« May 2004 | Main | July 2004 »

June 27, 2004

楽しいOLMでしたね。

昨日から今日に掛けて、新しい仲間とのOLMであった。日頃からRESを交わしてはいるがお会いするのは全て初めての方達であった。みなさん、気さくな人ばかりで時間があっという間に過ぎてしまったという感じだね。釣りをした時間は、単独行で入川した時に比べると半分以下といった感じだけど、釣り以上に貴重な時間を過ごすことができたという感がある。こればかりは、参加したものにしかわからないだろう。

ところで・・私の車にFOX FIREのレインパーカー忘れた人いませんか?私の車に乗ったのは、昨日からNOBUさん、札幌のイワナさん、HiRoさん、SHUさんですよね。お急ぎなら、送料着払いで送りますので(笑)メールで連絡くださいね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 26, 2004

尻別川釣行

日頃RESをかわしているメンバーとの初顔合わせである。場所は尻別川・・・私は尻別川の本流に入るのは初めてであった。今回ガイドいただいた皆さんには本当に心より感謝を申し上げたい。釣りの概要は本家HPの釣行記にUPしているが、写真がねぇ・・良い写真一杯撮ったのだけど・・・バックまで気を遣わなかったんだよね。選りすぐりのポイントに案内していただいたということで、背景から場所が選定できる写真を取り除くと、あまり良いものは残らなかったね・・・ちょっと残念。

明日も、出撃予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2004

ラーメンで締めか..

苫小牧の繁華街、以外と人通りが少ないよね。hrysh0152.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

苫小牧の夜

初日の研修が終了した。現在夕食中。一人で懐かしい居酒屋へ。後、明日一日。早く終わらないかなぁ。hrxsh0151.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2004

研修会の準備・・

今週、木・金曜日に苫小牧でとある研修会に参加することになった。参加するだけなら良いのだが、上から直々にさらに上層から指名があり、全体発表のレポート報告を依頼されてしまった。打診があったのが先週の初めで、もちろん断る理由も無く受けたのだが・・当初20人くらいの分科会でという話だったのだか、いつのまにか、100人くらい全体会でとの話にすり替わっていた。まあ、20人の前で喋るのも100人の前で喋るのも内容がが一緒なら、たいした問題では無いのだが・・多少プレッシャーはあるよね。

レポートについては、先週の段階で自宅に仕事を持ち込み出来上がってはいるのだけど・・だからこそ、先週の土日に釣りに行けるほどの余裕があったわけだ。以前に少年団の指導に関わってた頃、地元開催の全道大会で、大会委員長として約1000人の前で挨拶入り大会宣言をしたことがあるけれど・・・人前で喋るのはたとえ仕事であってもできれば勘弁願いたいという気持ちはあるのだ・・今週末、土・日の新しい仲間との楽しいイベントを控えている。それを楽しみに乗り切ることにしよう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2004

熊の気配・・・・

久しぶりに、熊の糞を見たよ!湯気こそ立ってはいなかったけど乾燥していないからそんなに時間は経っていないと思う。その近くに熊の足跡を発見。先日、K氏と太櫓で見たものよりも二回りは大きかった。ちょっと、興奮しちゃったよ。本家HPに熊の糞と足跡の写真をUPしておいた。以前、熊の糞を見たのは天の川かなぁ?・・・足跡は、結構目に付くよね。まるで、熊が釣りをしているかのように上流に向かって、河原の砂地ごとについていたこともあった。足跡の場合は、観察すれば古いか新しいかわかるしね。ただ、今日の足跡は泥地にくっきり、真新しいと言っても良いだろう。

フキのなぎ倒しや獣臭・・足跡・・そして糞・・熊は本当に気配が恐ろしいんだよね。私は単独行が多いので気をつけなければならないね。今のところ防衛手段は、熊鈴と爆竹のみ・・幸いにして出あった事は無いけれど・・・食害目的で人間接近してきた場合、爆竹も熊鈴も効果かないというし・・・

熊避けスプレーかぁ・・・あれって、結構高価なんだよね。釣りをしてるときに携行して歩くのも邪魔だし。鉈も同様の理由で持ち歩いていないんだよね。でもなぁ・・いくら力自慢の私でも・・・熊と素手で戦っては勝ち目はないよな(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

帰ります

hrwsh0150.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第二ラウンド

hrvsh0149.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2004

車中泊

hrush0148.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒松内温泉

hrtsh0147.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朱太川

雨が..hrssh0146.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道南域は、雨・・

アメダスの降水量を見る限り、現在日本海側は結構の雨が降っているようだ。内陸から太平洋側にかけては、まだ降ってはいないようだが、明日の朝、もしくは午前中から道南一帯は傘マークといった状況だ。

今朝は、6時前から起きているが、釣りに出かける踏ん切りがつかなくて家の窓から見える空を見上げている。以前から家内に頼まれていた仕事をひとつ、娘の学校で使うという資料集めを片づけて、いつでも出発できる状態ではあるのだが・・

ふと、窓の外を見ると室蘭でも雨がパラついてきたようだ。海側の空はまだ明るい・・・釣りに行くのなら太平洋側もしくは内陸部、今日の夕まづめと車中泊で明日の朝のみの釣りとなるだろう・・

さて、どうしたものか(笑)お昼の天気予報で、最終決定か??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2004

天気がいまいちのようだね。

職場に居る時から、天気予報を追っかけていた。明日からの天気はあまり芳しくは無いようだ。釣りは水物なので多少の雨は全然問題ないし、時によっては恵みの雨となり魚の活性も上がることがあるからね。渓を長年歩いている人は、1度や2度とといったレベルではなく、何度も遭遇した経験があると思うけど・・とある川を釣っていていまいち状況が渋い・・そんな折に一雨振ってきて・・とたんに今まで、こんな魚がどこにいたのかと思うほどバイトすることがあるよね。

恵みの雨による至福の釣りとでもたとえたら良いのだろうかね?・・・・雨のおかげで突然活性が上がる時があるよね。まあ、たいていの場合・・雨はその勢いを止めることは無く降り続くので、至福の時間にもタイムリミットはある。そのうち、増水濁りにて釣りにならずといった状況になる。それどころか場所によっては命取りになるところもあるからね。釣れる状況に逆上して冷静な判断を失ってしまう・・大川では、朝膝上で渡れたところが帰りは、増水濁流にて渡渉できず、何てこともある。雪白の時期もこういうことがあるよね。まあ、私のHPを見に来てくれている方たちには釈迦に説法だろう。

そんなこんなで、明日の出撃・・・どうしたもんか、まだ迷っている。各サイトの天気予報を見る限りでは、現時点で、明日の未明に雨が私の出撃予定地域に結構な量振るようだ。日中は、曇りで・・・となると明日は、遅出が良いかな。日曜日の様子はよくわからないね。ここ数日は、さすがに仕事の疲れも溜まっているのは事実だしね。先週の西別・大雪遠征の疲れも完全には取れていないといった状況だ。情けない話ではあるが・・歳ですかね(笑)

台風の状況も気になるね。今のままの進度だと、北海道も少なからず影響は受けそうだ。来週末には楽しいイベントも控えていて、私も混ぜてもらう予定でいる。その時には台風は通過した後であることは間違いないけど、どのくらいの雨が降って川がどんな状況になるか心配だね。本州からのゲストの方もおられるようだし・・台風が、逸れてくれることを期待したいね。

さて、明日はどうしようか・・・もし、出撃ということになれば、また携帯からBLOGにでもUPしますね。でも、ちょっとよれていますので、明日の朝の天気の状態で決断ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2004

無事帰還・・

今朝、宿で3時に目が覚める。ふと窓の外から見える駐車場に目をやるとゲスト2人の車がすでにない。今日も西別川に出撃予定の2人はすでに出発したようだ。まだ、外が薄暗い・・私は、今日帰蘭するための移動日に充てていたので、釣りの計画は無かった。もう少し、寝ようか・・・しかし、不思議なもので釣りに来ると体内時計は夜明けに目覚ましがセットされているようだ・・完全に目が冴えてしまっている。そのまま、起き上がり大雪湖に寄ってから帰ることにする。

昼まで釣って・・旭川、札幌経由でつい先刻、無事帰還した。さすがに疲れた・・・自分の好きなことを好きなようにやっているわけでもちろん文句など無い。とりあえず、風呂入って夕食だ。釣行記のUPは後で・・・体力が尽きたら明日にしよう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大雪湖

帰ります67b67a679sh0145_er_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2004

K氏、西別川をウエーティング

6760142_er_er_e_er_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西別川

q0b0136_er_er_e_er_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2004

ゲスト到着!

先刻、もともとは釧路在住のM氏より TELが入った。ゲストのU氏、K氏も含めて無事に釧路空港に着いたようだ。明日の合流場所、時間を確認した。さて、明日はどんな釣りになるか楽しみだね。それにしても腕が痺れている。バラシタとはいっても引きは十分に堪能したからね。うん!この痺れはイラクサだったりして(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

悔しいなあ・・

今日の第二ラウンドで大草原ボイントに入ったのだけど去年と同じパターンの失敗をしてしまったよ。50UPかけたらとにかく自分のラインシステム信じて一気に抜き上げることは念頭にあったのだけどね。ヒットした後、奴らは下流に走るんだよね。魚の重量に加え流れの重みがリールが巻けないんですよ。それで口が切れちゃうか、針が伸ばされちゃうんだよね。白斑見えたから間違い無くアメマスだよ。今日は三連続でやられたよ。明日はゲストと合流しての釣り。最初は別な流域に入ると思うけど夕マズメ一発逆転の大草原ポイントだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第二弾ラウンド

川はどこだ2q06sh0134.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第1ラウンド終了

イワナかアメマスか?q05q03sh0133_i.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

奥春別川

30年以上前、チャリでよく通ったなあ〜pzwsh0127.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿寒湖畔

素通りです(笑)pzvsh0126.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日勝峠 ウェンザル川

ここは、オショロコマだ。pzssh0123.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2004

明日から、西別川遠征!

明日の金曜日。有給をぶち込んであるので未明から西別川遠征の予定だ。実は、明日の有給なのだが、4月の時点でこの日を確保していた。3月に横浜から来道されたY氏ご一行と道東河口遠征で合流した折に、6月の2週に解禁明けのヤマメ狙いで再度来道したいとの話があり、4月の時点で確保したものである。私の場合、職種柄平日には非常に休みが取りずらい。突発的な冠婚葬祭の類は別としても、遊びではかなり事前に予約を入れておく必要がある。有給を確保するために、水面下でのかけひきもいろいろと過去にはあったなぁ(笑)

しかし、Y氏に事情があって今回の釣行をキャンセルすることとなった。今回の有給をどうしようかと思っていた折、釧路に帰省のタイミングで西別川に釣行という予定で来道されるM氏よりTELがあり、同行の打診があった。さらに東京から同じく空路でゲスト2人も参加することなり、合わせて3人の仲間と合流することとなったのである。

今時期の西別川・・鮭稚魚も落ち着いて、一発大物狙いの良い時期である。ただ、それでなくても西春別より下流は濁りも強く、水量も多いので、今日の雨で増水していなければ良いのだが・・

昨年のように10mも流され、デジカメ水没なんてことには遭遇したくいからね(笑)

昨年NIFのボードにUPした沈行記をUPしておきます(笑)

>>
前日弟子屈の旅館に泊まり、翌朝3時起床。はりきっていざ西別川へ・・前々日相当量の雨が降ったらしいので、高見橋より様子を見る。まだ薄暗くてよくわからん。水量は多いようだ。大草原の十字ポイントへ入る予定であったが、用心して、7時間上のポイントへ入る。例によって牧場脇に車を止め、牧草地を歩いていく。最後崖になったところを降りて入渓・・・

 う~ん・・濁っている・・水量も多い。どうしようか?牧草地を歩いて戻るのも億劫だし・・ここは、慣れている場所だから何とかなるだろう!ってなもんて゛強行することに・・(後で考えると、この時止めておけばよかった!)入渓10分後、不幸は唐突にやってきた。濁りの中ルアーをキャストしても反応が無い。透明度30cmか、視認性の良いラパラCGを使っているのにもかかわらず、ルアーが見えるのは手元近くになってから・・う~ん・・先に進むか戻るか考えていると岸際から張り出している倒木が1本、上部半分水面から出ている。

 現在自分が立っている場所は、膝上くらいなのだが底が濁って見えない。倒木の向こうはもちろん見えない。経験上大丈夫と思って(などと言いつつ、この時は何も考えていなかったと思う 笑)倒木に左足を乗せ、右足を向こう側に降ろそうと重心を傾けたところ、そこには底が無かった!(しゃれではありません 笑)

 そのまま、川に前のめりになった状態で撃沈。(この時、水を飲まなかったのが不幸中の幸い・・)状態を起こすが、足が底に着かない・・・首まで水につかって、必死に立ち泳ぎ、水がスリムウェーダーを伝って、足先に入り込むのがわかる。足が底をつかないまま上陸地点を目で探す(意外と冷静でした 笑)

 足が底に触れる。やっとの思い出岸に這い上がる。全身で息をする。5分くらい虚脱状態でそのまま座り込んでいました。さっきの倒木が対岸10mくらい上流に見える。ずいぶん長い時間泳いでしたような気がするのですが、実際のところ10mですか(笑)無意識ですが、竿はしっかり握り締めていました。しかし、デジカメはご臨終です。まじに、前のめりに倒れたのはやばかったス!スリムウェーダーで良かった!!
>>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2004

道南ヤマメ解禁明け釣行終了!

土曜日勤務の振休と合わせ、昨日今日と道南方面にヤマメ狙いで出撃してきた。昨日の日曜日は八雲のキンコさんとの釣行であった。現地着6時と出遅れた出撃であったが、キンコ氏にTELを入れるとすでに2本ゲットしたという。しかし、さすが解禁明けの最初の日曜日・・・・人、人、人どこもかしこも遊楽部は銀座通りであったね。上八雲で合流後、その辺の本流に入ってみたけど、橋に数台・・また河原ごとに車が止まっている状態だ。

本流あきらめ支流へ・・ここも人にこそ出会わなかったけれど河原の砂地に真新しい足跡が残っている。1本型を見たところでこの川もあきらめ、日本海側河川へ移動する。どこに入っても人の入った形跡はあった。まあ、そんな中でも型が何本か見られたのでまずは良しとしよう。

朱太も凄い人が入っているのだろうね。ここは、今回今日(7日)にとある本流ポイントに寄ったのだけどウグイが2匹のみ。これから、数は減るだろうけど個体がさらにでかくなるんだよね。尺とは言わないけど、数年前のように9寸は数匹ゲットしたいね。

そういえば、今回は2日間ともフライで通したよ。ルアー竿ももちろん持っていったのだけど一度もガイドにラインを通すことが無かった。ヤマメは、やっぱりドライが面白いよね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

帰ります

hijsh0122.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

圏外からの脱出!

hiish0121.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2004

ヤマメだよ

higsh0119.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

どこも人だらけだよ

hifsh0118.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遊楽部川

hiesh0117.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

出発します。

今日も良い天気だね。昨日の帰宅は11時・・・とりあえず、まだふらついているけど出発します(笑)キンコさんはもう、竿を振っていることでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2004

週末釣行・・

職場の年間を通じての3大イベントのひとつが、今週末土曜日に予定されている。連日ピーカンの天気の中、外での動きが中心となっているため、普段よりも疲労が溜まっているのは間違いないようだ。先週末まで週末には今まで山を彷徨っているのだから、体力的には問題は無いはずなのだが・・やはり仕事と遊びの違いなのか、精神的な部分でのメリハリが違うのだろうね。

いずれにしても、情けない弱音を吐いている時ではない。ヤマメが解禁になっているという事実また平日でありながらたくさんの人が思い思いのポイントに入っているという事実を目の当たりに突きつけられ、少々焦り気味である(笑)

今週末の釣行では八雲のK氏とアポが取れた。メールのやり取りの中で、日曜日に狙うフィールドは太平洋河川というところまでは決まっている。ただ、私が土曜日のイベントを終え、夜の反省会をこなし日曜日早朝合流できるのかどうか・・今のところ微妙である。具体的に言うと、イベントで疲れた体のまま夜の飲み会に突入し、最低2次会(できれば1次会でパスといきたいところだか・・つきあいっていうものもあるしなぁ・・・)何時に帰宅できるかわからない状態で、翌朝未明の2:00には我が家を出ることを決定している。

ちょっと・・無謀だよなぁ・・まあ、たかだかそんなことで、どうしようかと真剣に悩むことができるのは、幸せなのかも知れないよね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 02, 2004

良い天気が続いているね。

ヤマメが解禁となって2日目・・・平日釣行はままならない境遇であるのは仕方ないとは思ってはいるけれど、これだけ天気が良いとやはり悔しいという気持ちになるね。どのくらいの人が昨日今日と道南の河川に入っているのかもちろんわかりはしないのだけど、相当数の数に上ることは間違いないだろうね。

今週土曜日は仕事でさらに出遅れる形となるのが悔しいところだけど・・・橋から入川できるところは、一雨でも振らない限り、魚の移動もないだろうから厳しい条件となるだろう。天気予報を見る限りでは、今週末までずっと晴れマークであるし・・・

仕事の疲れもピークで、土曜日のイベントの打ち上げ飲み会も不参加とはいかないだろうから、日曜日早朝からというのも微妙だね。でも、自分の性格からして(笑)今週末自宅で休養はありえないだろう。

場所の選定が難しいなぁ・・・さて・・どこにターゲットを絞るかだよな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »