絵鞆岬から金屏風・銀屏風・ハルカラモイ・マスイチ・ローソク岩・測量山唐松平そして地球岬と景色も良く、整備されたダートを歩くのはとても気持ちが良いです。もちろん、各名所には車でも行けます。こちら方面にお越しの節には、是非回ってみてください。

ちょっと、足腰にきています・・・・今夜は道東に出撃予定・・無事たどり着けるでしょうか?(笑)oapsh0030.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外でのお仕事!

測量山・・ニリンソウの宝庫です!今まで気がつきませんでした。oaosh0029.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

すごい・・

タランボです。家内の青森の親戚から送っていただきました。天然ものだそうです。oalsh0027.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 08, 2005

気になる渓にて・・・

毎年ゴールデンウィーク明けには、必ず黒松内の沢に入っていた。目的はもちろん釣りではない。ウドを中心とした山菜採りだ。昨年もほぼ同じ時期に家族と出かけている。(本家HPの番外編に様子をUP)今年は、高校生になる娘が部活で忙しいようで日程が確保できない。妻もウドは好物だか今回は、今一乗り気ではないようだ。それで、私1人で出かけることにした。

私1人ということであれば、当然一日の計画が根本的に変更になる。(笑)昨年は家族連れであったので、昼食場所や帰りの温泉の選定が1番重要な課題であったのだ。私中心の課題は、当然どこの釣り場に立ち寄るかということである。(笑)ただ、ウドを採るだけの目的で1日300Kmも車で走るなんてもったいないよね。

それて、とりあえず朝一に美利河湖に行くことにした。ここは、やはり今時期、3年前60upのニジマスをジャンプ4連発でバラシ・・2年前は60upのブラウンを仕留めている。(ブラウンのほうは、本家HP2003年 5月の釣りに掲載)昨日の雨で活性も上がっていることだろうと期待して行ったのだけど・・・ライズひとつ見あたらず、結果的にカスリもしなかったよ。

さて、ちょっと黒松内に戻るには時間が早いし・・・気がつくと国縫の分岐を右折し、さらに気がつくと雲石峠を走り、最後に気がついた時には、熊石の岩盤で竿を振っていた。(笑)今朝は、全体で7~8本上がったという話を聞いた。前回のHIROSHI氏のヒットルアーを抜かりなく購入してきて、しつこく引っ張ったのだけどね・・途中1回だけアタリがあったけどやはり2秒でバラシ・・魚の正体は不明。なかなか思惑通りにはいかないよ・・日中のゴールデンタイム(私がそう思っているだけかもしれないけど・・)突入して、なんとか1本ゲット!これで、今年のサクラは釣り納めかな?

お昼を過ぎたころ、今日の本命であるウド採りに黒松内に向かう。現地について唖然としてしまったよ!林道は、崖崩れで崩壊状態・・・まだ雪渓がしっかり残っていて、フキノトウがようやくフキになりかけている状態であった。やはり・・まだ今年は早かったか・・行く前に妻に止めた方が良いと諭されたのだけどね・・

来週末は、別予定が入っていてダメなので、再来週もう一度来てみよう・・ウドの茎は酢味噌和え、葉は天ぷらに・・こいつを食べなきゃ新緑の季節を迎えた気にならないからね・・・

でも・・山菜のリベンジって?・・・ありか??
気になる渓にて・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

林道崩落!

林道崩落!

ウドはまだ赤い芽の状態だよ。林道目茶苦茶・・復旧までに大分時間がかかりそうだ。ウド採りは2週間後までお預けだね。

撤収します!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱太川水系 秘密の沢

朱太川水系 秘密の沢

釣りじゃあ無いよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人も疎らだ・・

人も疎らだ・・

熊石撤収!今日はこれからが本番・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釣り納めかな?

釣り納めかな?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

美利河湖撃沈!

美利河湖撃沈!

ライズ1個見当たらないぜ。早々と撤収!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

朝霧の美利河ダム

朝霧の美利河ダム

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

撤収!(昨日と今日の釣り)

撤収!

結局、午後から竿を振らず・・帰ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初日、朝方の冷気で目が覚めた。道南、日本海側の5月。日中はそれなりに気温は上がるが朝晩はやはりまだ寒い。今回は車中泊の予定。気温が低いので寝袋から這い出た後ジャケットを羽織って外に出る。まだ辺りは薄暗かった。ほどなくして、ひろしさんも車から降りてきた。2人で岩場を見下ろす。すでに、岩場には10人くらいの人が並んでおり、気の早い人はまた、明け切らない暗い海に向かってルアーを放り投げていた。

ゆっくり準備を整えて、上の広場から目星をつけていたポイントに入る。波・・というよりはうねりが強烈だ。大きなうねりには不規則な周期のようなものがあるようで、時折ザブーンというような感じで岩場に連続して押し寄せてくる。波が視野に入っている時には後退して波を交わす。でも、ルアー交換などで下を向いているときには悲惨であった。もろに波の飛沫を頭から被ることになる。帽子のひさしから垂れ落ちる水滴を首を振って振り落としながら一人苦笑いをする。

基部で釣っている人意外は押し寄せる波に気を遣いながらの釣りとなるので実にあずましくない。我々も比較的沖に近い岩場で最初は釣りをしていたが、押し寄せるうねりに嫌気が差して基部の方に移動する。朝方の釣果は二人とボーズ。岩場全体でもそんなに上がっている様子では無かった。

札幌のイワナ氏と合流。彼は今日は絶好調であった。60upのアメマスに続いて念願のサクラも続いてゲット!実にお見事でした。淡水ではフライのエキスパートのイワナ氏・・ルアーロッドで鱒とのやりとりをしている姿が印象的だった(笑)私の釣果はアメマス1本にホッケ少々と言ったところか(笑)昼近くになって黒松内の別邸に戻るというイワナ氏と別れ、我々も昼食タイム。午後からに勝負を掛ける。良いドラマはひろしさんの方に展開した。彼はショアからの初サクラを見事にゲット。タイドスリムのブルーバック14cm・・すばらしい魚体であったね。カラフトのセッバリのような体腔をなしたブツであった。こんなのが、回遊しながら捕食を続けいわゆる日本海の「イタマス」になるのだろうか。私は、1本強烈なアタリがあったが残念ながらラインブレーク・・魚に引っ張られて切れるようなラインでは無いのだが、岩場に擦れて傷が入っていたのだろう・・・これにて本日は終了。夜に熊石では行き付けの寿司屋「マス屋」で夕食を取る。ひろしさんの頼んだ「熊石チラシ」実に豪快であったよ。(フォト参照)

翌日、日中でも釣れるということで、ゆっくり岩場に下りる。早朝はすでに5時から起きていて駐車場から見ていたが、全体で5~6本といったところだろうか。ぽつぽつと岩場を後にする人が出始める頃に下に降りる。私は、例によってルアーと浮きタックルの両刀使いで臨む(笑)タイドスリムのイワシ12cmを引っ張っている時に、2度アタリがあったが、両方とも2秒でバレ・・。他の釣り人はあきらめてどんどん岩場を去っていく。ひろしさんと粘りに粘った。(笑)その甲斐あって、昼近くに私に1本。直後にひろしさんにも1本のサクラが出た・・・サクラ狙いは粘りが勝負であるとひろしさんと意見が一致したね(笑)

午後からは昼食も含めてマッタリモード・・・2時間くらいひろしさんと歓談しながら岩場の釣り人の様子を見ていた。ひろしさんが帰った後、中央付近でやっていた人に1本出たが、私は、ウェーダーを再度履く気にならず、そのまま帰蘭した。八雲から国縫まではさすが、ゴールデンウィーク・・結構渋滞していたね。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

午後のコーヒーブレイク

午後のコーヒーブレイク

天気も良く実に気持ちが良いです。もう2時間位マッタリモード。なんか、もう釣りはどうでも良くなったよ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひろしさん、連日ゲット!

ひろしさん、連日ゲット!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

執念の1本!サクラゲット!!

執念の1匹!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝方、散発!

朝方、散発!

ぼちぼち行きますか・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2005

寿司のマス屋

寿司のマス屋

熊石ちらし・・すごいボリューム!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

撤収!

撤収!

今日サクラを釣って無い人は誰でしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひろしさんサクラゲット!

ひろしさんサクラゲット!

4KGはあるぜ!すごい体高だ。タイドスリムで・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず1本!

とりあえず1本!

なんだ!アメマスか・・なんちゃって!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナさん絶好調!

イワナさん絶好調!

今度はサクラ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナさん アメマス60UP!

イワナさんm60UP!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イワナさん登場!

イワナさん登場!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひろしさん奮闘中!

ひろしさん奮闘中!

釣れている人は釣れている!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すげ〜え!波!!

すげ〜え!波!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

安着祝いは続く!

安着祝いは続く!

ひろしさんが起きて来た。妻が作ってくれた肴で一杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安着祝い!

安着祝い!

到着!ひろしさんは寝ているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

やっぱりね・・・

本日は、予定通り休養日。明日は暦どおり勤務日となるので今日のうちに、以前から妻に頼まれていた野暮用を済ませておこうと思った。野暮用といってもたいしたことは無い。妻に付き合って買い物。祖母のうちからツツジの苗木を我が家の狭い庭に移植。年賀状ソフトを使ったメッセージ作り・・そして、タイヤ交換・・・このタイヤ交換、デリカ系の車に買い換える前までは、ジャッキアップに十字レンチでナットをはずして・・なんて作業を春と秋の年2回、2台分やっていた。

でも、今では、タイヤディーラー任せになっている。ディーラーでタイヤを買うとワンローテーション無料ということもあって、妻の分だけタイヤ交換なんて面倒になってしまったのだ。今年も、その時期となった。ちょっと遅いのではないかと思っている人もいるかも知れない。でも、今年は大丈夫であったが、日勝峠や阿寒の峠なんて5月入っても降雪があり、圧雪アイスバーン状態なんてことが、過去に数度経験しているんだよね。だから私は、タイヤ交換はゴールデンウィークの道東遠征が終わった後と決めていたのだ。

まず、妻のタイヤを物置から4本引っ張り出し車に乗せ、タイヤディーラーへ。妻の車はマニュアル車だ。運転は支障は無いが、ちょっと考え事をしながら走っているとずっとローやセカンドのまま走り続けていて、異常に高まるエンジン音に驚いて、あわててクラッチを踏み込むなんてことがたまにある(笑)

妻のスタッドレスは、冬季間3シーズンを終えているのでタイヤの状態をディーラーの方に見てもらう。「全然、まだまだ問題ないっスよ!」と一言・・・ひょっとして俺の車のタイヤも大丈夫ではではないのか?とひそかに期待してしまった。なにせ、昨秋取り替えたばかりだし・・交換を終え、いったん家に戻り、今度は私の車を乗り換えて、ディーラーに赴いた。替えのタイヤは昨年履き潰したスタッドレスタイヤが持たず、10月頃に夏タイヤを購入して、ディーラーに預かってもらっている。

「どうですか?・・・」と私の問いに先ほどのディーラーの方は「・・・・・ダメッスね!」と冷たい一言・・来シーズン冬のハシリの時期ならともかく一シーズンは無理であると言う・・・やっぱりね。「この一冬でどのくらい走りました?」と聞くので、正直に「2万Kmはいっていないと思う!」と答える。「乗りすぎですよ」と笑いながらディーラーの人・・・だって、去年の11月から今年の4月の6ヶ月間だぜ!ようは半年だよ。この期間で2万Kmって乗り過ぎなの?

話を聞くと、スタッドレスはやはり高速道路やワインディングの峠道を乗る機会が多いと磨耗が激しいとのことだ。私の頭に・・このシーズンに通過した静狩峠・・雲石峠・・ビリカ峠・・日勝峠・・石北峠・・天馬街道・・いっぱい、峠の名前が思い浮かんでは消えた(笑)

タイヤはもったいないので、このまま履くことにする。でも、夏まではもたないという。そん時に夏タイヤに交換だね。また、今年もスタッドレスタイヤを購入することになりそうだ。しかし、毎年タイヤを買っているよな!車の全走行距離も後2ヶ月で丸4年を迎えるこの段階で13万Km・・

来年は経費節約を目標に掲げ、高速道路には乗らない!さらに基本的に冬の釣りには行かない!という強い決意が必要なようだ。でも、これって・・俺にとってタバコを止める事より難しいかも・・・・(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »