« December 2004 | Main | February 2005 »

January 30, 2005

撤収!

バラシも入れたら20本は越えたかな?全ては、タイミングですね。痛感です。帰ります・・・・・といいつつ帰って来ました。(笑)途中の高速も伊達界隈では完全ホワイトアウト・・後続を確認しながら、前方注意・・・玉突きだけは勘弁ですよね。2月の3連休に網走まで走る予定なので・・・x01sh0110.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

連続50UPだぜ!

沖での連続バイトは気分は最高でした。写真が雪まみれでパッとしませんが・・(笑)x00sh0109.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入れ食いモード突入!

入れ食いモード突入といっても、結局釣れたのは7、8本でした。最後、よっこらしょっ!って言う感じの抜き上げになるので、ここでボチャン!が5本くらいありましたね。タックルは18lbの先端ビミニでダブルですから全く問題が無いのですが、牛川と違ってほとんどが50upでしたから、ちょっと辛かったですね。まあ、どうせリリース前提の釣りなので、ナチュラルリリースということにしておきましょう。wzysh0107.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

55CM出ました!

昼食後、ちょっと場所を移動。さっきまでは、岸際でのバイトたったのですが、沖で食ってくるようになりましたね。wzzsh0108.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あ〜〜あっ!

除雪車がポイントに・・まだ一杯いるのに!まあ、向こうは仕事。こっちは遊び・・仕方ないっすね。wzwsh0105.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いたいた!とりあえず1本!!

暴風雪警報が出ている道南域に出撃!室蘭を出たのが9時過ぎですよ。なんともまあ、気合の入らない時間帯ですよね・・・・・・とりあえず、1本!こんなところに居ましたか!50ないね。wzvsh0104.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2005

室蘭八幡宮

厄払いです。今年も無事に楽しい釣りができますように・・・・・wzssh0102.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は、休養!明後日は?

今日は(正確には昨日から)準公務の飲み会があり、つい先刻帰宅した。準公務の飲み会っていったいなんじゃ?と思う方もいるかもしれないが、私の職種柄年に数度こういう飲み会がセッティングされている。もちろん、民間の接待の飲み会とは種類が違うものだ。まあ、理由を適当につけて断ることも可能なのだけど、日頃のつきあいもありお世話になっていることもあるので、私は、必ず顔だけは出すように心がけている。

顔を出すだけのつもりの奴が、日付が変わってから帰宅などありえるのか?と、突っ込まれるとちょっと困ってしまう面もあるのだけどね(笑)実際、今日はいろいろな職種の人間が集まり、楽しい話も聞けて盛り上がり私としては楽しかったよ。釣りが趣味という人は皆無であったけれどね。

というわけで、明日は(正確には今日)は出撃できそうも無い。なんか、明日はともかく、明後日にかけては天気も波模様も悪くなっていくようだし、明日の早朝からの出撃は無理だ。今週末は一応休養することに決めた。夕刻、厄払いを予定している。私は、本厄は数年前に終わっているのだけど、それから恒例で毎年神社で厄払いをしてもらっている。もちろん家族も一緒だ。

私自身、決して信心深い方ではないのだけど・・もう20年くらい前になるのだけど・・購入した車で唯一お払いをしなかった家内の車が、新車の時期に盗難に合い、その車が床屋に突っ込んで犯人は逃走・・・なんて事件が起きた。この時は、もちろん鍵をつけっぱなしにしていて盗まれたわけではないので、こちらの過失はではなかったのだけど、事後処理が大変だったよ。

まあ、信じるも八卦、信じないも八卦・・・・・・という世界ではあるけれど、万が一のことがあった時、あの時にお払いをしていれば・・・・後悔するのも嫌だしね。特に私の場合、釣りへの出撃率が高いので・・・・困った時の神頼み的発想で出発前には神棚に手を合わしているよ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2005

間に合うかな?

相変わらず、凄い渋滞だよ。今日は、5分家を出るのが遅れてしまった。この5分という時間が朝は非常に大きいんだよね。wzrsh0101.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2005

朝から大雪

今年の室蘭の雪は、例年に比べると非常に多いと思う。まあ、それでも札幌や日本海側の地域に比べるとたいしたことは無いのだろうけれど・・室蘭の場合雪が、多少多めに降っても日中の暖気ですぐ姿を消してしまうことが多いのだ。でも、ここ数日の真冬日でなかなか溶けないで残っている状態だ。だから、朝夕の出勤時間帯はものすごく混雑するんだよね。通常30分で行ける職場が道路状況によっては1時間以上かかってしまう。これで、風による影響で白鳥大橋が通行止めなんてことになろうものなら、それこそ朝は大混雑。7時に家を出ても定時に職場に着けないことさえあるのだ。ところで、言っちゃあ悪いが・・・室蘭の除雪は本当にへたくそだと思うよ。札幌あたりなら、幹線道路に轍は存在しないもの。まあ、年に数度のグレイダー出動ではなかなか上手に慣れた仕事はできないのかもしれないけどね。hkrsh0100.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2005

無事帰還

先週に続いて、瀬棚地区は撃沈であった。島牧にもたくさん人が訪れていたようだけど・・・・釣れたのかな?
イワナさん、ご苦労様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2005

今日の釣果!

PC持参していないので手短に・・今日、イワナさんと合流後、一路熊石へ。途中静狩峠で渋滞に巻き込まれたがなんとか雲石越えて熊石へ。いくつかの漁港と鮎川海岸で竿を振った。浜で待望の1本。その後同じ場所でもう一本掛ける。かなりでかいブツだったのだけど、寄波に乗せるを失敗して、引き波でラインブレーク・・アメマスは波打ち際を漂いながらお帰りになってしまった。60UPは間違いないところなので残念であったよ。イワナさんも、とある川の流れ込みを含めて、痛恨ラインブレーク二本。明日に期待です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北檜山温泉の夕食

hknsh0096.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

凄い天気!

二人合わせて、ラインブレーク三本目だよ。低気温時のラインシステム一考する必要があるようだ。hkmsh0095.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痛恨のラインブレーク

浜が急に下降している砂利原で・・1本目のように寄せ波で一気に抜き上げられなかったのが敗因。逃がした、魚はでかかった。hklsh0094.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず、一本!

ぐしゃぐしゃの波模様の中に根性でミノーを投げ続ける。比較的岸際でヒットしたのは、指寸で50ちょいといったところ!hkjsh0092.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全く動く気配無し。

すでに、車が停まってから1時間が経過しようとしている。場所は静狩峠の降りの途中だ。両車線ともに全く動く気配無し。この先がどんな状態になっているのか、全くわからないので非常に不安である。雪は相変わらず強烈に降り続いている。除雪車が入り込めない状況なので、回復には昼までかかるかも・・おそらく現在豊浦、長万部間は通行止めになっているだろう。しかし、参りました。兄さん、NOBUさん、HIGEさんのたたりか!(笑)(このメールを送信後、やっと下りは動き出しました。登りはいつ解消できたのでしょうね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釣り場に行けません。

国道37号・・とは・・思えません。対向車全て埋まっています!すごい量の雪だったのですね。道幅が極端に狭くなっていました。hkhsh0090.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アクシデント!

静狩峠で事故があった模様。現在、立ち往生(結局、事故ではなく強烈な積雪のため大型トレーラーが峠を登れずスタック状態で道を塞いでいたためであった)hkgsh0089.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無事、合流!

相変わらず、イワナさんは一睡もしないでの出撃のようです。大丈夫かな?hkfsh0088.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2005

どか雪!

今シーズン初めて、雪かきという作業をしなければならないくらい雪が降ったね。。今日は、朝から大変だったよ。いつもなら自宅から車で30分という職場であるのだけど、今日は倍の1時間かかってしまう始末。用心して早めに出たのだけれど3分遅刻してしまった。まあ、遅刻したのは私だけでは無いのだけれどね。バイバス手前までは、えらい渋滞模様だった。まだ、夏タイヤで走っているアホがいるのではないかと思ってしまったくらいだ。(笑)

長崎屋中央店の分岐で後10分ということだったので、間に合ったと思ったが、前方に除雪車。対向車はあったのだけど、この除雪車は左方ぎりぎりを走っているので、かわせる気になればいくらでもかわせたのに、このすぐ後ろの車が抜いていかないのだ。私はこの後続車の4台ほど後ろにいたのだけど・・・本当にイライラしてしまったよ。この後続車が、除雪車より半分中央よりにずれた状態で走っているものだから。その後ろの車は、除雪車をかわすことができないのだ。私の直前の車は私と同じ気持ちだったらしく、パッシングや対向車のすきまが開いた時に抜くそぶりを見せたりした。気持ちはわかるよ、本当に!!まあ、人間ができていないだけのことなのかもしれないけど・・

結局、除雪車のほうが左側に停止してくれたよ。やっとのことで、除雪車を追い越したときには、定時は過ぎていた・・まあ、もっと余裕を持って家を出ていれば何のことはなかっのだけどね。逆恨みは承知であるけれど・・なんだかなぁ・・という感じでしたよ。hkesh0087.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2005

二日目

鵜泊漁港、太櫓川河口、最内川河口、瀬棚地区・・玉砕・・昼ごろに島牧到着。波も随分出てきたようだ。「北海道を釣りつくせ」のサイトマスターの鈴木ご夫妻、名前はわからないけど赤灯友の会の方とお会いする。いろいろ情報交換・・・アメマスは、一部スカッドの偏食が始まっている模様。赤灯友の会の方は、「まだまだ、ルアー有利!」と威勢良くジグをキャストしていた。今後に期待だね!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2005

瀬棚から熊石へ

朝未明に瀬棚に着いたのだが、波模様は予報通りベタであった。釣り人というのはわがままなもので波が高けりゃあ高いで文句を言い、ベタならベタで不満を申し立てる。まったく困った輩であるとは思うが、やはり適度というものがあるよね。朝方、反応があるが乗らない状況が2度ほどあって、3度目の正直で何とか一本。しかし、これも朝の内だけで8時を回る頃にはまったく魚の気配が感じられなくなった。朝方鵜泊方面に向かったと思われる車も多数通過していったが、リターンも多いようで、朝方は、あまり良い状況ではなかったのかな?

場所を熊石鮎川海岸に移動する。海を見た瞬間ダメだと思ったね。波1枚も無い状態だ。それでも結構の人が入れ替わり立ち代りで訪れていたようだが、芳しくは無い。私はここでも2バラシ、1本ゲットだ。餌釣りの人が散発ではあったけれど結構あげていたようだ。昼になったのでトーシローさんに業務連絡。彼は島牧歌島に入った模様。朝から2本ゲットとのこと。まずは、お互い顔がみられて良かったというところだろう。午後からは確認していないのでその後どうだったのかな?

私も昼からルアーで1本。その後フライのWハンドにチャレンジ・・右からの風で私の腕ではラインをうまく前方に飛ばすことができない。頻繁に知らない間にフライが無くなっている。気がついたらリーダーリンクが割れていた。後ろを叩いているのだろうね。まあ、ルアー竿捨ててフライに転向なんて、川もそうだが海アメ釣りも含めて私は、まったく考えていない!・・でもなぁ・・もう少し・・上手になりたいね(笑)

明日は、波模様見ながら島牧側に移動してみようか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソイのあら汁追加・・

前回は、渡りカニの味噌汁だったな。食後にアイスクリームが付きます。hkcsh0085.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瀬棚「民宿マリン倶楽部」の夕食

ヤナギノマイの唐揚げが絶品ですよ!hkbsh0084.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思うように、振れないっす!

右斜め後方からの強烈な風。うまくループが出来ないよ。練習!練習!スカッドの偏食期に備えて・・(笑)hkash0083.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと、二本目だよ!

あきらめかけて、そろそろ移動と思っていた時にきたよ。やれやれ・・hk8sh0082.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベタベタ・・

熊石鮎川海岸。餌釣りの人が二本上げたのを見たのみ。トーシローさんの情報では島牧もベタベタでダメな模様。トーシローさんは二本。とりあえずお互い顔が見られてよかったよ。hk7sh0081.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結局、1本!

朝しかバイトが無いということは、やっぱりスレているのだろうね。場所を移動します。9upsh0080.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず、一本!

良い感じで波が澱んでいたのだけど・・2バラシの後の一本。40あるかな?足跡は結構あるし。スレているっていう感じだよ。9uosh0079.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 14, 2005

さて、明日から・・

正月明け、5・6・7日に有給を予定していたのだけど、研修が入ってしまった。それでその分を今週に回し、職場の仲間とスキーに行ったり、家族で温泉に1泊してきたのだ。私の職種柄、特定の期間以外は、平日に休みを取ることは難しい・・・取れるうちに取っておかないとね(笑)
久しぶりに、釣りの事を完全に忘れた数日であったよ。これは、これで良いかも・・・と思ってしまった。今日はこれから18:00に職場で会議がひとつ。明日は、勤務日では無いのだけど午前中は職場に出なければならない。午後から月曜日まではとりあえずフリーだ。島牧に海アメでもと考えていたが、昨日出撃した凄腕の仲間は玉砕してしまったらしい。彼でさえも魚の顔を見られないということは、状況は芳しくないのだろう。さて・・どうしようか・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

朝食バイキング

チェックアウト11時のようだ。まあ無理にそんな時間までホテルにいる必要は無いけれどね。昨日の3つのホテルを巡回するシャトルバスは、7:30から運行しているようだ。現に朝食を済ませた後に風呂に向かう客は多いようだ。浮輪をぶら下げた子供たちが威勢よく、部屋から飛び出して行ったよ。温泉にゆっくりと浸かるという目的のみなら、のんびりできますね。さてと、私達は帰ります。9umsh0077.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2005

寝酒・・

日頃釣り三昧の私ではあるけれど、家族サービスも怠っていないことをアピールしておきたい。まあ、他から見ればどうでも良いことなのだろうけど・・(笑)名水亭、第二名水亭の方にも風呂は入りに行ったけど露天風呂は大きくて広くて最高でした。どちらにもブールもある。外のプールももちろん温泉なので夜遅くまで子ども達の歓声が聞こえていたよ。小学生のお子さんがいる方はお勧めかも・・9ulsh0076.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブーさんの縫いぐるみ

ホテルのロビーのソファーにドカン!っと鎮座している巨大なプーさんの縫いぐるみ。娘が「可愛い!」と言いながら抱きついた。しかし・・実にくだらないUPで申し訳ないね。以前から自己満足のHPであることは公言しているのでご勘弁願いたい(笑)9uksh0075.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北湯沢のシャトルバス

北湯沢の系列ホテルである、名水亭、第二名水亭、ホロホロ山荘は客が自由に三つのホテルを行き来できるように20分おきにシャトルバスを運行しているようだ。浴衣にスリッパでOK。3つの風呂が一時に楽しめるなんて、温泉好きには魅力的かもしれないね。9ujsh0074.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名水亭のバイキング

和洋中盛りだくさんの夕食バイキング料理。第2名水亭のほうは、中華中心のバイキングのようだ。肉、魚料理の内ほとんどがダメという義母にはこちらのほうが、好都合ですよ。私はカニの一点食い。回りがあきれるほど毛ガニは外して、ズワイ、タラバを食べ続けた。でも・・・やはり・・カニは花咲が1番おいしいと思うよ!私は・・9uish0073.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長流川・・

部屋の窓下に長流川が見える。雪に閉ざされた静寂の渓といった感じたね。「長〜い流れの川」とか「モンキーリバー」とか言っていた人がいたなあ(笑)もっとも、長流川を「おさるがわ」と読めなければ、意味がわからないだろうけどね。9ugsh0072.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

湯治(笑)

今年は、娘が冬休みの日程がタイトである関係で遠出はできないので、家族と日頃娘がお世話になっている家内の両親連れて近場で温泉一泊。昼で勤務を切り上げ、先刻ホテルに着いた。室蘭から1時間半といったところだね。9ufsh0071.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2005

スキー研修に行って来ました。

SKI有給取得して、仲間とスキー研修に行って来た。仲間といってももちろん釣り仲間ではない。冬は、やっぱりスキーだよな!って思っちゃったよ!一昔以上前、スキーにのっこんでいた時期があって、ルスツやニセコなどに開いている週末は通いつめた時期があった。3年位前までは、家族でもシーズン2~3回は行っていたのだけど、妻がリタイヤ、娘も進んでは行きたいわけでもないようだし、そして私は海アメに夢中ってなことになってしまって、スキー場から足が遠ざかっていた。毎年、以前に一緒に行っていた仲間からの誘いはあったのだけどね・・・・

久しぶりのスキーは、日頃の運動不足解消の意味合いもあってすごく気持ちが良かったし仲間との歓談も楽しかったよ。また、スキーの虫が騒ぎ始めていると感じたね(笑)。今年の冬はこれから・・どうしようかな??

右から2番目が私なのだけど、ウェアーはもちろん違うが、帽子だけは海アメ釣行と同じものを被っている。そこが、私らしいところか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2005

マリーナ到着

波が3mの中を無事、帰港。帰りは2時間半かかったよ。やっぱり、30分切り上げが遅いよな・・・まあ、初めての太平洋鱒釣りで2本ゲット・・・十分に満足です。GPSにレーダー、漁探とフル装備の新艇Koncha号、満喫させていただきました。ありがとうございました。梅さんご苦労様でした。0l8dvc00003_i.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

現在、帰港中

波は多少高くても、ヒーター付きキャビンは快適ですよ!帰り道白老から登別ぐらいまでは波1mくらいであったのが地球岬が近づくと3mに・・・Konchan号の前艇だったらかなり厳しい航海であったでしょう。0l7sh0063.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サクラマス ゲット!

待望の1本目が来ました。50mラインといったところです。でも・・・血が・・・キープ前提の釣りではあるのですが、私血を見るのが苦手なのです(笑)0l6dvc00002_i.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

戦闘準備完了!

往路は、心配していた波もそうでもなく快調にライセンス海域までクルージングです。キャビンの中はヒーターがあり中にいると暖かいのですが、完全防備の私にはちょっと暑すぎます。ずっと外の、スターンデッキの上に座っていました。0l4sh0062.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライセンス海域へ爆走中

朝、夜明け前に出航・・以前アキアジ釣りの時にも思ったのだけど、夜の航海は本当に怖いですね。ライトがあまり役に立たないという感じてす。絵鞆漁港はいくつか重なり合って防波堤があるので視界が悪いと大変危険です。今日は朝方吹雪でした。0l3dvc00001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2005

初釣り・・・

Konchanさんから、明日の太平洋サクラ狙いの最終判断報告が、メールで届いた。私も気になっていて、職場から波模様については頻繁にネットにアクセスして、情報を入手していた。結果は以下の通りである。

>>明日、苫小牧の遊漁船は出航、室蘭のエルムKKの遊漁船と、KON-chan号の妹艇のアグネスも出るとの連絡をもらいました。尚、エルムKKのオルカと、妹艇アグネスはジギンググループを乗せるので、常時スタンディングスタイルの釣りとなることから『波が高くなったら早めに戻ることがあるかもしれない』という条件をお客さんにはしたようです。

KON-chan号も出ますので、5時半にマリーナ駐車場でお会いしましょう。先日の経験から、駐車場に車を置いて15分後には出船できます。急ぐ必要はありませんし、遊漁船ではありませんから時刻になったから出航ということもありませんから、梅太郎さんは道中くれぐれも安全運転で来て下さい。3日ほどの波ではないでしょうけど、決してナギではないので、特に道中が遠い梅太郎さんは無理をしないで下さい。<<

明日は、予定通り初釣りに新艇Konchan号でサクラ狙いの出撃が可能のようだ。正月に鱒釣り様の仕掛けは、抜かりなく購入済みだ。バケは、Konchanさん、梅さんのを拝借する予定。正直言って釣りはどうでも良い・・(まったくそうであるかといと・・・そうでもないところがあるのだが・・笑)私も曲がりなりにも船舶免許1級保持者である。(船は持っていないけどね)明日は、新艇Konchan号のクルージングを楽しみに出撃したい。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 04, 2005

帰蘭

昼過ぎに、無事室蘭に帰着した。札幌は朝から猛烈な吹雪き模様であった。湿った雪が断続的に降り続いていた。室蘭は多少雪がちらついていた様だが、相変わらず路上に雪は皆無だ。今時期の日本海側と太平洋側の降雪量の違いは知識的には、もちろん知ってはいるがこれで同じ北海道か?!と思ってしまうよね。

昨日は、キンコさん主催の「NIFの釣りフォーラム」北海道メンバーの新年会が予定通り、キリンビール園で開催された。日頃釣行を共にしている人、本当に久しぶりにお会いする人、中には昨年の新年会以来という人もいたが、相変わらず会話は楽しく、盛り上がった宴は3次会まで続くのであった。今年はゲストに東京からハミングウェイ氏、札幌のイワナさんをお迎えしたが、ハミさんは元からデフォルトメンバーであり、イワナさんも釣りや渓魚を心から愛している一人なので、我々の仲間と迎合するのにそんなに時間は掛からなかったようだ。

この新年会、デフォルトメンバーだけで開催しているわけではない。NIFのフォーラム「北海道部屋」「OLMの広場」等に幹事のキンコさんが参加の呼びかけをアナウンスしている。要はだれでも参加できるのだ。私は、北海道メンバーの仲間のセクトを作らない雰囲気が大好きで毎年参加している。来年は是非、もっと多くの人にも参加して欲しいものだ。

ハミさん・・・今回は私の勤務の関係でご一緒できなかったが、現在猛烈な吹雪の中、瀬棚で竿を振っている模様である。すでに、終了したとは思うが・・夜半の苫小牧発のフェリーで帰京する模様。道中気をつけて無事帰って欲しいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 03, 2005

2次会

2次会 突入!!vyldvc00013_i.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

北海道メンバー新年会

盛り上がっています!vyjsh0060.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2005

札幌の朝・・・

今、札幌にいる。親父のマンションは平岸にあるのだが4階であるため窓からの景色がきれいだ。特に夜はライトアップされたミュンヘン大橋やちょっと見上げると藻岩山のスキー場が見え、今時期はナイター照明が暗闇にぽっかりと浮かび上がっているという感じだ。
しかし、札幌の雪には毎度のことながら驚いてしまうね。私も中学校から高校に掛けては札幌に居住していたわけだから、札幌の雪については「知っている」わけで、驚く必要も無いのだろうけど・・・室蘭に移り住んで20年近くになる。こちらとの差はたった100Kmしか離れていないのに大きな違いであると感じざるを得ない。お袋から「室蘭は何cmくらい雪が積もっているの?」と聞かれた。返答に困ってしまった。正確に答えるとすると0cmということになるのだろうか。私が、昨日の夕刻室蘭を出た時点では、間違いなくまわりには雪が皆無であった。だいたい、室蘭では「雪かき」という作業が必要なのは年に多くても2~3回、ちょっと雪が降ったなと思った時でも玄関先はほうきで掃いて終了というレベルである。
札幌の仲間から大雪が降るたびに雪かきには難渋していると聞く。本当に嫌なら室蘭引っ越してくると良いと思うよ。札幌まで高速で1時間だから、かなり無理をすれば通勤可能範囲であるからね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2005

のどかなお正月

みなさん あけましておめでとうございます。
今日の室蘭気温は若干低めですが、とてもよい天気です。地球岬では初日の出が見られたのでしょうかね。今頃島牧では、たくさんの海アメフリークの人たちが竿を振っていることでしょう。釣れているのでしょうかね?元旦の朝からそんなことばかりが、気になっている私でした。ホント!ショーモナイです。

今日の夕刻から4日まで、札幌に帰省にします。まあ、帰省という言葉は私のように所帯を持っているものが使う言葉ではありませんが、ちょっとよれてきている親父が心配なので様子を見てこようと思っています。札幌に行っても特にやることは無いのですが、恒例の北海道神宮の参拝と釣具屋巡りかな(笑)後、仲間内の新年会が3日の夜に予定されています。久しぶりに会う仲間もいるので楽しみですよ。

今年は、どんな年になるのでしょうね。もちろん、贅沢なことは望んでいません。平穏に大きな事故も怪我も無く暮らせればいいなぁと思っています。今年もお世話になりますがよろしく、お願いしますね!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »