« June 2004 | Main | August 2004 »

July 31, 2004

今日の釣果

今回Tシャツを12枚持ってきたんだよね。すでに8枚使ってしまったよ。脱渓の度に取り替えからね。今日の釣りの本命であったSR川、SL川、B川は壊滅であったね。特にB川は期待して行っただけに毒流しでもしたんじゃあないかと思ったほどだ。でも、あんまり期待しないで入っ某川でイワナの楽園を感じることができて良かったね。今日はフライで通したのだけど、三日前に届いたスコットのG884/3にニジマス、イワナ、ヤマメの魂が入って良かったよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホテルムラカミの夕食

6gwsh0186.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

速攻で水風呂

今日、昼過ぎにリタイアした後、日蔭に車を停めアイスキャンディなど舐めながら涼んでいた。夕刻になれば少しは気温も下がるだろうと期待していたけど甘かったね。15時の時点で気温が33度である。SL川で夕マヅメをと考えていたけど1時間持たなかった。それ以前に超渇水モードで釣れる気がしない。早々に切り上げ、旅館に向かい、水風呂に飛び込んだ。今部屋にいるのだけどいっこうに涼しくなったという感じがしない。今日も寝苦しい夜になりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

give up!

現在、32度・・釣りにならないっすよ!6gvsh0185.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

田中旅館の朝食

6gush0184.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昆布のかぎ採り・・懐かしいなあ

今日も暑くなりそうだ6gtsh0183.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

30日の釣果

今朝6時半にHHMS川にルアーで入る。橋から入ったのだが、すぐ上のプールで新子が群遊していた。11時まで釣り上る。乙年は7寸止まりで10匹くらい。パーマークの無い40CMくらいのヤマメ二本。酷暑の中車までの道程が長かった。
午後から、HM川へ。ニジマスばかり20CMから35CMまで。ここには20年ぶりくらいに入ったのだが、イワナはどこへいってしまったのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目が冴えてしまった

昨日、9時頃に気絶同然に寝床に倒れ込んでしまったので変な時間に目が覚めてしまった。暑くて窓を開けっ放しにしていたせいか波の音も耳障りだ。そして突然ゴメが唐突に泣きわめいたりするんだよね。
さて、これから寝られるだろうか?
ビールでも一本買ってきて昨日の釣行の様子でもUPしようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2004

カニノの食いかた知らんのか!

どうでも良い話しなのだけど、今日の夕食の時に関西人らしい右のカップルと素性のわからない左斜め向かいの男二人組が特別料理の毛ガニを食っていた。メニュー表を見ると1800円、観光客から見ると手ごろな価格と言えるだろうか。私は花咲き蟹が1番と思っているので食指が動かない。先ほどの連中「どうやって食うのよ?」・・ハサミの入っていない丸ごと一杯の蟹である。聞かれりゃ教えてやっても良いのだが進言するほどのお節介な気持ちは持ち合わせていない。結局そいつら足だけしゃぶっていなくなった。そんなもんか!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

えりも町田中旅館

とりあえず夕食6gssh0182.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2ラウンド終了!

ニジマスオンリーだよ。イワナはどこへ?6grsh0181.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第1ラウンド終了

現在、29度。暑いっす!6gpsh0179.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浦河

6gosh0178.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2004

夏休みの予定 変更

現在の室蘭の気温は、アメダスを見る限りでは26度・・・それ以上あるような気がするのだけどね。先刻昼食から職場に戻った時、アスファルトの照り返しは強烈だったね。明日から有給もらって十勝のほうへ釣りの予定なのだけど。今日の十勝地方は軒並み30度を超えているようだ。明日も似たような天候状況を考えれば、おそらく日中は釣りにならないね。方面も含めて、検討する必要があるようだ。

有給といえば今年の夏休みは、明日と5日とお盆前に申請している。ほとんど釣りがらみなのは間違いないのだけど、お盆前の休みは恒例の知床釣行を予定していた。単独で12日くらいから週末まで、仲間と合流できればするし・・といういい加減なスタンスで考えていた。もちろん宿など予約していなかった。いざとなれば、車中伯でと考えていた。

ところが、今朝になって朝食を食べている時に娘の塾の模擬テストが11日で終わり、その後盆休み入ると知らされる。気分転換に知床に連れて行けという。もちろん家内も一緒である。釣りが目的であることを告げたが、妻と娘曰く「カラフトなんてアキアジと一緒で朝しか釣れないんでしょ!私たち旅館で寝ているからその間に行ってくれば・・」だと・・宿も予約していないことを告げるとなんとかしろ!とのこと・・・

う~ん・・これは予定が狂ったけど、秋の遠征釣行のこともあるので山の神とその娘の言うことを聞いておくことにした。ここで、機嫌を損ねるとあとあとに響きそうだし・・・

それから、あわてて宿探し最初っからウトロはあきらめて、斜里で民宿を探した。なんとか確保はできたけど・・今年の知床カラフト・・・昨年の親父との釣行に続いて、珍道中になりそうな気配だ・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2004

キャンプの季節だね

思い出してみると、私は子どものころからアウトドアー的イベントが好きだったね。釣り然り、キャンプ然り・・家族を持つようになってからも、どちらかといえばインドアーを好む家族を無理やりフィールドに引っ張り出す計画を立ててきた。最近、時節柄かあちこちの仲間のサイトを見ると家族サービスでキャンプという文字が目に飛び込んでくる。羨ましいと思いつつ、過去を思い出していた。昨年までは私も一夏に最低1回か2回はキャンプに繰り出していた。娘を初めてキャンプに連れ出しのは3歳になってからな?毎年、夏休みのお盆時期に積丹から瀬棚にかけて海水浴に出かけていた。

テントも娘が大きくなるにつれて、妻と2人の時に購入したモンベルのⅤ型からⅦ型に替えたっけ。娘が小学校の高学年なる頃から海水浴は嫌がるようになってきた。別に泳ぎか下手というわけではない。1年生の頃からスイミングスクールに通っていたからね。「バタフライができるようになったよ!」なんて報告を受けて、私よりも上手になったことを実感したこともあった。

まあ、お年頃というのだろうか(笑)それから我が家でのキャンプは山側にシフトした。層雲峡・白金・・最初は純粋にキャンプ及び周辺の観光を目的としていた。層雲峡にキャンプした時には黒岳へ・・白金にキャンプした時には旭岳にも登った。その当時は釣具を持って行くことなどなかった。

ここ3年は、層雲峡に再びキャンプした時には大雪湖へ。旭川の東神楽に行った時にはそこの管釣りへ。去年は金山湖にキャンプして、空知川へ・・私にとって打算的なキャンプに変わっていたのだ(笑)キャンプ場の選定は娘が生まれる前から私が主導権を握っていたから、家族からの文句は無かった。まあ、釣りをしたのは寝ぼすけの家族が寝入っている早朝だけということで、釣具を車に忍ばせるようになった。家族は、もちろん知っているけど朝飯さえちゃんと作ってくれれば良いということで、一応容認されている。

今年は、娘が受験の年・・塾その他で家族行事のセッティングはできなかった。まあ、そんなことはわかっていたし、私のダイアリ-を最初から読んでくれている人は、わかってくれていると思うけど、今年で最後かなということで冬にはUSJまで行ってきたのだけどね。

今年のように暑い夏・・・キャンプはいいよなぁ・・今年は娘の誕生日が7日なので家内の夕張の実家に墓参りの後札幌で映画に付き合う予定・・おそらく半分以上の時間は居眠りをしていると思うが(笑)

釣りに関しては束縛は無い。小遣いの範囲でいくのならどうぞご勝手に・・ってなもんだ。まあ、泊を伴う遠征の時にはおみやげは、絶対欠かせないアイテムだけどね。

さてと・・お言葉に甘えて・・今週末十勝界隈にでも出撃しようか・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2004

室蘭でも雷雨

夕方から、雨が断続的に降り続いている。先刻は雷雨で一時強烈な雨が降っていたが、今は小振りになったようだ。天候が不安定のようだね。明日釣りを予定している人には申し訳ないが、最近のピーカン続きの道南・道央の河川の鱒たちがすべてリセットとなるくらいの強烈な雨を期待したいものだ。

仕事がらみで別海まで行っていた仲間の岩見沢のM氏から報告を受けた。標津川は先週私が入ったときよりも条件が悪くなっていたようで、非常に暑かったとか、ゆえに水温が20度もあったようで、これではまともな釣りができるわけが無いよね。それでも、弟子屈で泊まった宿のマスターに釧路川に有望ポイントを聞いて、型が見られたようだ。まずは良かったというところだろう。

場所は聞いていないけど、私の勘ではとう別川の合流から南弟子屈の辺りだろうか・・この辺良いポイントが多いんだよね。私が弟子屈在住時には手竿では川幅・流れからしてとても釣りになるところでは無かったけれど。私が通っていたのは弟子屈界隈では釧路川の支流域が多かったね。まあ、今から35年位前の話をしてもどうしようもないけれど・・

釧路川本流・標津や西別もそうだけど今時期、外道が多くてね。狙いは当然大型のアメやニジなんだけど、やつらも同じようなところに潜んでいるんだよね。掛けるつもりは無くてもルアーのサスペンディングで1発だよね。掛けてしまったら即刻リリースが常ではあるけれど。M氏今回の標津川では餌氏が釣り上げて、頭を棍棒で殴っているのを見て、動揺してしまったとか。そんな光景に出会って「通報するぞ!」の一言でも言えればよいのだけど、地元の釣り氏とはなかなか喧嘩する勇気はないよな。

まあ、それ以前に、掛けてしまうこと事態が問題があると指摘されればなにも言うことはできない。偽善者ぶるつもりは全く無いのだけどね・・・・

しかし・・・・魚族保護、乱獲防止が目的で規制(法律)があると言うことであれば・・・海ではOK、川ではダメ!っていうのも、具体的な調査による根拠もあるのだろうけど、素人目に見れば、なんだかなぁ?っていう感じだよね・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2004

西別遠征は続いているようだ・・

元々帯広在住で、現在札幌にいる仲間のHIROSHI氏が今週末西別川に訪れているようだ。詳細はhttp://www.north-trout.com/のdiaryに記載されている。今日は帯広とのことで、おそらく今時間はBAR HISかな?ここのジンリッキー・・・暑い時には堪えられないくらいうまいんだよね。ウォッカの量も多くしてもらったプラッディーメアリーも捨てがたい・・

さて・・・寝ましょう・・・(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2004

暑いなあ・・・

暑いなぁ・・・みんなそう思っていることを今さら強調して書いても意味が無いことは重々知っているのだけどね。

今週末は、北海道内でもカーニバル・フェスティバルの類がピークを迎えるようだね。室蘭市も明日から港祭り・・ローカルで規模は比べ物にはならないが私が住んでいる町内会のお祭りも明日から・・仲間内のサイトを見る限りでは黒松内町でも明日から「ピーフ祭り」というものが開催されるらしい。

個人的には、たいした感慨も無いのだけど・・昔は違ったような気がするよね。特に子どものころはお祭りというとなんとなくわくわく感みたいなものがあったような気がする。花火大会も久しく「見に行こう!」という意思を持って見た事は近年無かったね。たまたま、車で通りかかった時に花火の打ち上げ光景が目に飛び込んできて、ああ、今日はお祭りなのね・・といった程度の思いか・・

娘が小さい頃は、札幌まで花火大会を見に行ったこともあったな・・・縁日の出店も連れ歩いたような気がする。最近ご無沙汰になっているね。特に、家族からも連れて行け!というリクエストは無かったしね。

暑いなぁ・・

今週末は、土曜日が仕事で、日曜日が夜に今週3回目の飲み会の予定が入っている。釣りの予定は元々入れていなかった・・イベントを予定している皆さんには大変不謹慎ではあるけれど、日曜から月曜にかけての雨・・盛大に振って欲しいと個人的には願っているよ(笑)いやいや訂正・・・来週平日に大量の雨だね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと寝不足・・

飲み会から先刻帰宅した。今週末別海に仕事で行く仲間が標津川の様子を知りたいということで、とり急ぎUPした。連日、今の時間まで起きていると・・さすがに寝不足だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2004

連日ピーカン

すごく良い天気が続いているね。昨日も今日も室蘭では夏日だ。暑いことは暑いのだけど、ここは海に面しているので風があり、とても心地よいのだ。

飲み会が続いている。昨日もそして今日も・・昨日なんかは帰宅した時のはam2:00だった。今日は仕事が当たり前にあったわけで、実に眠い・・今日は、早く帰れるかな?また、雰囲気に流されると日付が変わってしまうな。

先週の残りのレポートupまたずれ込みそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2004

後は明日

2日間の西別川釣行のUPは終わった。本当は、昨日ドライで釣ったイブニングの標津川と今日帰りに寄った川もレポートをUPしようと思ったのだけど、さすがに3ページは疲れたので、止めた。明日にすることにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無事帰還!

夕方の5時頃、無事室蘭に帰着した。今朝、弟子屈を出たのが7時半。途中寄り道をしてしまったからね。今回の3日間の車の走行距離1500kmを越えた。ここでまた疲れたなどと書くと怒られそうなので、シャキっとしたいものだ(笑)車のことで言えば、私の車は最近問題の多いメーカーなのでちょっと心配だ・・・・途中で車がおかしくなったことは無いのだけど、乗っている距離が距離だけに、通常よりは頻度を多くしたメンテナンスも必用かな?今回の釣行はBLOGでUPしているので、概略の説明は必要ないね。
naruseさん、昨日はどうもでした。また写真もありがとうございました。さっそく、レポート作りに使わせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鵡川

後、40分か・・oqfsh0177.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜか狩勝峠

oqesh0176.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

摩周ホテルの朝食

さて、飯を食ったら出発だ!帰りはどうしようか?oqdsh0175.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も良い天気だ!

みなさん、おはようございます。誰に言っているのか定かではありませんが(笑)
今日の弟子屈、良いお天気です。
朝の冷気が気持ち良いです。
写真はビラオ山です。小学生の時によくスキーに行ったものです。oqcsh0174.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2004

摩周温泉

摩周温泉ホテル、ここいいです。料金は2人以上で泊まれば1泊2食6500円です。連泊すればもちろん料理は別メニュー・・
2日目の方がいいかも(笑)oqbsh0173.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の釣果

今日、3時30分に帯広のNARUSEさんと合流したが朝方の雷雨には参ってしまった。結局終日狙ったポイントには入れず、虹別橋より上流にしか入れなかった。数は40位は出たとは思うけど6〜7寸級がメインじゃあね。
でも夕暮れの標津川は面白かったね。私は8寸級のヤマメ2本と30CMのニジマスドライで出たよ。
そこであったフライマン昨日60UP2本出たって!昨日は夕暮どきでも気温が25度位はあったから最高だったかもね、
このフライマン、声を聞いて思ったのだけどいつも茶路で会う人かなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

標津川のイブニング

ドライでニジマス・ヤマメoqash0172.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昼休み

今朝未明の雷雨で川は大増水。上流の孵化場から仲間と入川。最初尺イワナ連発、続いて尺オショロコマと調子が良かったが虹別橋に近づくと出が悪くなった。現在昼休み。下流の方はまだ濁っているし、さてどうしよう。oq7sh0169.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

朝方まずまず

oq6sh0168.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

落雷か?

道路に木が倒れているoq5sh0167.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雷雨

oq4sh0166.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2004

熱帯夜

夜になっても気温が下がらん。ホテルの室内の気温がは30度を越えていると思う。先刻、家内にTELした時に聞いたのだが、室蘭も今季最高とか・・
明日は2:30起きなのでそろそろ寝ようは思ってはいるが、寝られるだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夕食

先日、ハミングウェイさん、KUROOさんと泊まった弟子屈の温泉ホテルの夕食です。oq3sh0165.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お祭りか

oq2sh0164.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の釣果

携帯ゆえ、長文は書けないけど、今日は暑い日だったね。入渓した辺りは入れ食いモードだったけど、下に行くほど渋くなっていったという感じだね。今日はアメマスの大物も虹の大物も出なかった。数も小さいのも入れて30弱かな。でも五目釣りができたよ。アメマス、ヤマメ、イワナ、ニジマス、オショロコマ・・
さて、明日はNARUSEさんと合流。どこに入ろうか・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脱渓

橋げた後。見逃したら大変!oq0sh0163.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川はどこだ!

7時間コースの上opzsh0162.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レストラン「かつら」

西春別到着!室蘭から435KM・・やはり約6時間かかるね。現在の気温30度あるよ!装備をどうしようか。Tシャツ1枚じゃあ虫の餌食だよね。opysh0161.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿寒樹海ロード

良い天気だ!外気温29度!opxsh0160.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道東道

室蘭を出発してから3 時間が経過opwsh0159.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日勝峠

今日は車の量が多いなopvsh0158.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鵡川です

どんよりと曇っていますopush0157.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2004

西別川遠征前夜!

今日は暑かったね。夜になっても風通しの悪い私の部屋は、PCの熱気も加わって外気温よりも数度高いようだ・・・
明日から、帯広の仲間と西別川遠征の予定。仲間内でも楽しい計画がある人が多いようだ。
明日から、そろって爆!っといきましょう!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2004

北海道OLM便り ~西別川 編~

先の「北海道OLM」の知床編に続いて、kurooさんの西別川編がHPで公開されたので紹介します。興味のある方は是非ご覧下さい。

http://www.f-h.co.jp/n-28.html

http://www.f-h.co.jp/n-29.html

http://www.f-h.co.jp/n-30.html


kurooさん、また北海道OLMに参加した皆さん、良い釣りをしていますねぇ~~

私は、今週末出撃予定です!(元気があれば・・・最近ちょっと仕事も含めてお疲れ気味なのです。 笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2004

北海道OLM便り NO1

先週末に今年も北海道OLMが西別川・知床をメインに開催された。今年で7回目になる。私も2回目から6回目まで連続5年参加させていただいたが、今回は仕事の折り合いがつかず断念したのだ。このOLM・・セクトを作らない雰囲気がとても好きだった。私が2回目に参加したときもデフォルトメンバーは温かく私や他の新規メンバーを快く迎えてくれた。そして釣り、さらに夜の宴会は楽しく、実に充実した時を過ごすことができたのだ。でなければ、来年も参加しようなどと思わないものだ。もともとの幹事は現在札幌のH氏。また釧路在住で現在東京単身赴任中のM氏である。参加者は道内勢の数名の他は本州勢。東京、神奈川、愛知、岐阜、大阪、富山など・・・

今回のOLM参加した横浜のY氏。このOLMには、皆勤賞である。今年の春に道東河口遠征でご一緒した方でもあるのだか゛、今年の北海道OLM・・西別川ではなくて知床方面での釣行の面白いエッセイがあったので、紹介したい。当人には了解をいただいている。

>>いや~、今年の知床は凄かったですね~!! ホント、一生の思い出になると思います。以下、ちょっとオショロコマについて・・・

 「オショロコマ釣りはつまらない」という声があります。「その理由は」と聞くと、まずは「簡単に釣れすぎる」という答えが一番多いように思います。その次に「型が小さく引きも弱い、つまり釣り味が悪い」という答えになると思います。

 私の夏の北海道は今年で7回目。知床詣では欠かしていませんから、これも7回目。私自身はこの釣りを「おもしろい」と感じているのでしょう。特に「釣れすぎてつまらない」なんてことは一度も感じたことがありません。そんな贅沢を言えるほど普段釣れていないせいでしょう。ただ「釣り味が悪い」とは私も感じていました。これまで釣ったオショロコマの平均サイズが5寸前後ですので仕方ないところですが、このおもしろい釣りの泣き所が、「釣り味」の問題であったことは事実です。

 ところが今年のオショロコマ釣りは、この泣き所も吹き飛ばす、素晴らしい釣りになりました。

 場所は何度も行ったことのある知床の某河川。ただし今年は狙う場所をちょっと変えました。オショロコマ釣りというと、どうも安易に釣ろうとするせいか、(山男魚さんが酔っているせいか)これまでは国道沿いにドンと車を停めてすぐに竿を出していました。そして、数だけは充分に釣れることに加え、「万が一にもクマさんには会いたくない」という気持ちが決定的に強いため、ちょっと首を伸ばせば車の屋根が見える程度の所までしか遡行していませんでした。

 しかし今年は「奥にヤマメがいる」という地元の人の話を聞いていた(後で、別な場所の勘違いだと分かりましたが)のと、山男魚さんが「オレはクマと話せるから大丈夫」とおっしゃるのを信用して?(さらに、OLM中、常に素面だったという山男魚さんの驚異的な変身のため)、林道をドン突きまで進んでから、ガンガン遡行を開始したのです。

 恐るべき魚影の濃さ! 感嘆する毛針への反応! そして釣り味の良さ!!

 ここはと思うポイントに毛針を運ぶと、「水面に落下した途端」あるいは「ウン、良い流しだ」と思った瞬間のバ~ンという強烈な出、それをハッシと合わせると3番ロッドを絞り込む心地よい引き、寄せると、あの鮮やかな橙色に染まったオショロコマは7寸前後。しかも体高があって、引きは本州のイワナより強い。同行したAは何度もメジャーを出して首をひねっていましたが、私も「これは8~9寸間違いない」と思って寄せたら7寸、というのが連続して感覚が狂ったくらいです>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道OLM便り NO2

>>オショロコマの続きです。

 さてさて、どれくらい釣れたのかですが、こんなことがありました。ある堰堤下のプールですが、私は、Aが勧めてくれた筋で「ナインキャスト、ナインフィッシュ」をやりました。つまり9回連続して投げて9尾連続して釣ったのです。

 次の一投は合わせミスしたのですが(さすがに徐々にスレて来る)、そこから気を取り直して「シックスキャスト、シックスフィッシュ」をやりました。16回キャストして15尾釣ったことになります。その後、山男魚さんとNも加わって、たいして大きくもないプールを4人で取り囲んで釣りましたが、30分間は釣れ続けたと思います。

 また、こんなこともありました。かなり奥に遡行した最後の方ですが、

 上流に大岩を挟んだ太い二つの流れ、下流に小さな落ち込み、その中間の岸目に岩が二つありまして、その岩に片方づつ足を乗せて釣り始めたのですが、ここが凄かった。5~6尾釣った後で「よし何処まで行くか」と数え始めたのですが、まあ釣れるは釣れるは、ついに一歩も足を動かさずに33尾釣りました。しかし、これで大物を逃す羽目になろうとは!

 というのも、後からやってきた山男魚さんが、私の少し上に陣取って、上の流れの落ち込み際を狙い始めてすぐ「うわ~っ、でかいぞ~」の声! ゲッと思って久しぶりに足を動かし近寄ったところ「ありゃ~こりゃ尺だ~」と思わず叫びました。

 尺オショロというのは、地元の人も滅多に釣れない魚と聞いていましたが、ついにそれを山男魚さんが! 上げてみると、これがちょっと足りないのですが、敢えてメジャーは当てずに9寸ということにしました。しかし、それはそれは立派なオショロコマでした。もっと奥に行けば、間違いなく尺オショロがゴシャゴシャいるでしょう。

 ここらで冒頭の話に戻りますが、4人で9時頃から釣り始め、車に戻ったのは4時を過ぎていました。飲むのも食うのもすっかり忘れて、クマさんの恐怖もかなり忘れて、グイグイと奥に進みながらガリガリと釣り続けたのです。あまりの凄まじい釣果に、誰もが忘我の世界に入っていたのでしょう。腹が減ったなんて少しも感じませんでした。

 結論、「オショロコマ釣りは抜群におもしろい!」ですね。

 なお、総釣果は500尾を超えただろうというのが、4人共通の印象でした(誰も数えていませんから、正確には分かりませんが、誰もが確信をもって3桁はいった!)。 

 素晴らしくも凄まじい、知床に乾杯!!>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2004

北海道OLM便り NO3

>>読み返してみて、ちょっと不安を感じましたのでフォローを。

 今回の遡行は奥目といっても僅かな距離で、それこそ丹沢あたりと比べたら玄関口で釣っていたようなものだと思 います。それでもかなり冒険したな~と感じるのは、なんといっても熊のプレッシャーでしょう。

 私は出来るだけ、おりゃあ、とか、ぎゃあ、とか奇声を上げながら釣りしていました。それでも堰堤(丹沢より多い  か?)を越える時の蕗のジャングル突破は怖かったです。また、たまたま一人で最後尾につくと、思わず振り返るこ とが多かったです。出るんじゃねえか? という恐怖心はいつもあったように思います。

 過去、国道沿いでも熊のウンコが山盛りになったのを見たことがあります。おそらく完璧に熊のテリトリーに入って  の釣りになりますので、もし行かれる方がいらっしゃたら十分に注意して下さい。出来るだけ大勢で賑やかに入る  のが一番良いように感じます。>>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も、釣り暦ばかりは長くて、途中ブランクがあったが、30年を超える。今から20年ほど前に大学の友人と知床よりはちょっと南側河川で、1日300以上のオショロコマを釣った記憶がある。その当時は餌釣りをしていたので、時間切れではなく餌切れで終了となっのだ。C&Rなど言うレベルものではなく、最初っから魚を魚籠に入れようとは思わなかったね。

昨今、釣り人が10年前くらいのアウトドアブームで急激に増え、河川環境の悪化が進む中でこの知床のオショロコマ健在の報にはなんかうれしくなってしまった。熊が鱒たちを守っていると言われている知床だけどこれからもこの状態が継承されて欲しいよね。

そんな、意味で・・仲間の了解を取り、北海道OLMの知床釣行記UPさせてもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2004

今日は雨・・・

先刻、昨日の札幌のイワナさんyamaさんに同行していただいた尻別川釣行のレポートUPを終えた。昨日は、さすがに疲れたのでPM11時くらいには倒れるようにベッドに潜り込んだのだけど、今朝は6時に目が覚めてしまう。目が覚めたといっても完全に疲れが取れているわけでは無い。昨日の尻別本流の長時間に渡るディープウェーディングによる腰や足の痛みがまだ残っているという感じだね。気温、水温ともに低かったしね。

最後に入った本流域で釣りは下ったのだけど、戻る時に上流に向かってのウェーディングの疲労が足にきているようだ。

今日は、雨・・・もちろん釣りの予定は無い。休日に朝から自宅にいるのは久しぶりのような気がする(笑)久しぶりに釣具やPCのメンテと家内の買い物にでもつきあうことにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2004

趣味に魅入られたやつら

今日、帰宅して何気なく札幌の釣友のblogを見た。タイトルに「趣味に魅入られたやつら」とある。はてさて・・なんだこれは?と読み進めていくと・・冒頭にあった記述がこれだ。

「朝3時に札幌を出て、200k彼方の渓を9時間釣り上がり脱渓後1時間山道を戻ったら車に乗り込み
別の川で夕マズメ。 座ってたのは移動中の車のシートだけ。 別にハードな釣りをしてきたってゆー自慢じゃないんだけどさ。 程度の差はあっても何か趣味を持っている人ってのはこーゆーことでも楽しめちゃうんだよね、きっと。」

思わず笑っちゃったよ。笑いの対象はもちろん釣友に対してではない。自分に対してだよ。思いはそれぞれ受け止め方が違うとは思うけど共感めいたものがあってね。

先週は知床で今週は根室・・来週は上の国に行く予定・・なんてこともあったな(笑)端からみると常軌を逸した行動となるのだろうかね・・客観的に冷静に考えるとその通りなのだろうけど、だれにも迷惑を掛けているわけではないしね。ほっといてくれい!というところだろうかね(笑)

プロフィールにも書いたけど、一番良い時期に13年のブランクがあった。でもこの13年間も決して後悔している訳ではない。それなりに充実していたし貴重な経験であり、自分にとっての財産も残せたと思っている。

好きなことを好きなようにできるタイミングは、一生のうちでもタイトなものであることは間違いないよね。さあ!今週末も出撃するぞ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2004

熱帯夜

いやぁ~~蒸し暑いね!身体がなんとなく汗をかいているようで非常に不快だ。熱帯夜だなんてたかだか夜になっても20度の北海道で、寝苦しいなんて言ったら本州の方々には怒られてしまうだろうか。でも、暑いものは暑いのだ!暑いのと寒いのどっちが良い?と聞かれたら私は迷わず寒い方が良いと答えるね。寒さは暖房器具、防寒着その他でなんとかなるもんね。一応厳寒期と呼ばれる海アメに通ってもどうということはないのだ。まあ、同じ北海道でも陸別や北見と島牧界隈では冷え込み方が段違いではあるのだけど・・・

ただ、暑いのだけはどうしようもないのだ。今日は、日中でも湿度が高くて、無邪気なエネルギーの塊のような職場にいるものだから、Tシャツを2回も取り替えてしまった。この時期のみエアコンの購入を真面目に考えるよね。電気屋に行くと、選り取りみどりで展示されている。でも、後1ヶ月もすると買わなくてよかったなぁ!なんてことになる。
そんなことを毎年繰り返している気がするね。

私は転勤があっても道内から出ることは無いから良いのだけど・・東京や大阪には絶対住めないよね。きっと一夏越せないと思うよ。マジで・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2004

尻別川釣行PART2

上の国の天の川から、尻別川へ・・・今週末・・・何度も書いているけど好きでやっていることであるとはいえ、さすがに疲れたよ!今日は、私は昼上がり・・むっちさんは夕マヅメに勝負をかけるそうだ。ちょうど今時分、あそこで竿を振っているのだろうなぁ・・・釣果報告が楽しみだね。イワナさん、情報どうもでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 03, 2004

明日は、尻別。

今日、天の川からの帰路、尻別川に入渓していた札幌のイワナさんからTELが入る。明日、札幌の仲間と尻別いりする旨を伝えてあったので、状況・有望なポイント等の報告を受けたのだ。感謝!!昨日出撃のNOBUさんエゾにぃさんからの報告もDMで確認させていただいた。なんか、尻別凄いことになっているようだね。

こんな近場で、すばらしい状況があるのに、私は上の国まで往復500kmかけて何をしにいったのだろうと思ってしまうね(笑)まあ、釣りは釣りでもいろいろと目的があるのだけど・・

明日は、完全接待モードでゆったりとした気持ちで、尻別を回ってこようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鮎釣り師

たくさんの鮎師が入っていた。しかし、いつ見ても鮎用の竿って長いよなぁ。optsh0156.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2004

天の川の高速ヤマメ

携帯にて長文ご容赦。今日、昼前に室蘭を出る。日中はルアー、夕まづめはフライでと決めていた。本流に入った。相当人が入っている模様。ルアーで二本。フライでは、、、ライズがないのだ。出ても一発で見切られる。明日は沢だ。なんとかフライで・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

本流壊滅!

hs0sh0154.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここはどこだ?

hrzsh0153.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2004

睡眠不足・・

昨日から今日の午後に掛けて、泊りがけの勤務に出向いていた。昨日は野外活動が中心の計画であったので、雨には参ってしまった。昨日の夜寝たのはAM3:00を過ぎていたね。起床は4:30、実質1時間半も寝ていない。これが釣りならば、別に驚くこともないしどうということは無いのだけど・・・仕事がらみでは疲れの回復もいまいち遅いようだ。明日の午後から、有給もらって(昨夜の時間外勤務の回復の意味もある)道南の渓へ出撃予定だ。本来の回復は、しごとをの疲れを自宅で休養するための意味なのだろうけど・・やはり、私の思考回路は普通の人とは1本狂っているようだね。

10年位前に足蹴よく通った渓で、赴くのは久しぶりだ。自己満足の「秘密の渓」なんかもあったりして・・どうなっているか探るのが楽しみだね。でも、熊がねぇ・・・・(笑)

今日現場から職場に車で戻る途中は、気絶寸前だっのだけどなぜか今は妙に目が冴えている。釣りの用意ももちろんできていない。また、明日出発間際にあたふたとすることになるのだろうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »